物見山れんらくぼ
少林寺拳法 石川辰口道院関係者の交流用のブログです。 写真の掲載や記事の内容に問題がある場合は、メールフォームより連絡を下さい。
08 | 2008/09 | 10
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月の行事のお知らせ
ここ最近めっきりと寒くなってきました。いよいよ明日から10月です。

今月の昇級受験の予定は以下のようになっています。
一般部
 1級:水永
 2級:橋本

少年部
 2級:山本
 3級:洞、長谷川、村田、竹村、水永、伊藤
 4級:中島、洞、堀田、松崎、北村、杉岡
 5級:助田、和田

2008_09270003.jpg2008_09270004.jpg
昇級試験では宿題と学科があります。
宿題は早めに提出をお願いします。
また、学科の勉強もお忘れなく。
スポンサーサイト

四段への道-3
先日、このブログを読んだ方から
 「四段受験の話のはずなのに、行きの移動の話で一回分の記事になっていたので、
  てっきり落ちたのかと思って心配してしまいました」
という感想をいただきました。
別に焦らしていたわけではないのですが、単純に時系列に沿って記事を書いていただけです。

さて、四段も合格し後は北陸へ戻るだけですが、そのまえに香川の観光をしてきました。
香川というと有名なのが「うどん」。そこで、知り合いからおいしいと評判のお店を聞いて、訪ねてみました。

2008_09220089.jpg
まずは、「みやたけ」。
田圃の真中に住宅が点々と建っているのですが、その中の一軒でした。
実際、看板に注目するとうどん屋さんだとわかりますが、

2008_09220088.jpg2008_09220090.jpg
遠くから見ると普通の住宅なので、最初はちょっと戸惑います。
カーナビのおかげで、駐車場までは迷うことなくたどり着けたのですが、肝心のお店がどこなのかわからず
10分ほど探し回ってしまいました。
事前に行列ができると聞いていたのですが、さすがに平日の朝ではそんなこともなく、9:00開店のところを、
8:40には入ることができました。
お店に入ると、近所のおじさん、おばさん風の人と、ツーリング中の学生さんらしき人が既にいて、
おいしそうにうどんをすすってました。

2008_09220091.jpg
こちらがそのうどん。
コシが強くて大変おいしゅうございました。
写真を撮り忘れたのですが、総菜にコロッケとゲソがありました。これも両方ともうまい。
出汁を関西風味で、北陸育ちの私の口にも合い、満足の一品でした。

2008_09220095.jpg2008_09220096.jpg
続いて向かったのが「がもう」。
こちらは、古い住宅街のど真ん中にあり、カーナビだと周辺まではいけるのですが、狭苦しい路地のナビゲートができず、
自分で車で周辺をウロウロするはめになり、10:00くらいに到着となりました。
こちらは時間が時間だけに、既に行列ができていて、主に観光客(自分だってそうなんですが)が多かったです。
こちらもコシが強いめんとあっさりした出汁で、「みやたけ」で既にうどんを一杯いただいていたのに、
さらりとお腹に収まりました。

2008_09220093.jpg2008_09220094.jpg
こちらも店舗が非常に狭く、店内は6人はいるともう座る場所がないくらいだったので、軒先にも椅子が用意してあり、
オープンカフェみたいな感じで食べられました。
(私のときは店内に座る場所があったのですが、せっかくなので外で食べました)
さすがに2杯食べたらお腹が満腹になったのと、帰りの時間のことも考えて、香川を後にし、一路北陸への帰路につきました。

帰りは明石大橋を使って淡路島から兵庫経由のルートを選択ました。

2008_09220097.jpg2008_09220100.jpg
津田の松原SA。
お土産を買うために立ち寄りましたが、棚一面に「さぬきうどん」が並んでいたのはさすがだと思いました。
2008_09220111.jpg
淡路サービスエリア。ここは松任CCZと同じように明石大橋の展望所のようになっていて、景色が素晴らしいです。
2008_09220106.jpg2008_09220107.jpg2008_09220108.jpg
前日までの不安定な天気がウソのように、この日は快晴で素晴らしいお天気でした。


2008_09220113.jpg2008_09220112.jpg
大阪の吹田。
途中、工事のせいで多少渋滞がありましtが、特に問題なく大阪を通過。

2008_09220114.jpg2008_09220115.jpg2008_09220116.jpg
滋賀の大津。
ここでは琵琶湖が一望でき、瀬戸内海とはまた違った水の風景が広がっていました。

途中のサービスエリアで休憩し、飲み物を飲み、小腹が減った時は適当にお菓子をつまみながら高速を走って、
19:00頃に、四段の允可状とともに北陸に到着。
大変実り多い旅となりました。








四段への道-2
昇段試験当日の様子です。

2008_09220042.jpg
朝方の様子。夜に一雨降ったようですが、朝は晴れていました。
遠くの山では霧が出ていたようです。
台風の直接の影響はなかったようですが、気圧が不安定で、この日は天候の変化が激しいひでした。

2008_09220043.jpg
本山に到着。駐車場が少ない旨の連絡を受けていましたが、この日はいつも本山で行われている武専が別の場所で行われるなど、
人が集中しないようにスケジュールが組まれていたようでした。

2008_09220045.jpg2008_09220048.jpg
会場の様子。
左が到着直後で、右が試験開始直前。ちゃんと数えていませんが、4,5段の受験者が合わせて300人くらいはいたようでした。

2008_09220046.jpg
ちょっと時間があったので、開祖の記念碑にお線香を上げてきました。実は、この場所は後でひどいことになります。

2008_09220050.jpg
まずは、全員で鎮魂行を行い、その後、偉い人のお話。
特別昇格だけでなく、本山への帰山の人や、香川県の講習会の人もいたようです。

2008_09220052.jpg2008_09220051.jpg
学科の会場。
と言っても、食堂なわけですが。人数が多かったので食堂のすべての机が埋まってしまいました。
学科は記述式で、10問の中から2問を指定されます。
特に問題なく書き上げ、制限時間1時間のところを30分で終わらせて会場を後にします。

2008_09220054.jpg
ちなみに、これが当日のスケジュール。特別昇格の四段は、午前いっぱいです。

2008_09220055.jpg2008_09220057.jpg
本山へ帰山していた人たちの練習会。
北陸の道院の人たちの見知った顔もちらほらと見受けられました。

2008_09220062.jpg2008_09220063.jpg
と、ここで天候が激変して大雨になりました。
ものすごい雷雨と突風で本山の建物のあちこちに吹き込んできます。

2008_09220059.jpg2008_09220061.jpg
錬成道場の前の仕切りの部分に雨が吹き込んできています。
手前に置いてあった下駄箱は濡れるのを防ぐために、廊下の反対側へ避難させています。

2008_09220064.jpg
実技。2時間ほどです。
もちろん写真なんか撮っている暇はありませんが、実技の最後に行われる運用法が終わった時に一枚だけ撮りました。
たまに内容を少し間違えていたり、思い出せないものがありましたが、ほとんどは無難にこなしました。
11時に始まって、終わったのが13時頃。

2008_09220065.jpg
あちこちに置いてある雑巾。
先ほどの雨は勢いが弱まり、普通の降り方になっていました。
このあと、食堂でチキンカレーを食べながら、一緒に受験した人たちと試験の出来を話していました。

このあと、五段受験者は口頭試問が行われるため、結果が出るのが2時間ほど後になります。
その間、四段受験者は特にすることもないので時間を潰します。

2008_09220066.jpg2008_09220068.jpg
本山の中の売店。
タオルやバインダーなど小物を売っています。

2008_09220068.jpg
五段受験者。
口頭試問の会場の前の廊下で並んで待っています。

2008_09220070.jpg2008_09220071.jpg
外の様子。
この頃になると、雨は止んでいましたが、何とも形容のしようのない雲が立ち込めています。

2008_09220072.jpg2008_09220073.jpg
正面口。
きれいだった芝生の上に木の葉などが舞い落ちていて、先ほどの突風のすさまじさを物語っています。

2008_09220075.jpg
雁堂。
開祖ゆかりの品などが飾ってあるのですが、この日は工事中のため中には入れませんでした。

そして、いよいよ運命の時間が迫ります。

2008_09220078.jpg2008_09220079.jpg
講堂で受験者の名前が呼ばれます。
どうやって発表するのか知らされていないので
 「合格者だけ名前が呼ばれる?」
 「不合格者だけ名前が呼ばれる?」(晒し者)
とドキドキしていました。
(結局、全員の名前が呼ばれ、不合格者は係りの人が別の部屋に連れていったようです)

2008_09220087.jpg
結果は、無事合格。
出稽古先で知り合った、卯辰山道院の佐藤さんと津幡道院の川端さんと一緒に記念写真。
合格がわかって、允可状をもらうまで終始ニヤニヤしっぱなしでした。

こうして、私の今回の旅の一つ目の目標が達成されました。
二つ目の目標については、次回のエントリで。

四段への道-1
ちょっと更新の間が空きましたが、9月21日に本山で行われた特別昇格で四段を受験してきたので、
その様子をお伝えします。

少林寺拳法では、四段以上の受験は香川県にある本山で行われます。試験は9:00から開始のため、
北陸からだと前日に宿泊することになります。というわけで、前日の20日に移動しました。
JRを使うと4~5時間ほどで着くのですが、今回は思うところがあって自動車での移動となりました。
(カーナビって、本当に便利です)

2008_09220001.jpg
当日の朝の様子。8:00に出発しました
心配していた台風は早めに通り過ぎたため、移動日に直撃することはありませんでしたが、
その余波のためちょっとぐずついた天気でした。

2008_09220002.jpg2008_09220003.jpg
北陸道の尼御前SA。コーヒーなどを一杯飲んで一息つきます。
この時点ではまだまだ雲が多いです。

2008_09220005.jpg2008_09220007.jpg
福井の南条SA。ここへ来る途中にやや雨がぱらつきました。

2008_09220009.jpg2008_09220010.jpg2008_09220011.jpg
賤ヶ岳SA。おいしそうな団子などが並んでいます。
ここくらいから、段々と雲が減ってきて天候がよくなってきます。

2008_09220013.jpg2008_09220014.jpg2008_09220012.jpg
滋賀の菩提寺SA。この時点で11:30でしたが、早めに昼食をとることにしました。
お勧めにビーフカレーがあったので、さほど期待せずに頼んだのですが、割と辛めで結構いけました。
このあと、京都、大阪を一気にパスします。

2008_09220015.jpg2008_09220016.jpg2008_09220017.jpg
兵庫の西宮名塩SA。食事の後でちょっと眠くなってきたので、オロナミンCを補給。
このあたりに来ると、ほとんど快晴の状態です。
(むしろ暑くて、曇って欲しいくらい)
このあと、写真は撮っていませんが、眠気に襲われたので権現湖PAで10~20分ほど仮眠。
すっきりしたところで、再度車を走らせます。
行きは、岡山経由の瀬戸大橋を使うルートを利用しました。
(カーナビで検索したら、それが推奨ルートだった)

2008_09220020.jpg2008_09220021.jpg
岡山の鴻之池PA。車のガソリン切れランプが光ったので、ここで給油しようと思ったら、ガソリンスタンドが閉鎖されていました。
いやー、焦ったの何のって。
目的地の坂出がここから十数kmだったの、タンクの残量分で何とかそこまではいけるとあたりをつけ、
とりあえず車をスタートさせました。

2008_09220024.jpg2008_09220026.jpg
与島SA。ここは瀬戸大橋の途中の島のSAです。
瀬戸大橋自体は最高で194mありますが(多分脚立の構造物の高さで、道路部分は60mくらいだと思いますが)、
SAはほぼ海面くらいですので、その標高差をらせん状の道路でグルグル回っていくことになりますが、
これが結構怖い。高速で100Kmオーバーですっ飛ばしている状態から、一転、外の様子が丸見えの
らせん状の坂道を数十Kmで走るわけですから、感覚のズレから冷や汗ものです。

2008_09220027.jpg2008_09220028.jpg2008_09220030.jpg
こちらは完全に快晴の状態で、観光客がちらほらといました。太陽の反射で海がキラキラと光って
とてもまぶしかったです。

2008_09220031.jpg
四国の多度津町に到着。港町なのであちこちに港や用水路がありました。

2008_09220032.jpg2008_09220035.jpg2008_09220037.jpg
受験会場の下見を兼ねて、本山を見に行きました。
さすがに前日では誰もおらず、私と同じように本山の様子を見に来た人が3~4人いただけでした。
ただ、帰り際、錬成道場の方から建物全体に響き渡る気合いが聞こえてきて、
 「ああ、本山なんだな」
と思いました。

2008_09220039.jpg2008_09220040.jpg
こちらが今回止まったホテル。本山から10Kmくらい離れた善通寺市のビジネスホテル。
値段は相応の設備でしたが、なかなか快適でした。

この日は、ホテルのPCからブログに書き込みをした後、学科の勉強と四段までの技の再確認を行って、そうそうに休みました。

この話題、続きます。






いま香川に着きました
善通寺のホテルのPCから更新してます。
(関係ありませんが、このPC、OSがWindows98です。動いている98なんて久しぶりに見た)
香川は台風の影響はほとんどなかったそうで、北陸からの道中もおおむね晴れか曇り空が広がっていました。
いよいよ明日は本山での昇段試験です。今日は学科の勉強をして、ゆっくり休む予定です。


昇段試験受けに行きます。
今週末に四段の試験を受けに行きます。
四段以上は、香川県の多度津にある本山に受験に行かなくてはいけません。
受験料も、交通費も、事前に提出宿題の難易度も、当日の学科も、覚えなくてはいけない技の種類も
段違いです。
しかし、目下の一番の心配事は、今週末台風が直撃することです。
何とかそれてくれないかなー。


出稽古
四段の昇段試験が近いため、ここ最近出稽古に出かけています。

高段者になると同じ道場に練習相手が少なくなり、なかなか思うような練習ができません。
特に指導する立場に立つと、後輩の面倒をどうやってみるのかという問題があり、
なかなか自分の練習に専念できません。
自分が出稽古に行っている道場に、自分以外にも昇段試験のために出稽古に来ている人がいて、
『どこも事情は同じなんですね』
とお互いに笑っていました。

時として、残酷な結果が。
2008_09070002.jpg2008_09070004.jpg
日曜日もがんばっていたんですけどね。残念ながら昇段試験は全員不合格でした。

少林寺拳法の昇級試験は、割と甘いところがあるので、全くできていない子はともかくとして
多少できの悪い子は合格とする場合が多いのです。

しかし、黒帯ともなるとそのハードルは高くなります。
今回の場合、緊張していたせいか元気がなかったのと、技が不正確なところ(ちゃんと覚えていない?)ところが散見されました。
失敗は成功の元です。なーに、たかが少林寺拳法の昇段試験です。落ちて死ぬわけではありません。
いくらでもやり直しが効きます。3人にはこれを糧に次の試験に頑張ってほしいところです。



北の拳士たち
動画共有サイトYOUTUBEで見つけた、少林寺拳法モスクワ支部の練習風景です。
みんな結構いい動きをしています。

白帯のクラスで上受投や押閂投をしている人がいて驚きです(どちらも有段の技)。
平均身長180Cmの巨漢達が少林寺拳法の技を駆使しているのを見ると、日本の拳士としても負けていられません。
尻に火が付く
昇段試験が近い人がいっぱいいます。

2008_09030004.jpg2008_09030006.jpg
2008_09030008.jpg2008_09030009.jpg

中学生に上がると、少林寺拳法の分類では一般部となります。
昇段試験は、少年部(小学生以下)が受験する場合と一般部が受験する場合では
技の数や内容が段違いに難しくなります(昇段試験だけに)。

割りを食うのが、少年部で1級まで受験して、中学生になってから初段の受験する子です。
何しろ、一般部の初段は、当然一般部の3~1級の技を習得していることを前提にしていますが、
少年部ではやらない技も含まれているため、まずそこからやり直す必要があります。
そういうハンデを背負った上での受験となりますが、さてどうなりますか?

などと他人事のように言っていますが・・・
2008_09030010.jpg2008_09030019.jpg2008_09030024.jpg
我々一般部の黒帯も尻に火が付いています。
と言っても、今月昇段試験のある私だけなのですが。
(ピンボケが多いのは、中学生に写真を撮ってもらったためなので、そのあたりはご容赦ください)

何しろ、覚えていなくてはならない技の数が軽く3ケタ台に達するので、技ができるかどうかよりも、
言われた技の名前がわかるかどうかが重要になってきます。
2008_09030027.jpg2008_09030028.jpg

はてさて、こちらもどうなりますやら。





プロフィール

なかの

Author:なかの
石川辰口道院 正拳士四段。
縁あって本道院で子供達の世話をさせて貰っています。

ブログ内検索

近々の予定

11月の予定
   1日 全国大会
 8~9日 合宿
14~15日 中高生新人大会
  30日 キンボール大会、昇級試験
12月の予定
   7日 武専
  21日 納会・忘年会
  27日 年末休み
  31日 年末休み

星が見える名言集100

過去のお勧め記事



月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

アクセスカウンタです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。