物見山れんらくぼ
少林寺拳法 石川辰口道院関係者の交流用のブログです。 写真の掲載や記事の内容に問題がある場合は、メールフォームより連絡を下さい。
08 | 2006/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出稽古に行ってまいりました
 先週の土曜日は祝日で練習がお休みだったため、金沢市の卯辰山道院に練習にお邪魔しました。
卯辰山道院入り口
写真1 卯辰山道院の練習所
スポンサーサイト

[続きを読む...]
受身取れますか?
 以前、ある小学校の校長先生のお話で
「最近の子は、転ぶと顔から真っ直ぐ倒れて非常に危ない。昔の子なら咄嗟に
手が出て手や膝を擦り剥いても、顔から落ちるようなことはなかった」
ということを聞いたことがあります。
 「転んだときに咄嗟に手で支える」というのは本能的な行動だと思っていましたが、
実は学習によって体得する技術のようです。

K-1やボクシングのダウンで最も危険なのは、頭部への攻撃によるものですが、
実は、頭部への攻撃そのものではなく、攻撃によって意識を失った結果、
頭部が無防備に床へ落ちるときの衝撃が致命傷となるそうです。
例えば、自分の頭と同じ大きさのスイカを、自分の身長の高さから落としたら
どうなるでしょうか?
あるいは、自分の身長と同じ高さから後ろ向きに下に落ちたら?
どちらにしろ、嬉しい結果にはならないでしょう。
「転んだときに咄嗟に手が出ない」というのは、
現代っ子がひ弱になった
というレベルの話ではなく、命に関わる非常に危険なことなのです。

さて、自分自身、あるいは自分の子供は転んだときに、ちゃんと受身が
とれるでしょうか? 一度試してみることをお勧めします。
運動会?
 先週の土曜日は近隣の学校で運動会があったそうですね。
時間になっても来ている子が少なかったので何事かと思いました。
私の町会では日曜日に秋祭りがあって、一日獅子舞に参加していました。
 月曜日は台風によるフェーン現象で一時的に夏に逆戻りしましたが、これから先はどんどん秋が深まっていきます。季節の変わり目に風邪などひかないように気をつけましょう。
武道専門学校(略して武専)
 今日は金沢市で武専が開催されました。

武専というのは武道専門学校(今は禅林学園という名前ですが)の略称で、
少林寺拳士のリーダー育成を目的とした、有段者向けの講習会形式の学校です。
リーダーとしての心構えの「座学」と、少林寺拳法の技術講習となる「技術」を
2部で構成されます。

特に技術については、本部教員の方から貴重な技術を教わったり、
他の道院の拳士の方と練習ができるなど、なかなか「濃い」練習が行われます。
技術というのは奥が深く、ごくごく初歩的な技の中にも様々な技法が存在します。
武専の資格の一つに「有段であること」がありますが、ここで教わったことの何分の一でも
子供達に教えることができるといいなぁと思っています。

女の子と男の子の違い
小学生の高学年ともなると、男の子と女の子は違いが出てきます。
男の子は、高学年になっても基本的に子供のままです。
練習の前のドッジボールを始めると夢中になって続けます。

女の子は、高学年になるとちょっと大人になって社会性が出てきます。
ちょっと冷めた感じで男の子が遊んでいるのを見ています。

ですから、女の子を指導するときは一人の大人として指導する必要があるため
結構気を使います。
(その点男の子は気楽です)


プロフィール

なかの

Author:なかの
石川辰口道院 正拳士四段。
縁あって本道院で子供達の世話をさせて貰っています。

ブログ内検索

近々の予定

11月の予定
   1日 全国大会
 8~9日 合宿
14~15日 中高生新人大会
  30日 キンボール大会、昇級試験
12月の予定
   7日 武専
  21日 納会・忘年会
  27日 年末休み
  31日 年末休み

星が見える名言集100

過去のお勧め記事



月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

アクセスカウンタです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。