物見山れんらくぼ
少林寺拳法 石川辰口道院関係者の交流用のブログです。 写真の掲載や記事の内容に問題がある場合は、メールフォームより連絡を下さい。
02 | 2009/03 | 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会への旅立ち
土曜日の練習に、石川辰口道院出身の寺田拳士が遊びに来ていました。
寺田拳士は名古屋大学に進学し、そちらの少林寺拳法部でも活躍していました。
今年卒業し、この4月から社会人となります。

勤務地がどこになるのかはまだわからないそうですが、とりあえずは関東で新人教育を受けるそうです。
この空前の不況で大変だとは思いますが、仕事に少林寺に頑張ってほしいと思います。



スポンサーサイト

私にはよくわからない理屈
拳法なんてものをやってますと、ついつい
 「危険なシチュエーションに対してどうやって身を守るか?」
ということをを考えてしまいます。
(まあ、普通の人でも多かれ少なかれ考えると思いますが)

さて、巷で大騒ぎになっている北朝鮮のロケット打ち上げ問題で、
日本政府が迎撃(日本領土に本体やブースターなどが落下してきたらこれを攻撃する)の決定について、
この方はこんな批判をしています。

社民党福島党首の批判
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090326-00000562-san-pol
「迎撃ミサイルが目標に当たったら残骸(ざんがい)が落ちる。
 当たらなくともミサイルは向こう(国外)へ行ってしまう。
 国内外の市民に被害はないといえるのか」


例えば、自分が公園にいたら、二人の人が自分をはさむように向かい合って、自分の頭越しに
キャッチボールを始めたとします。
まあ、普通は危ないですから、その二人に「止めてくれないか」と文句を言いますね。

そしたら、その二人は
 「自分たちはキャッチボールをしているだけだ。君に当てるつもりはない。」
 「君は私達がキャッチボールする権利を否定する気か?」

とか言いだすわけですよ。

その場から離れられればいいですが、それができなかったとしたら、普通は自分にボールが当たらないように
バックを盾にするとかしますよね。
もし気が短い人だったら「ふざけんな!!」とか怒り出すこともあるでしょう。

今回の政府の決定は、
 「頭上を越えていくボールには何もしないけど、
 自分に当たりそうになったら避けたり、バッグで身を守るよ」

という、ある意味実に寛容な決定なわけですよ。

ところが、福島党首は
「バックで遮っても怪我するときは怪我するから無駄」
「向こうの人は当てないと言っているのだから、それを信じて何もする必要はない」


と仰っているわけですな。
(少なくとも、私はそう理解しましたが)

「ボールが直撃したらどんなことになるのかわかっているのか?」
とか
「その二人が(国際)社会的にも技術的にも信用できない人なんですが?」
とか色々な質問が私の頭を駆け巡っているのですが、さて、皆さんはどうですか?



ナイスな写真は撮りにくい
昇級試験の時に緊張しないように、試験前はみんなの前で練習の成果を発表します。
こちらとしても、そういうときにカッコいい写真を撮ってあげたいのですが、練習をさぼっていて
遊んでいたりすると、練習不足で何をすればいいのかわからなくなり途方に暮れてしまう子がいます。
これではどれだけこちらが気合いを入れてもカッコいい写真が撮れません。

また、ちゃんとできている子でも、写真のタイミングどうしても合わずにおかしなポーズばかりに
なってしまう子もいます。いい写真を撮るのは実に難しいです。

2009_03210004.jpg2009_03210005.jpg
これ写真だと、手前のペアは蹴を蹴るときに両手の構えが無防備な状態になっていて、
少林寺拳法的にはあまり良い例とは言えません。当人も言えば出来るのですが、
しばらくすると忘れてしまい、また構えが下がってしまいます。なかなか頭の痛い問題です。

2009_03210008.jpg2009_03210011.jpg
高学年になると、何となく異性というものを意識してくることが多く、お互いに遠慮がちになってしまいます。
そうすると、技をかける方もかけられる方も勢いがなくなり、何となくやる気がないように見えてしまいます。
これもまた難しい問題です。

2009_03210012.jpg
旅行に出かけてお土産を持ってきてくれたのでみんなからお礼を言われています。
しかし、当人は恥ずかしいのか、仏頂面です。おかげでカッコいい写真が撮れません。
困ったもんです。

2009_03210014.jpg2009_03210015.jpg
で、そのお土産に群がる少年拳士たち。
ちゃんと列を作ってお土産を貰っているあたりは、躾の良さを感じます。
(まあ、高倉先生が目の前に控えていては行儀の悪い事はなかなかできないでしょうが)

そういうわけで、良い写真を撮るのは難しいという話でした。
そう、決してカメラマンの腕が悪いわけではありません。そのあたりをお間違えなきように。
(↑言い訳?)
4月の昇級試験
4月に行われる昇級試験が近いため、そろそろ練習がヒートアップしています。

2009_03180001.jpg2009_03180005.jpg
3級以上の試験では組演武という試験科目があり、技の組み合わせを覚えなくてはいけません。
これに結構苦労する拳士が多いです。

2009_03180007.jpg2009_03180008.jpg2009_03180014.jpg

みんなの前での組演武。
さて、4月までにちゃんと覚えきれるでしょうか?





予定表更新しました。
ブログ右側にある予定表欄に、4,5月の予定を更新しました。
4月の昇級試験は大勢が受験します。申込用紙や宿題などの提出を忘れないようにお願いします。

3級:
 高野、山下、中島、松崎、堀田
2級:
 伊藤、水永、竹村、村田、洞
1級:
 山本


遠方より来る仲間
本道院出身で、今は神戸に住んでいる山田兄弟が週末に遊びに来ていました。
山田兄弟は、昨年の納会にも駆け付けてくれています。

2009_03140116.jpg
なぜか、松尾拳士も一緒に紹介されています。

2009_03140117.jpg2009_03140118.jpg
練習後の一八にて。
小学生の頃から知っているのですが、段々会話の内容が子供から一人前の大人へとレベルが上がっていくのを感じると、
なんだか不思議な感じがします。


日々の出来事
他の人には何ということのない日でも、当人にとっては特別なことというのは結構あります。

2009_03140112.jpg2009_03140114.jpg
例えば、鎮魂行の主座を務めるということも、他の人にとっては単なる鎮魂行ですが、
主座と務める当人にとっては緊張の行事です。

2009_03140115.jpg
昇級試験の合格証書も、受験していない人には全然無関係な話ですが、合格した当人にとっては
特別なイベントとなります。

何でもない日常というのは、実は他の人にとっては特別なイベントの日になっているかもしません。
そう考えると、一日一日を大切に生きようという気になってきます。


遠方よりの帰還
少林寺拳法の道院運営の悩みの一つに、中学生以上の拳士の定着率の低さがあります。
これは、中学校以上になると部活などが始まり、そちらに時間がとられて練習に来られなくなり、
結果的に辞めてしまう子が多いことです。

まあ、親に言われて始めた拳士もいますので、自分の本当にやりたいことが見つかったのであれば
「発展的解消」ということで喜ぶべきことなのですが、当人に少林寺拳法をやる気があるのにも関わらず、
学校の方針で必ず部活に所属しなくてはいけないために来られないとなると、道院を運営する側としては
なかなか割り切れないものがあります。

そんな中で、中高と一貫して少林寺拳法に燃えていた松尾拳士が、当道院に復帰することになりました。

2009_03110001.jpg2009_03110010.jpg
松尾拳士は、小松高校から医者を目指して現在大学で勉強中です。いろいろな事情で
なかなか道院に来られなかったのですが、やっと都合がついて練習に参加することになりました。
明るいムードメーカが戻ってきたおかげで、また当道院も活気づきそうです。

おまけ

2009_03110008.jpg2009_03110009.jpg
寺内拳士との華麗な空中戦(笑)。


小ネタ
先日誕生日だった廣瀬拳士が頂いていた、額面一億円(笑)のプレゼント。

2009_03070009.jpg

相当でかいですが、食べきるのにどれくらいかかるのでしょうか?


スポーツ保険お忘れなく
練習に来れない日にお知らせがあったので、スポーツ保険の案内用紙自体貰っていない拳士もいますが、
お支払をお忘れなく。

2009_03070007.jpg2009_03070008.jpg


危険なものを見てしまいました・・・
こちらの記事。
もし道場の子供たちが一緒にいるときにこんなのが歩いていたら、問答無用で蹴を入れていると思います。人間として。
有言不実
ネタ切れを何とかすると言いながら、相変わらずネタ切れ状態が継続中です。
しかも、風邪でダウンして今日は練習にも行けません。

何とかネタを捻り出しますんで、生暖かい目で見守っていてください。


スポーツ保険入会のお知らせ
いよいよ3月となり、2008年度も終わりを告げます。

前回の練習では、スポーツ保険の入会のお知らせが配られました。
スポーツ保険とは、スポーツ安全協会が提供する保険で、スポーツ活動を行う団体を対象とした保険です。
詳細は、拳士たちに配られた「入会のお知らせ」に記載がありますが、
2008年度の保険が3月31日で切れますので、2009年度分の保険に入会する必要があります。

2009_02280002.jpg2009_02280003.jpg
説明を行う高倉先生。
でも、子供たちはあまりピンときていないようです。

体を動かすスポーツには怪我が付き物です。特に少林寺拳法の場合は、護身術として
相手にダメージを与える技術を練習していますから、更に危険が高くなります。
まあ、実際はちゃんと指導者の指示に従って練習していれば、滅多に怪我などしないのですが、
時として、こちらの指示に従わず突拍子もない行動をとるのが子供ですから、
指導者としては冷や冷やさせられます。

というわけで、3月18日(水)までに、申し込みの用紙と掛け金(中学生以下:600円 高校生以上:1,600円)を
提出してください。
よろしくお願いします。




プロフィール

なかの

Author:なかの
石川辰口道院 正拳士四段。
縁あって本道院で子供達の世話をさせて貰っています。

ブログ内検索

近々の予定

11月の予定
   1日 全国大会
 8~9日 合宿
14~15日 中高生新人大会
  30日 キンボール大会、昇級試験
12月の予定
   7日 武専
  21日 納会・忘年会
  27日 年末休み
  31日 年末休み

星が見える名言集100

過去のお勧め記事



月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

アクセスカウンタです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。