物見山れんらくぼ
少林寺拳法 石川辰口道院関係者の交流用のブログです。 写真の掲載や記事の内容に問題がある場合は、メールフォームより連絡を下さい。
12 | 2009/01 | 02
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・ドッヂビーの大会
孫子に
「敵を知り己を知れば百戦危うからず」
という言葉がありますが、それに従ってドッチビーの対策を一般部で練ってみました。

2009_01280016.jpg
こちらがドッチビーの公式フライングディスク。
(隣はサイズ比較のための携帯電話)
通常のフリスビーと違い、人に当てることが前提のため、ビニールなどの柔らかい素材で
作られています。そのため、安全に人を狙うことができます。
(前回のは顔に当たるとやばそうな硬度でした)

2009_01280011.jpg2009_01280013.jpg2009_01280014.jpg
色々と投げ方を試しているところ。

以下のようなコツがあることが判明しました。
 ・力まない
  →力むと飛んでもない方向にいって、全くコントロールが効きません
 ・手首のスナップを効かせる 
  →回転が多い方が安定して飛ぶようです
 ・ディスクを離す瞬間の手の向きは目標に向ける
  →フォロースルーが大き過ぎると目標から逸れてしまいます。
 ・腰の高さで構えて、離す瞬間も高さを変えない
  →投げるときに手が上の方に行くと、ディスクの軌道が斜め上に上がる形になってしまいます。
    投げるときは手を離す瞬間まで水平を保つこと

というわけで、土曜日は少年部でこのディスクを試してみる予定です。
スポンサーサイト

ドッヂビーの大会
ドッヂビーって知ってますか?

来月2月15日(日)に、能美市の教育委員会と体育指導委員会の主催でドッヂビーの大会が開催されます。
この大会は、能美市のスポーツ団体や学校単位で募集があり、石川辰口道院も出場します。

2009_01240015.jpg
昨日配った案内状。
スケジュールなどはこちらに記載されています。

そもそもドッヂビーとは、ドッヂボール + フリスビーなスポーツで、ボールの代わりにフリスビーで
ドッヂボールを行う競技だそうです。
(ドッヂビーの公式ページはこちら

で、和田拳士にフリスビー(フライングディスク)を持ってきてもらって、実際にやってみました。

2009_01240017.jpg
今回使ったフリスビー。
A4程度のサイズのビニール製です。大人の私から見ると少し小さいですが、子供たちにはちょうどいいサイズです。
ただ、このフリスビーはドッヂビー用ではないために結構固い素材で、怪我こそしないとは思いますが、
当たりどころが悪いと(例えば顔)随分と痛そうです。

2009_01240002.jpg2009_01240006.jpg2009_01240009.jpg
実際に2チームに分かれてドッチビーのゲームをやってみました。
私も参加した(させられた)のですが、これが結構おもしろいです。
 ・ボールのようにまっすぐ飛ばないので、なかなか人に当てることができない
 ・力むと大きくカーブを描いたり、どんでもない軌道を描く
  (へたをすると、元の場所に戻ってきます)
 ・とれそうな軌道で飛んで来ても、フリスビー特有の独特の浮遊するような飛び方をするので、
  なかなかキャッチできない

まずは、コントロールをつけないと味方にパスすらできない有様でした。
というわけで、しばらくは少林寺拳法の練習の合間に、ドッヂビーの練習も入る模様です。


新年互礼会に行ってきました
1月18日(日)、今年の最初の石川県の少林寺拳法の公式行事として、新年互礼会に行ってきました。

今年の会場は、金沢駅の前にあるホテル金沢でした。

2009_01180002.jpg
こちらが入口。開店して間もないため、ホールなどがきれいです。

2009_01180003.jpg
大型液晶ビジョンに表示される宴会の張り紙。未来的なガジェットを使って、伝統的な宴会の
表示を行うミスマッチ感がおもしろいです。

2009_01180004.jpg2009_01180005.jpg
ホールの様子。石川県各地の道院から拳士が集まっています。

2009_01180006.jpg2009_01180007.jpg2009_01180008.jpg
こちらが本日のお料理。なかなか豪勢 & ボリュームたっぷりで力が入っています。

2009_01180011.jpg2009_01180017.jpg
まずは模範演武。
演台が狭いので、別な意味でハラハラしながら見ていました。

2009_01180023.jpg
理事長(高倉先生)挨拶。

2009_01180026.jpg
中村勲副会長挨拶。見るたびに、パワフルな方です。

2009_01180027.jpg
来賓の方々。

2009_01180031.jpg
米沢寛振興会会長。連絡ミスで、演台でいきなり挨拶を振られて少し慌てられていましたが、
即座にウィットの効いた挨拶をされるところはさすがでした。

この後乾杯。
(撮影のミスでいい写真がありませんでした)

2009_01180034.jpg2009_01180035.jpg
食って食って食って。
武道系の人間が集まっていますので、みんなものすごい勢いで食べていました。
(30分持ったのか?)
とはいえ、さすがはホテル金沢、食べきれず少しは料理が残っています。


2009_01180036.jpg2009_01180042.jpg2009_01180043.jpg
2009_01180045.jpg2009_01180046.jpg2009_01180048.jpg
石川県の県連の役員や、各ブロック長の挨拶。
ま、このあたりにくると、皆酔いが回ってますので、誰ひとりまともに話を聞いちゃいません。

2009_01180053.jpg
みんなで少林寺拳法のテーマ曲を歌うことになり、無理やり演台に集められた加賀ブロックの拳士たち。
これは罰ゲームですか?



互例会はここで終了し、各拳士は三々五々にそれぞれ二次会や帰宅の途につきました。
我々石川辰口道院は、二次会として大家拳士が経営しているバーの「CIROL」へ移動しました。

2009_01180057.jpg2009_01180058.jpg
昨年に場所を移って(店名は一緒ですが)、今は金劇パシオンの裏の通りにあります。

2009_01180059.jpg
こちらがカキのオイル漬け(だっけ?)。
好評なのですが、私はカキがが苦手なのでちょっと遠慮しました。

2009_01180060.jpg
何故バーにおでんがあるのかは突っ込んではいけません。
大家拳士曰く、
 「おでん、好評なんですけど、その代りうちの売りのパスタの売り上げが減るんですよね」
さもありなん。

こちらでは身内だけということで、ここではとても書けない内容の話、もとい、とても楽しい話で盛り上がりました。


寒い時の練習
前回の練習で、2月、3月の練習予定表が配られました。
各位、スケジュールをご確認ください。


さて、冬場は寒さが厳しいため説明よりも体を動かすことを最優先に練習が進められます。
2009_01170012.jpg
こんな感じで、全員で腕立て伏せや腹筋をします。

2009_01170017.jpg2009_01170021.jpg
この日は、お互いにミットを構えてミット蹴りを行いました。
突蹴というものは、当てることで相手にダメージを与える技なんですが、大人と違って子供同士で
突や蹴をさせると泣いたり、喧嘩になったり、怪我をしてしまいます。
ということで、このような器具を使って実際に当てる感覚を養います。

2009_01170019.jpg2009_01170020.jpg
まるで連続写真のようになっていますが、こんな感じで蹴をミットに当てます。
サッカーをやっている子はさすがに蹴がうまく、割と高い位置でも楽々と当てています。
ただ、相手にダメージを与えることを目的とした「蹴」と、ボールを遠くへ飛ばすことを目的とした
サッカーの「キック」では、その蹴り方に微妙な差があるため、ちょっと矯正が必要になります。

そんなこんなで、昨日はずっとミット蹴りを行っていました。


おまけ

2009_01170003.jpg2009_01170002.jpg
玉城先生が、沖縄土産のちんすこうを持ってきてくれました。
みんなでおいしく頂きました。

スポーツ指導者の認定資格が届きました
一昨年の11月に行われましたスポーツ指導者講習会の認定状が、今日届きました。
(講習会の様子はこちら
2009_01160001.jpg

封筒を小さい郵便受けに無理やり突っ込まれたせいで、認定証が折れ曲がってます(泣)。

スポーツ指導者とは、文部省が進めるスポーツ振興策の一つとして、地域のスポーツクラブの整備に
力をいれていて、その一環として指導者の育成を行っています。
講習会自体は一昨年で、去年合格の通知が来たのですが、その時点でスポーツ少年団に
登録を行っていなかったため、次年度に持ち越しとなりました。
それが本日届いたわけです。

・・・さすがに1年以上経つと、講習の内容をちょっと忘れかけてます。


初稽古
石川辰口道院の、今年の初稽古が行われました。
(練習内容はいつもと同じなんですが)
練習風景を写真で紹介しようと思っていたのですが、デジカメを持っていくのを忘れてしまい、
本日は文章のみです。
去年から帯の色が変わった子、全国大会に参加した子、新たな道に進んだ子、様々です。
どんな内容であれ、今年も新たな経験を積み更なる飛躍を目指しましょう。


ネタがありません。
例年であれば勝手に自主練習をしているのですが、今年は仕事が忙しかったり、
体育館がワックスがけで使えなかったりと、いろいろな理由が重なって寒稽古以来
練習していません。
(おかげで太っちゃって太っちゃって)
今週はきちんと練習したいと思います。

福井で寒稽古
明けましておめでとうございます。
1月も3日になって今さらではありますが、本年もよろしくお願いいたします。

さて正月というと、日本では古来から寝正月と相場は決まっていますが、世の中には酔狂な人が
いるもので、新春早々海で寒稽古をしようなんてことを思いつく人がいます。
変わりものはどこにでもいるもので、そんな稽古にわざわざ参加しようという人間がいました。
2009_01020041.jpg

まあ、私らなんですが。

縁あって、福井県の清明道院の方から、そちらの道院で恒例の寒稽古に参加しませんかとお誘いを受けました。
こちらの道院では恒例行事で、我々も何度か参加しています。
こちら

1月2日に、福井の鷹巣海岸に集合ということで、当道院から中野・廣瀬・寺内の3名で車に乗り合わせ、
現地に馳せ参じました。

2009_01020002.jpg2009_01020004.jpg
・・・典型的な冬の日本海です。

・・・天気予報によると、波の高さ4mだそうです。


・・・高速道路の風の向きを示すコイノボリが水平にはためいていました。


・・・

俺たちに死ねってのか!!!

そんな我々の心の叫びも虚しく、寒稽古は実施されました。

2009_01020003.jpg
暖をとるための焚火の準備をしているところ。この時点ではみんな余裕しゃくしゃくです。
(そりゃそーだ。)

2009_01020009.jpg2009_01020011.jpg2009_01020013.jpg
まずは、準備運動。寒さでカチコチに固まった筋肉では怪我をしてしまいますので、十分に体を動かして
体を温めています。
(動くそばから突風で体温が奪われていくため、無意味な気がせんでもないですが)
ちなみに、写真場所は駐車場ですが、アスファルトが「痛い」 & 「冷たい」でこの時点で足の裏の感覚がなくなっています。

2009_01020017.jpg
みんなで砂浜をランニング。
ランニング中の廣瀬拳士との会話。
 「夏だったら『青春』って感じなんですけどね・・・」
 「この状況だと『拷問』って感じですね・・・」

2009_01020019.jpg
全員で整列して、鎮魂行。吹きっ曝しの中での鎮魂行は体が冷えて死ぬかと思いました。

2009_01020021.jpg
全員で並んでの基本練習。
このあたりはまだふっきれておらず「寒いなー」というのが表情に出ています。

2009_01020027.jpg
10本突くたびに後退させられて、いつの間にやら海の中へ。
でも、これくらいの気温になるとむしろ海の中の方が温かいのです。
背景の波の高さが尋常でないのは気にしないでください。

2009_01020029.jpg
波しぶきをうけたところ。
すごい勢いで叩きつけられて、軒並み倒れています。
しかも、何人かが引き波にさらわれて沖合に流されそうになり、近くの拳士が合わせてて引っ張っていました。
これくらいになると、みんなふっきれて怖いものなし状態になっています。

2009_01020031.jpg2009_01020033.jpg
波打ち際での練習。
波に運ばれてきた砂が道着の中でこすれて痛くてたまりません。
おまけに、砂や波で足がとられて思うように動けず、かなり大変な練習となりました。

2009_01020036.jpg
海から上がってくるところ。
結局この日は少年部の拳士が20名程度、一般部の拳士が30名程度での練習となりました。
例年は稽古の最後に感謝の意味で、清明道院の玉村道院長を
みんなで海に放りこんでいたのですが、冗談抜きで波が高かったため、今年は海に向かってあいさつして
お開きとなりました。

清明道院の方にお聞きしたところ、寒稽古でつらくなる原因は
 「気温が低い」
 「雨や雪が降る」
 「風が強い」
 「波が高い」

だそうなのですが、全部の条件がそろったのは久しぶりだそうです。
この後は、こちらも例年通りスカットランド九頭竜という温泉施設にみんなで移動して温泉につかり、
体を温めました。

2009_01020040.jpg
最後に、焚火の前でポーズ。
風が強くて火がよく燃えていました。おかげで、カップラーメン用にお湯を沸かすために焚火の上にセットしていた
鍋が火に包まれてとりだせず、煤で真っ黒になっていました。


そんなこんなの過酷な寒稽古の記事でした。




プロフィール

なかの

Author:なかの
石川辰口道院 正拳士四段。
縁あって本道院で子供達の世話をさせて貰っています。

ブログ内検索

近々の予定

11月の予定
   1日 全国大会
 8~9日 合宿
14~15日 中高生新人大会
  30日 キンボール大会、昇級試験
12月の予定
   7日 武専
  21日 納会・忘年会
  27日 年末休み
  31日 年末休み

星が見える名言集100

過去のお勧め記事



月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

アクセスカウンタです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。