物見山れんらくぼ
少林寺拳法 石川辰口道院関係者の交流用のブログです。 写真の掲載や記事の内容に問題がある場合は、メールフォームより連絡を下さい。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昇級試験の様子-3
さて、後1日がんばればお休みが…。

長々と続いていましたが、昇級試験の様子のラストです。
DSCF0280.jpg
何故か試験中に相方と笑っている拳士。
どんなときでも笑っちゃう局面というものはあります。

DSCF0287_20140423215434f58.jpg
こちらはまた単演のようです。
級によって試験の進むスピードが違ってきます。
片方が法形を行っていても、他の級では基本の途中ということもあります。

DSCF0298_201404232155245e1.jpg DSCF0302_20140423215610aa5.jpg
法形の審査中。
一番気を使うのが、攻者が間違えることです。

少林寺拳法の技は、ほとんどが自分が襲われた時に対する反撃の技なので、
攻者が正しい攻撃をしないと、守者が正しい反撃ができません。
(ちょっとややこしい表現になっていますが、正確に理解したい方は少林寺拳法に入門してください。
 嫌でもわかるようになります)

間違ったのが攻者でも、試験で評価されるのは守者なので、そこらへん結構注意して試験を行います。

DSCF0308_201404232158559a2.jpg DSCF0309_20140423215945da1.jpg DSCF0310_2014042322002282f.jpg
試験が終わって講評が行われています。
自分的には、試験そのものよりも、ここで注意された事の方が何倍も価値があるのですが、
大抵の拳士は合格や不合格の衝撃で、ここで注意されたことを忘れてしまいます。
うーん、勿体ない。

DSCF0314.jpg
試験官の先生同士でも、試験で気になった事の情報交換を行います。
第三者的に技の癖や問題点を指摘してもらえるので、指導する側にもありがたい情報です。

既にご承知の通り、試験は全員が合格でした。
手続きを早く行った順番に賞状が貰えますので、保護者の方は早めに手続きをお願いいたします。

DSCF0331.jpg DSCF0332.jpg
試験が終わってリラックスして遊ぶ拳士達。

スポンサーサイト

昇級試験の様子
今日も仕事に言っていてやさぐれています。連休?なにそれおいしいの?

DSCF0233.jpg DSCF0234_20140423215129f7d.jpg DSCF0237.jpg
昇級試験は所作、基本動作、単演、法形、組演武(3級以上)と評価が行われます。
点数付けは行われますが、「技が出来ている」という判断は、それまでに自分の修行によって培ってきた
「眼」が頼りになります。

DSCF0240.jpg DSCF0245_20140423215219b02.jpg DSCF0247.jpg
指導者は試験までは色々と指導をしてあげられます。
それこそ怒鳴りつけてでも練習をさせますが、試験の本番は拳士一人一人の力で何とかしなくてはいけません。
試験本番では指導者は無力です。

DSCF0253_20140423215253d21.jpg DSCF0260_20140423215310bf1.jpg
受身の大車輪。
パパっとマスターできる子もいれば、何度練習してもうまくいかない子もいます。
うまく出来なくても試験の日取りは待ってくれません。

DSCF0263_20140423215327288.jpg DSCF0270_201404232153437f3.jpg DSCF0277.jpg
法形の試験においては、技を行う拳士だけでなく、攻撃を行う拳士も評価されます。
例えば、顔を攻撃されることが前提の技で、腹を攻撃されるとその技が出来なくなります。
正しい攻撃を把握しているかどうかも試験の評価項目になります。

本日の更新はここまでです。




昇級試験の様子
いよいよGWが始まりましたが、皆様いかがお過ごしですか?
私の方は暦通りのお休みと成ります。トホホ。

さて、先々週に行われました昇級試験の様子をお伝えします。
この昇級試験では、受験者が石川辰口道院の拳士だけという珍しい状況でしたが、
人数が多い上に、受験する級がバラバラだったために試験官の先生の都合が大変でした。

DSCF0196.jpg
当日の朝、試験官控室。
級ごとの担当を割り振り、試験用の用紙を用意しています。

DSCF0198_20140423214717c44.jpg DSCF0199_201404232147344c1.jpg
試験直前。
何だからのんびりしていて危機感がありませんが大丈夫なのでしょうか?
指導者としてはちょっと心配です。

ここからは、保護者の方にカメラをお願いしました。
毎回の事なのですが、カメラを任された責任感からなのかあちこちに移動されて、実に良いアングルで
大量に写真を撮って頂けています。

DSCF0204_20140423214751f26.jpg DSCF0208.jpg
まずは鎮魂行から。
座禅を組んで心穏やかにします。

DSCF0214.jpg DSCF0215.jpg DSCF0216_20140423214858720.jpg
準備運動中。
しっかりと体をほぐします。


ここから、各級ごとに分かれて試験が開始となりました。
DSCF0223_20140423214915300.jpg DSCF0224_2014042321493109d.jpg DSCF0225_20140423214948d74.jpg DSCF0226.jpg
名前と道院と(何故か)年齢の確認中。
いや、試験の用紙に書く欄があるんで確認せざるを得ないんです。
未だに年齢だけは、何故確認する必要がるのか謎。
子供相手ならいいんですが、妙齢の女性に確認するときはちょっと戸惑います。

DSCF0227.jpg DSCF0230.jpg DSCF0232.jpg
それぞれおの実技の審査が始まりした。
さすがに皆真剣な顔をしています。


本日の更新はここまでです。


試練の時
今週は後半から雪が降るそうですが、皆さん準備は大丈夫でしょうか?
さて、先週の日曜日に行われました昇級試験の様子です。

DSCF9677.jpg
冷え込みが厳しい朝でした。
特に試験官をしていると全然体を動かさないので、風邪をひかないように下は厳重に着込む必要があります。

DSCF9679.jpg DSCF9680.jpg
試験前の最後の足掻き。
何しろ、この日はこの後に忘年会がありますから、万が一試験に落ちるとそのまま皆に報告されてしまう
危険があります。
いつもの試験に比べてプレッシャーが強いです。

DSCF9681.jpg DSCF9685.jpg

DSCF9687.jpg DSCF9689.jpg DSCF9694.jpg
それぞの受験する級ごとに分かれて試験が開始です。
一度試験が始まったら、指導者がしてあげられることは何もありません。
せいぜい、他の級の試験官くらいです。

ちなみに、この日は『薄く広く』で、一つの級あたりの受験者数が少ない割に、多くの級に受験者がいるため、
試験官の数が足りないことが多い現状では、非常に試験官泣かせな日でした。

DSCF9700.jpg DSCF9704.jpg
各試験官の先生に、合否を見てもらいながら同時に指導も受けています。

DSCF9703.jpg DSCF9706.jpg
自分と高倉先生は一般部の昇級試験を見ていました。
少年部と比べると、試験の科目が多いため結構時間がかかります。

DSCF9709.jpg DSCF9733.jpg
試験が終わって記念撮影。
みんなホッとした表情を浮かべています。

DSCF9718.jpg
何故か変顔。

DSCF9732.jpg
何故かノリノリの高倉先生。

結果が全員合格でした。
早々に試験を終えた我々は、一路忘年会の会場である野ふうどへ向かうのでありました。




昇級試験の様子
出張から帰ってきたら、また明日出張です。
もっと出張手当が一杯出ないとやってられんですよ…。

さて、前回からの続きです。

DSCF9471.jpg DSCF9472.jpg DSCF9475.jpg
鎮魂行や挨拶が終わり、さっそく試験に入ります。
まずは、受験する級に分かれて試験管の先生と挨拶です。

DSCF9476.jpg DSCF9478.jpg DSCF9484.jpg
試験は基本から始まります。
立ち振る舞いから始まって、構えや受身などを確認します。
これは昇級、昇段試験になっても原則変わりません。

DSCF9487.jpg DSCF9495.jpg DSCF9497.jpg
試験会場と言うのは一種独特の雰囲気があり、普段出来ていることが出来なくなってり、
いつもの練習以上の実力を発揮したりと様々です。
雰囲気に飲まれない一番確実な方法は、数をこなして慣れることです。

DSCF9500.jpg DSCF9501.jpg
試験の評価が終わったら、各拳士への指導が入ります。
何だかんだいっても、直すべきところはたくさんあります。
(自分もそうでした)
普段とは違う人に確認してもらって、新しい視点で確認してもらい色々と指導をしてもらうことで
試験を受けることでまた一層上達することになります。

DSCF9505.jpg DSCF9513.jpg
DSCF9514.jpg DSCF9524.jpg DSCF9525.jpg
受ける級によって審査内容が変わってきますので、同時に試験を開始しても、ある級は試験後の指導に入っているのに、
ある級ではまだ審査中ということがあります。
当然級が上がれば試験の内容が増えますので試験の時間も長くなります。

DSCF9532.jpg DSCF9533.jpg
試験が終了して、観覧席でホッと一息。
緊張から解放されて伸び伸びとした表情をしています。

DSCF9543.jpg
試験管の先生から何か言われています。
何を言われたんでしょうか?

DSCF9546.jpg
試験の講評。
講評の中で、
 「みんなにっこり笑ってください。…はい、みんないい笑顔ですので全員合格にします」
と言ったら、後で試験を受けた拳士から
 「あんないい加減な決め方でいいの?」
と聞かれてしまいました(笑)。
いい加減に決めたんじゃなくて、ちゃんとした試験でみんな合格だったから、ああいう話をしたんだよ。


おまけ
DSCF9488.jpg
この日は試験の先生の数がギリギリでした。そのため、高倉先生が審査委員長だったのですが、
受験する人数(というよりクラス)が多くて、試験官に引っ張り出されていました。




昇級試験の様子
日曜日に昇級試験が行われたのでその様子をお伝えします。

DSCF9428.jpg
よく晴れて気持ちの良い日でした。
若干夏よりの秋晴れと言った感じでしょうか。

DSCF9431.jpg
試験前の練習。
最後の最後まで投げ出してはいけません。


さて、ここからは付き添いでいらっしゃった保護者の方にカメラをお願いしました。
私としては、
 『観覧場所からパチパチと適当に撮ってもらえればいいや』
くらいに考えていたのですが、頼まれた保護者の方がノリノリで、『そこまで撮るか!』というくらい
撮影して頂けました。
(1時間半の試験で撮影枚数が100枚を超えているのを見たときは、最初はカウンタが壊れたのかと思いました)
枚数が多いので、更新は2回に分けます。
あと、明日から出張なので、2回目の更新はちょっと遅れます。

DSCF9438.jpg
拳士の弟さん(赤ちゃん)を見学に連れてきていたので、みんなで囲んでいます。
沢山の見たことのない人に囲まれたのに、全然物おじしていませんでしたね。

DSCF9439.jpg
技の説明中。
こちらは従姉妹の子が見学に来ていて、写真の拳士をコロンと転がしたら何故か大ウケしていました。

DSCF9440.jpg
最後の指導中。
どちらかというと、試験への心構えを説明していたようです。

この後全体の集合がかかり、試験が開始となりました。

DSCF9443.jpg DSCF9448.jpg
鎮魂行。
きちんと座禅を組みます。

DSCF9454.jpg DSCF9459.jpg
準備運動&基本。
事前に体を十分に動かしていますから、実際にはいらない気もしますが、お約束みたいなもんです。

DSCF9467.jpg
声出し。
少年部の試験は、一にも二にも気合いが出ていないとお話になりません。
朝で体が固まっていて声が出ない場合もありますので、声を出す練習もしておきます。

というわけで、本日の更新はここまで。
次の更新は、早ければ水曜日、遅くとも木曜日には実施する予定です。




昇級試験の様子
随分と二日が経ってしまいましたが、昇級試験の様子をお伝えします。

DSCF8854.jpg DSCF8855.jpg
この日は黄色帯と緑帯の拳士が受験しました。
毎年この時期は大会などと重なって、試験の練習時間の確保が大変なのですが、
今年はご存じの通り早い時期に大会が終わってしまったので、余裕を持って練習が出来ました。

DSCF8856.jpg DSCF8857.jpg
試験前のギリギリまで練習します。
ま、試験前の30分がんばったからといって、なかなか結果に影響しないものですが、
それでもがんばってしまうのは人の性なのでしょうか?

ちなみに、この日の試験は全員合格でした。
改めておめでとうございます。





プロフィール

なかの

Author:なかの
石川辰口道院 正拳士四段。
縁あって本道院で子供達の世話をさせて貰っています。

ブログ内検索

近々の予定

11月の予定
   1日 全国大会
 8~9日 合宿
14~15日 中高生新人大会
  30日 キンボール大会、昇級試験
12月の予定
   7日 武専
  21日 納会・忘年会
  27日 年末休み
  31日 年末休み

星が見える名言集100

過去のお勧め記事



月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

アクセスカウンタです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。