物見山れんらくぼ
少林寺拳法 石川辰口道院関係者の交流用のブログです。 写真の掲載や記事の内容に問題がある場合は、メールフォームより連絡を下さい。
12 | 2008/01 | 02
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常的な練習-2
別に前回のエントリーと何か関係するわけでは無いのですが、日常的な普通の練習風景をお届けします。

まずは、昨年の昇級試験に合格した拳士たちに、允可状が渡されました。
2008_01300006.jpg2008_01300012.jpg2008_01300022.jpg

みんな神妙な顔をして允可状を受け取っています。

最初に、練習前の掃除です。
2008_01300001.jpg2008_01300003.jpg2008_01300005.jpg

小さい体で大きなモップを操ってゴミを集めています。
(あんまり奇麗になった気がしないのは気のせい?)

寒いので、最近は鎮魂行の前に簡単なゲームで体を動かしています。
全体で2チームに別れ、柔道場の赤い畳を通路に見立てて、その両端にそれぞれのチームが分かれます。
「ヨーイドン」の合図でそれぞれのチームが走り、両者が遭遇したところでジャンケンをします。
ジャンケンに勝った拳士は、そのまま通路を走っていきます。
ジャンケンに負けた拳士は通路の端に待機している拳士と交代となり、次の拳士はまた通路を走っていきます。
そうすると、Aチームの拳士が勝ち続けると、Bチームの待機している通路の端にどんどん近づくことになり、
最終的に、相手のチームの端にまで到達したら勝ちとなります。
2008_01300007.jpg2008_01300011.jpg

こちらは幼年部のゲームの様子。
体格差や体力などはあまり関係せず、ジャンケンの強さで勝負が決まりますので、年齢や性別に関係なく
参加できるのがよいです。

こちらは少年部。
こちらは、負けたときの罰ゲームが待っています。
2008_01300013.jpg2008_01300014.jpg

結構皆必死?

負けたチームの罰ゲームは全員で腕立て伏せです。
2008_01300016.jpg2008_01300017.jpg

ちょっとズルしている子もいますね。

当然、リベンジマッチが待っています。
2008_01300018.jpg

更に必死?

結局、2回目は1回目に勝ったチームが負けました。
2008_01300021.jpg

同じく罰ゲームの腕立て伏せ。

ああ、これまでの文章をよく読んでみると、「練習」じゃなくて、「練習前」の風景ですね。
まあ、寒いときはどこの道院でもウォーミングアップをどうするか、皆知恵を絞っています。
(寒いと筋肉が硬くなり、怪我の元になるため)
石川辰口では、皆が楽しみつつ体を動かすウォーミングアップをこんな風にやっています。
スポンサーサイト

日常的な練習
何か特別なイベントがあるわけでもない、ごく普通の練習風景です。

2008_01260009.jpg2008_01260010.jpg2008_01260011.jpg

寒いんでとりあえず走ってみます。
他の季節だとみんなサボりがちですが、この季節はやはり寒さには負けるのか、全員全速力で走っています。

2008_01260015.jpg2008_01260016.jpg2008_01260017.jpg

この日は、演武など組むいつものペアとは違う人と組になって練習してみました。
(写真の中に、妙にカメラを意識している子がいますが、気にしない)

2008_01260018.jpg

この日は、小西拳士の初段の允可状が届いていました。
まだまだ頼りないところがありますが、まずはおめでとうございます。

おまけ
2008_01260019.jpg

帰り際の道路。完全に凍結してます。
スリップこそしませんでしたが、帰りは二度もアンチロックブレーキが作動してしまいました。
漏れ聞くところによると、天狗橋、百円橋、辰口大橋それぞれでスリップ事故が発生し、
特に辰口大橋では数台の車の玉突き事故になったとか。
送り迎えする保護者の方は、十分気をつけてください。
新年互例会に行って来ました-2
今日は寒いですね。少年拳士たちは、風邪を引かないように着るものには十分注意してください。
さて、前回からの続きです。

2008_01200013.jpg2008_01200014.jpg
2008_01200015.jpg2008_01200017.jpg

偉い人の挨拶。
今回、連盟会長である合田先生が体調を崩されて欠席のため、山田省悟県連盟副会長のご挨拶を頂きました。
(写真左上)
写真右上の人が誰かは説明不要ですね。
左下は、河北市の少林寺拳法連盟顧問の山口先生。右下は、中村勲県連盟副会長で、乾杯の音頭をとっていただきました。

さて、当日どんな料理が出たかというと・・・
2008_01200019.jpg
2008_01200020.jpg
2008_01200028.jpg

蟹とか、刺身とか、ブリの照り焼き(厚さが3~4Cmくらいある!)など魚尽くしで、量も多く(全然食べ切れません)大変美味でした。
2008_01200024.jpg2008_01200025.jpg
2008_01200027.jpg


宴会が進むと、各地区ごとに代表の先生が挨拶をしていますが、
2008_01200026.jpg

酒が入っていて、誰もまともに聞いちゃいません。

2008_01200035.jpg

石川辰口からの参加者で記念に1枚。
互例会はお開きになりましたが、辰口チームはこの後金沢の片町まで足を伸ばしました。

2008_01200038.jpg

場所は犀川沿いのエイトビル8F。

2008_01200040.jpg2008_01200041.jpg

大家拳士が経営している「BAR CIROL」(チロル)です。
こちらでおいしいスパゲティを頂いて、この日はお開きとなりました。
新年互例会に行って来ました
雪が吹き荒れていましたが皆さんご無事でしょうか?

さて、先週の日曜日に行われました石川県少林寺拳法連盟の新年互例会の様子をお伝えします。
今年の会場は、能登の支部が幹事を担当していたためか、河北市の「やまじゅう」で行われました。
2008_01200037.jpg

煌々とライトアップされる「やまじゅう」。

石川辰口支部からは、高倉先生、玉城先生、南さん、私の4名が参加しました。
今回は、アルコールを飲まない玉城先生が車を出して、4名で同乗して行きましたが、
カーナビがあるのに道に迷ってしまい、到着したのが会の開始5分前という失態を犯してしまいました。
特に、高倉先生は石川県の理事もされているので、来賓の方から色々とイジメられたそうです(笑)。

会の最初は、恒例の模範演武から。
2008_01200001.jpg

実は、見ての通り座敷での宴会で、しかも場所が狭いため通常の演武ができるようなスペースがありません。
どうするのかと思ってみていると
2008_01200003.jpg

後頭部のツボを攻めたり、
2008_01200005.jpg

首を締めながら投げてみたり、
2008_01200007.jpg

(ちょっとわかりにくいですが)相手の蹴りをキャッチして、そのまま倒し、足のツボを極めてみたり、
2008_01200010.jpg

アゴ周辺のツボを攻めてみたり、
2008_01200011.jpg

投げた相手を、更にツボを極めてトドメを刺したりと、少林寺拳法で「圧法」や「締法」と呼ばれる技術の
オンパレードでした。
このあたりの技は、非力な女性拳士や昔に比べて筋力が落ちた高齢の拳士向けで、派手さはありませんが、
極まると思わず悲鳴を上げてしまう激痛が走る技です。
私も色々な演武を見てきましたが、こんな動き的には地味ですが、見ててこんなに痛そうな演武は初めて見ました。

何となく長くなったので、続きはまた明日にでもアップします。
新春恒例
練習始めは水曜日からでしたが、仕事で平日に中々来れないので、私の練習始めは昨日からでした。
で、新春一発目は毎年恒例になっています「千本突」
「千回突きを突く」というとすごいことのように思えますが、一本突くのに1秒かかるとすると、
だいたい20分ほど動き続けるだけなので、大したことがないようにも思えます。
(実際は瞬発力を使った運動を長時間続けるので、20分でも大変なのですが)

2008_01190007.jpg2008_01190008.jpg

こちらは幼年部の子供達。
黙っていると気持ちがもたないので、10本づつ子供達に順番にカウントさせていきます。
カウントのタイミングがずれる子、カウントする順番を忘れる子などいろいろいましたが、
元気に千本突ききりました。

2008_01190010.jpg

続いて少年部。まずは掃除をしています。
(この時点では千本突をするとは誰も知らない)

2008_01190012.jpg2008_01190014.jpg2008_01190016.jpg

千本突開始。

千本突の効果の一つに、「不要な力を使わなくなる」という点があります。
連続で突きを突いていると段々疲れてきますので、突きを突くのに必要な箇所に最低限必要な力しか
使わなくなります。
 「力を入れなくていいの?」
という疑問をもたれる方もいらっしゃると思いますが、余計な力はむしろ威力やスピードを落とします。
スポーツのときにリラックスするのは、つまり動作に必要な力だけを使うためにあるわけです。

2008_01190017.jpg2008_01190018.jpg2008_01190019.jpg

もちろん、子供達は上に述べたような話はわかりませんから、とにかく号令に合わせて突いていました。
みんな(大人も子供も)汗だくなりながら、千本突き切りました。

2008_01190020.jpg

最後に先生からの突きの極意の説明。
結構勘違いされている方もいらっしゃいますが、どんな武道でも、その極意は一番最初に
教わります。(だって、一番重要だから)
ただ、実際に練習し、自分で色々と試行錯誤してみないと、極意というものは自分の血肉とはなりません。
実際、剣術などの最終極意というのも、心の持ちようとか、ちょっとしたコツとか、
傍目には拍子抜けするような内容であることが多いそうです。

おまけ

2008_01190022.jpg

沖縄出身の玉置先生のお土産のちんすこう。
自主練習
目が覚めたら雪で真っ白になっていてびっくりです。
昨日の夜は全然積もっていなかったのに・・・。

さて、昨日は練習はお休みの日でしたが、一般部の人間は適当に集まって自主練習をやっていました。

2008_01120003.jpg

何をやっているかというと、DVDプレイヤーを持ち込んでビリーズブートキャンプをやっていたわけですが。
(運動不足のサラリーマン拳士にはきついです)

2008_01120006.jpg2008_01120005.jpg

こちらは古武術的な体の使い方の練習。
落ちてくるボール(写真ではタオルを丸めたもので代用していますが)を受け取るために、
膝の「抜き」を利用して体を沈めています。
「抜き」というのは文章では説明が難しいのですが、膝カックンのように筋肉を使うのでなく、
自分の体重で体を下げる動きだとお考え下さい。

傍から見ていると「何をしているんだ?」というような練習も堂々とできるのが自主練習の醍醐味です。

#ちなみに次回16日が石川辰口道院の稽古始です。お間違えのないように。
硬くなる体
ここ数日暖かい日が続いていましたが、皆さんいかがお過ごしですか?
今週の後半は雪が降るそうです。週末は灯油を買ってこないと。

さて、寒くなると体を動かすのが億劫になってあまり体を動かさなくなります。
そうすると、人間の体の適応力が悪い方向に働いて、筋肉が硬くなります。
筋肉が硬くなると、体を流れる血液の流れを阻害し、血流が悪くなります。
血液は酸素や栄養を運び込むと同時に不要となった老廃物を運び出してくれますが、
血流が悪くなるということはこれらの働きが悪くなるわけですから、当然体の具合に影響します。
ということで、例え寒くても、ほどほどに体を動かしておきましょう。

なんでこんな話題をしたかと言うと、週末にビリーズブートキャンプをやってちょっと筋肉痛気味なのです。
何事もほどほどが重要です。
あけましておめでとうございます。
1月も5日になって(しかも、夜の11:45)新年の挨拶するのもあれですが、
あけましておめでとうございます。昨年は少林寺拳法創始60周年でしたが、
特にそんなことも気にすることなく1年が過ぎました。
(むしろ、今年は石川辰口道院創立15周年となることの方が重要ですが)
各位、61年目の今年の目標を立ててがんばりましょう。

ちなみに、今日は自主練習してきました。何か熱っぽかったり、喉が痛い気がしますが、
きっと気のせいでしょう。
(風邪薬飲んでさっさと寝ます)


プロフィール

なかの

Author:なかの
石川辰口道院 正拳士四段。
縁あって本道院で子供達の世話をさせて貰っています。

ブログ内検索

近々の予定

11月の予定
   1日 全国大会
 8~9日 合宿
14~15日 中高生新人大会
  30日 キンボール大会、昇級試験
12月の予定
   7日 武専
  21日 納会・忘年会
  27日 年末休み
  31日 年末休み

星が見える名言集100

過去のお勧め記事



月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

アクセスカウンタです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。