物見山れんらくぼ
少林寺拳法 石川辰口道院関係者の交流用のブログです。 写真の掲載や記事の内容に問題がある場合は、メールフォームより連絡を下さい。
07 | 2008/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日の練習
先週は雨が続いてずっと涼しかったのですが、今日は久しぶりに気温が上がり夏らしい日になりました。
さて、来週は昇段試験が行われますが、盆休みなどで練習日が少なかったため、今日は受験者向けの特別練習が行われました。
2008_08310003.jpg2008_08310004.jpg2008_08310005.jpg
この暑い中、中学生拳士三名と高倉先生による技の練習。
私ですか? 私も昇段試験が近いので横で自主練習してました。
何とか様にはなってきていますが、昇段試験でどう評価されるのか?
少林寺拳法の黒帯は、空手のような「一人前」という意味合いとは違い、「基本技を全部覚えました」という程度で比較的難易度は低いのですが
それでも黒帯には変わりなく、試験自体のハードルはなかなか高いのです。

2008_08310006.jpg2008_08310007.jpg
指導を受けて一生懸命に技をかける拳士たち。
私の目からすると、柔法についてはまだまだ甘いようにお思えますが、自分が黒帯を受けた時はどうだったのかを考えると、
なかなか人様の評価というのはしづらいです。

2008_08310008.jpg2008_08310009.jpg2008_08310010.jpg
一般の初段試験では防具をつけた運用法もあるため、その練習も行います。
決まった部位に攻撃のくる法形とは違い、相手がどこを攻撃してくるのかわからない運用法は、
慣れておかないと、いきなりやると軽いパニックになって何もできなくなってしまいます。
中学生拳士たちも、何をすればいいのか戸惑いつつも防具に突をヒットさせていい音をさせていました。
さて、中学生拳士たちのもうひと踏ん張りを期待したいところです。

スポンサーサイト

ちょっとネタ切れでして・・・
大きイベントが片付いたのと、お盆を挟んで休みが続いたのでちょっとネタ切れ状態でした。

話題1:全国中学生大会
先週四国の本山で行われた全国中学生大会に、当道院から2名の拳士が参加しました。
全国から700名以上の拳士が参加し、演武の披露や合同練習が行われました。
参加した中学生拳士は
 「気合いがすごかった」
 「動きが鋭かった」
と全国のトップレベルの動きを見て、それぞれに得るものがあったようです。

話題2:昇級試験
今回の昇級試験は、全員受験を見送ります。
休みが重なって練習時間が足りないのもあるのですが、大きな理由として、昇級試験の試験科目が
6月から変わり、それに十分対応できていないためです。
ということで、次回の試験は10月です。そちらを目標に頑張ってください。

久しぶりの練習
今週末は、辰口祭りで施設が使えないため、またしても練習がお休みです。


さて、盆休みなどを挟んで、久しぶりの練習です。夏休みも折り返しましたが宿題は終わってますか?
2008_08200002.jpg
久しぶりに元気な顔を見せる少年拳士たち。

この日は届くのが遅れいていた県大会の賞状が届いていました。
2008_08200003.jpg2008_08200004.jpg
2008_08200005.jpg2008_08200006.jpg
誰がどの部門に入賞したのかは省略しますが、まあ、ひと月近くも立つとうれしいというよりも、
困惑の方が先立つでしょうね。

2008_08200009.jpg
緑帯の拳士の練習風景。
少年部の科目表が大幅に変わったため、覚えなくてはならない技が変わりました。
級あたりで習得が必要な技の数は減りましたが、その分一つの技のバリエーションが増えたため、
実質的には以前よりも大変になったような気がします。
それに加えて、一般部だと二段や三段で習う技が入ってきているので、教える方も大変です。

2008_08200011.jpg
今週末に香川県にある本山で行われる全国中学生大会に出場する中学生拳士。
最後の調整のはずですが、何せ盆休みが長かったのかち、ちょっと勘が狂っている感じです。
週末までに自分で調整できるのか?

2008_08200015.jpg2008_08200016.jpg
一般部も、久しぶりに初段を目指す中学生拳士や、お店の移転が間近な大家拳士が顔を出し、
いつになく賑やかな日でした。
本に書いてあること
本に書いてあることを丸々信じてはいけません。
本に書いてあることには事実も交じっていますが、筆者の主観や偏見も交じっています。

一番見抜きにくい嘘とは、90%のどうでもよい真実にまぶされた、非常に重要な10%の嘘だそうです。
なまじ、本当のことが混じっているだけにその部分につられて、一部分の記述への信頼を
全体の記述への信頼と勘違いしてしまうためです。

事実にこっそり混ざった嘘を見抜く力を身につけましょう。


さて、何でこんな記事を書いたかというと、ここ1時間ほど、プログラムの参考書に載っていた
プログラムが動かなくて悩んでいたら、書かれているソースコードが全然間違っていて
「ムキー! おれの時間、返せー!」
という状態なわけだからですが。

原理を知るということ
ネットの掲示板を見ていた時に
「2の0乗が1になることを妹に納得させた」
という記事を見つけました。

一応説明しておくと、
「mのn乗」というのは、mという数字をn回掛け合わせたものです。
例えば、2の3乗は、「2×2×2」を意味し、8となります。
また、2の1乗は「2」を意味しますので、2となります。

さて、結構勘違いされやすいのが「mの0乗はいくつになるか?」ということです。
これは上にも書いてありますが、mがどんな数字であっても「1」になります。
ところが、これを直感的にわかるように説明しようとすると結構難しい。
(この場合の難しさは、理解できる簡単な説明をすることの難しさですが)

上記の記事では以下のような説明をしていました。

 兄「2の4乗というのは「2×2×2×2=16」と表せるな?」
 妹「うん」
 兄「では、2の(6-2)乗は幾つだ?」
 妹「6-2=4だから2の4乗と同じ」
 兄「これを割り算で表すと(2の6乗 ÷ 2の2乗)と同じことになる。
   つまり、乗数部分の引き算は、計算全体でみると実は割り算をしているわけだ」
 妹「OK」
 兄「では、2の0乗を考えてみよう。2の0乗というのは、たとえば
   2の(6-6)乗と表してもいいわけだ」
 妹「うん。引き算すれば0だから」
 兄「では、これを割り算で表すと?」
 妹「えーと、(2の6乗 ÷ 2の6乗)だから・・・」
 兄「同じ数同士の割り算だから当然1になる」
 妹「なーるほど」
 兄「上の理屈に従えば、mが何であろうとmの0乗が1になることはわかるな?」
 妹「よーくわかった」

何となく「こうやるもんだ」と覚えていることも、実はちゃんと理論的な裏付けがあってそうなっていることが多いです。
少林寺の技も、色帯くらいの拳士では、ちゃんとその技を成功させるための理屈があるわけで、
その理屈に従っていれば技がかかるようにできています。
(高段者の先生になると『なんでそんなやり方でこんなことができるんだ?』という謎の技を使う方もいらっしゃいますが)
子供たちにも、できるだけそういう原理をちゃんと伝えながら教えたいものだと思う、今日この頃です。



夏枯れ?
夏休みで旅行などに出かけるのか、最近練習への参加人数が減ってます。
大会が一段落つきましたので、ちょっとした息抜きもよいでしょう。

ちなみに、来週は盆休みということで水、土はお休みです。
一般部は自主練習していますので、試験などが近い人(特に昇段試験を控えている中学生)などは、
来れば面倒はみます。


さて、昨日の練習は、高倉先生が少年錬成大会の付き添いで東京へ行かれたので、
代わりに自分が見ていました。
2008_08090001.jpg
ちょっとお遊びモード。
キックミットを積んで、これを走って飛び越せるか試しています。

2008_08090002.jpg
昨日は本道場出身で、名古屋大学で勉強している寺田拳士が、夏休みということで遊びに来てくれました。
寺田拳士は大学少林寺拳法部でも頑張っています。

2008_08090003.jpg
昇段試験を控える中学生を指導する廣瀬拳士。暑いのか、みんなちょっと元気がありません。

2008_08090005.jpg2008_08090008.jpg
寺田拳士が指導をしているところ。
再来週の中学生大会に向けて、演武の細かいところを指導してもらっています。
大学少林寺拳法部のノウハウをいかんなく注ぎ込んで、細かいところを直していきます。
わずか30分の指導で、見違えるようにうまくなりました。


少年錬成大会
今週末、東京の武道館で少年錬成大会が行われます。
これは小中学生を対象にした、相互親睦を目的にした大会です。
ここを参照)
全国大会とは別に開かれ、演武の評価を行いますが、どちらかというといろんな拳士が一緒に練習することを
主眼とした練習会的な趣旨のものです。

石川辰口から、辻拳士と松倉拳士が参加します。
ということで、最後の練習の様子。
2008_08060001.jpg2008_08060004.jpg
錬成大会がんばってくさい。

県民体育大会に行ってきました。
私としては、三週連続の大会となるわけですが・・・。

2008_08030003.jpg
野々市で行われた石川県民体育大会少林寺拳法競技に参加してきました。
こちらは石川県の体育協会が主催の、市町村対抗の大会で、少林寺拳法競技も
市町村の代表(我々の場合は能美市)として参加してきました。

2008_08030010.jpg
こちらは白山あさひ支部の中拳士による男性の部の単演。

2008_08030005.jpg
同じく森田拳士による、女性の部の単演。

そして、組演武では自分と寺内拳士とで参加してきました。
ちょっとこの日は別用があったため、あまり写真なども撮っていません。
結果は石川県連のHP(http://www.aun-ishikawa.com/)に掲載されています。



プロフィール

なかの

Author:なかの
石川辰口道院 正拳士四段。
縁あって本道院で子供達の世話をさせて貰っています。

ブログ内検索

近々の予定

11月の予定
   1日 全国大会
 8~9日 合宿
14~15日 中高生新人大会
  30日 キンボール大会、昇級試験
12月の予定
   7日 武専
  21日 納会・忘年会
  27日 年末休み
  31日 年末休み

星が見える名言集100

過去のお勧め記事



月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

アクセスカウンタです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。