物見山れんらくぼ
少林寺拳法 石川辰口道院関係者の交流用のブログです。 写真の掲載や記事の内容に問題がある場合は、メールフォームより連絡を下さい。
08 | 2010/09 | 10
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成22年度 地域社会少林寺拳法指導者講習会-2
仕事が忙しくて練習にもいけません。泣けてきます。

さて、講習会二日目です。
と、言っても、真面目に練習してましたので、ほとんど写真撮れていません。

2010_09260006.jpg2010_09260004.jpg
まずは、法話から。
指導者が治める必要のある事柄を丁寧に説明されました。

2010_09260007.jpg2010_09260009.jpg
実技の練習中。
白帯の中尾さんが実験台になっています。

2010_09260011.jpg2010_09260012.jpg
修了式。
武道会主催なので、立派な修了証がもらえます。

2010_09270005.jpg
こんな感じ。

というわけで、二日間の講習が終わりました。
雰囲気的には月一の武専に似ていましたが、何しろ二日みっちりですのでとても疲れました。
それに、説明が覚えきれないので、レジュメが欲しかったところです。

おまけ
2010_09250019.jpg
帰りによった古本屋においてあったガメラのフィギュア(?)。
左に立っている女の人と比べると、その大きさがわかります。
お値段30万円オーバー。価格、大きさともに、なかなかの迫力でした。
スポンサーサイト

平成22年度 地域社会少林寺拳法指導者講習会-閑話休題
指導者講習会の件が、北國新聞に載ってました。

2010_09270003.jpg
ちなみに、写真で蹴を蹴っている人の足でちょうど村田拳士の顔が隠れています(笑)。


平成22年度 地域社会少林寺拳法指導者講習会-1
今週末に、野々市で指導者講習会について行われました。

これは、日本武道館が主催する、各武道団体の指導力向上を目的とした講習会です。
何しろ武道館が主催ですから、ちゃんと修了証までもらえます。
昨年は、本山の山崎校長が来られてかほく市で行われました。
(昨年の様子はこちら

2010_09250001.jpg
会場の野々市町武道館。
周りが住宅地と中学校に囲まれています。

2010_09250003.jpg
会場の剣道場。実際は1Fにある柔道場との2か所で行われました。

2010_09250006.jpg
中央派遣講師、武道館館長、地元講師の先生方。左奥のお二方が中央派遣講師の先生でした。

2010_09250009.jpg
こちらが埼玉の矢島先生。背の高い先生で、寒いギャグを連発して場を和ませました。

2010_09250010.jpg
こちらが福岡の梅野先生。
矢島先生に比べると小柄ですが、技のキレや重さが尋常ではありません。

2010_09250012.jpg
というわけで、練習開始。
今年は練習に専念していましたので、実講習中の写真は殆どありません。ご了承ください。

2010_09250014.jpg
昼食。
道場を汚さないようにブルーシートを引いてご飯を食べています。
この日は、自分のほかに、寺内、村田、寺西、中尾拳士が参加していました。

2010_09250016.jpg2010_09250015.jpg
午後は座学も行いました。
 『無限の可能性を持った指導者』
という題目で、指導者としての心構えについて説明されました。

2010_09250017.jpg
学校の先生ということで、ユーモアを交えながらもポイントを押さえた説明で大変わかりやすかったです。

本日の記事はここまでです。
続きは明日以降にアップします。

9/25(土)の練習はお休みです。
予定表でもお知らせしてありますが、9/25(土)の練習はお休みです。
一般部の人間が自主練習をしているかもしれませんが、
基本的にはお休みですので保護者の方は注意してください。
石川県大会-2
ここ数日、めっきりと寒くなりました。今日などは、前日から10度近く気温が下がったそうです。
皆様、風邪など引かぬようにお気を付けください。

さて、石川県大会の様子です。
2010_09190049.jpg2010_09190050.jpg
こちらは緑帯コンビ。
この二人はなかなか練習時間が合わず、ハラハラさせられました。


2010_09190051.jpg2010_09190053.jpg
こちらは親子演武の部。
4月から参座されている橋本拳士親子です。
親子で仲良く少林寺拳法ができるのはいいことだと思います。

2010_09190058.jpg
お昼休み中。
携帯ゲームに夢中になっています。
そういえば、大会の前日がポ○ットモンスターの最新作の発売日だったそうで、それを持ってきている拳士がいました。

2010_09190063.jpg
阿部拳士が、他の道院の女性拳士と積極的に交流しています。
横のつながりを積極的にもつことは、実に有意義なことだと思います。
横で松蔵拳士と、松蔵拳士を気に入って(女の子同士がよくやるように)べったりと張り付いている小学生拳士の
姿も見えます。

2010_09190064.jpg
本選出場が決まったので、一生懸命練習している少年拳士。
その一生懸命さを、普段の練習でも発揮してくれれば…。

2010_09190066.jpg2010_09190067.jpg
こちらも本選出場組。
注意点を受けて、こちらも練習に励んでいます。

2010_09190070.jpg
昼の部の前に式典が行われます。
こちらは、式典の模範演武を担当される大阪の拳士の方を案内する高倉先生。

2010_09190071.jpg
ずらりと並んでいます。
長々と挨拶や鎮魂行が続きます。

2010_09190076.jpg2010_09190080.jpg
本選待機中の拳士たち。
全体進行に合わせるために、時々長時間待たされることがありました。

2010_09190081.jpg
他の審判の先生と会話中の私。
今審査していた演武について、忌憚のない意見を出し合っています。
道院によって、演武の内容に特色があり、またそれぞれに一長一短があります。
このコートの審判は、石川辰口の演武の内容については高評価でした。

2010_09190083.jpg
男子一般の単演の部。
今年は松尾拳士が忙しくて出場できないため(医学部は殺人的な忙しさだそうです)、寺内拳士が単演の部で一人で
出場しています。
このコートの審判を担当していた私は
 『君の演武は審査しないで100点をつけておくから、100点に採点される演武をしておくように』
と激励(プレッシャー?)をかけておきました。
その効果がどのくらい現れたかは当人のみぞ知る、という感じです。

2010_09190090.jpg
緑帯の拳士の本選。
客観的に見て、最優秀をとれる可能性は高いと思いました。
実際にとれるかどうかは、本人たちの集中力と時の運次第でしたが、この二人は最高の集中力を発揮し、
うまく運勢をつかんだようです。

2010_09190093.jpg2010_09190095.jpg2010_09190096.jpg
こちらは、女子一般の部。
こちらのペアも夏以降に組まれて、実質的な練習時間は2週間程度だったようです。
横で練習を見ていると、比較的ややこしい構成のものものありましたが、本番ではいかんなく実力を発揮したようです。

2010_09190097.jpg2010_09190098.jpg
表彰式。
衆議院議員の馳先生がプレゼンター(?)でした。
審判席からだと逆光最初は気が付かなくて、
 『教育委員会の人かな? ずいぶんごっついなー』
と思っていましたが…。

2010_09190100.jpg
こちらは参議院議員の岡田先生が賞状を渡すところ。
高倉先生と比べると背の高さがよくわかります。政界でも屈指の背の高さだそうです。

2010_09190101.jpg
一斉に賞状を手渡し。
賞状を渡す段になって、いきなり
 『審判の先生方、手伝ってください』
と言われて、ちょっと慌てました。
ま、どの先生も経験(大会運営)が豊富なので、みんな自分がやるべきことをすぐに察して迅速に動きましたが。

2010_09190102_20100920210913.jpg
最後に記念撮影。

先にも書きましたが、今年は最優秀を2組も輩出することができました。
来年もこれ以上の結果が欲しいですね。





石川県大会(閑話休題)
月曜日の北国新聞の朝刊に、石川県大会の記事がありました。

2010_09200001.jpg
あの会場で400人参加してたんですか。
もっと少ないかと思ってました。
石川県大会-1
先日行われました石川県大会の様子をお伝えします。

2010_09190001.jpg
当日は多少雲が出ていましたが、おおむね良い天気でした。
夏場の大会は気温が上昇する上に、野々市の会場はエアコンが効かないということで、熱中症が心配されましたが、
幸いこの日はそれほど気温も上がらず(何といっても既に9月の下旬です)、過ごしやすい一日でした。

2010_09190002.jpg2010_09190003.jpg
8時ごろの様子。
まだ閑散としていますが、既に到着している少年拳士もちらほらと。
でも、みんな一様に眠そうな顔をしています。

2010_09190004.jpg2010_09190007.jpg
さっそくウォーミングアップ中。
普段おちゃらけている拳士も、さすがに本番が近付くと必死になります。
(まあ、当日朝のウォーミングアップで必死になっても『手遅れ』なわけではありますが、何もしないよりはマシでしょう)

こういう時に遅れて到着する拳士がいるのは定番なのですが、あまりに遅いので保護者の方にTELしてみると、
 「保護者の方が大会自体があるのを知らなかった」
というサプライズがあったのは秘密です。

2010_09190009.jpg2010_09190010.jpg2010_09190011.jpg
朝の開会式。
私は審判席に座ったのであまり写真が撮れませんが、みんな神妙な顔で整列しています。
開会式終了後は、さっそく競技開始です。

2010_09190015.jpg2010_09190017.jpg
トップバッターは少年団体演武、Aチーム。
演武はともかく、出場前の順番待ちなどの勝手がわからず、右往左往しています。

2010_09190019.jpg
いったん始まってしまえば、いつも道院で練習している内容ですから、みんな吹っ切れています。

2010_09190022.jpg
こちらは、少年団体演武、Bチーム。
何故かみんなニコニコ笑っています。緊張からなのか、それとも出番の直前に何かおかしなことでもあったのか?

2010_09190024.jpg2010_09190026.jpg
こちらは学年が上で、白帯と緑帯の混成チームとなっています。

2010_09190027.jpg
ちなみに、コート全体はこんな感じ。
真ん中に主審の先生がいて、四方に副審の先生が採点を行っています。

2010_09190030.jpg
無事演武を終えました。
『一仕事終わった』というような顔をしていますが、結手ができていない拳士がいるのは感心しませんね。
いつでも結手構はちゃんとしましょう。

2010_09190031.jpg
こちらは茶帯の組演武の出番待ち。
茶帯の少年拳士は人数が多いため、コートが二つに分かれて行われます。
各種目の中で、最多の参加拳士数となるため、県大会きっての激戦種目となります。

2010_09190033.jpg2010_09190035.jpg
こちらはトップバッター。
諸般の事情で、8月ごろに急きょ組まれた即席コンビですが、息の合ったところを見せてくれます。

2010_09190037.jpg
こちらは昨年も予選を突破した機体のコンビ。気合の大きさは当道院でも随一です。

2010_09190040.jpg
一方、その頃、私は隣のコートで採点中。
参加人数が多いと気を抜く暇がなくて大変です。

2010_09190041.jpg2010_09190042.jpg
何故か照れたような顔をしている高低コンビ。演武をやりきれたでしょうか?

2010_09190047.jpg
人数の都合で一人の拳士が二回参加しています。
丸顔の彼は、普段はおっとりしているところがありますが、この場ではどんな感じだったのでしょうか?

2010_09190043.jpg
こちらは緑帯の拳士たち。
緊張して挙動不審になる男の子と違って、いざという時の女の子たちの肚の座り具合は驚くものがあります。

ちなみにこのコートの採点を担当してました。道院で指導するときと採点するときの視点が違うので、
新鮮なものを感じました。

というわけで、本日はここまでです。
次回は明日以降にアップします。


石川県大会-速報
本日、無事石川県大会が開催されました。

気温的にも比較的過ごしやすい日で、今年の記録的な猛暑も回避できました。
当道院は、諸般の事情により8月は休みが多いというハンデがありましたが、全員元気よく演武をがんばりました。

その甲斐あって、近年にない好結果が出ています。

*自由組演武 一般級拳士の部
 優良賞:寺西・中尾組

*自由組演武 中学生級拳士の部
 敢闘賞:堀田・山下

*自由組演武 一般女子有段の部
 最優秀:阿部・松蔵組

*自由組演武 小学生4級以下 低学年の部
 最優秀:北野・山岸組

*自由組演武 親子の部
 優秀:橋本親子

*団体演武 小学生の部
 優秀:石川辰口B(村上・金谷・山下・石川(蒼)・雲戸・浦出・石川(里)・高)
 優良:石川辰口A(山崎・小山・村田・南・加藤・田中)

*単独演武 中学生有段の部
 優秀:水永(実)

*単独演武 一般男子有段の部
 優良:寺内

『大変よくできました』
といった感じです。

写真などはおいおいアップロードします。

今週は石川県大会
例年と違って、今年は9月に石川県大会が行われます。
大会は9:00に開始ですが、ウォーミングアップなどがありますので、遅くとも8:30には会場に入るようにしてください。

さて、尻に火がついて大会の期日も迫ってきて練習に熱が入ります。
2010_09150001.jpg2010_09150003.jpg
ただ技を行うだけでなく、正確に、気合を込めて、技の攻防を再現する動きが要求されます。

2010_09150004.jpg2010_09150005.jpg2010_09150006.jpg
組演武は双方の息の合った動きが要求されますが、果たしてどこまでできるでしょうか?

2010_09150008.jpg2010_09150009.jpg
大人も大変です。
特に白帯の二人は、なかなかお互いの時間の都合がつかず練習時間が確保できませんでした。
それを乗り越えた上での演武となります。

おまけ
2010_09150010.jpg

おや、誰かが覗いています。



2010_09150011.jpg
増えました!

迎えに来たお母さん同士が話を始めたので、暇つぶしに窓からのぞいていたそうです。

大会一週間前
いつもなら初夏の頃に行われる石川県大会ですが、今年は諸事情により来週行われます。
組演武やら団体演武やら単演など、いろいろなクラスに参加する拳士たちの、それぞれの練習が行われています。

2010_09110003.jpg
まずは普通に準備運動。

2010_09110007.jpg
この日誕生日だった拳士にプレゼントが渡されます。

2010_09110012.jpg2010_09110013.jpg
こちらは白帯の団体演武。
高倉先生にみっちりと仕込まれています。

2010_09110016.jpg2010_09110017.jpg
緑帯の組演武。
技の順番はきっちりと覚えているようです。

2010_09110019.jpg
別に鼻血が出たわけではありません。
よくわかりませんが、何かが笑いの琴線に触れたらしく、演武が続行できなくなるくらい笑っています。
練習中に、特に理由もなく笑いが止まらなくなることが、たまにあります。

2010_09110022.jpg2010_09110024.jpg
茶帯組。
さすがに鋭い動きを見せてくれます。

2010_09110026.jpg
こちらは一般部の白帯2名。
段外の部に出場予定です。大人だと、まず二人揃っての練習時間の確保が課題になります。
さて、この二人はどうなるでしょう?

2010_09110010.jpg2010_09110029.jpg
寺西拳士が、仕事で四国に出張に行ったついでに本山を見学して来たそうで、そのときのお土産を配っています。

おまけ
2010_09110001.jpg
…えーと、何かを試しているみたいですが、何をやっているかよくわかりません。

能美市ジュニアスポーツクラブ親子ふれあい事業-3
残暑が厳しいですが、みなさんいかがお過ごしですか?
さて、先週行われたふれあい事業の様子のラストです。

2010_08290053.jpg
焼いてます、お肉。
油たっぷりの中で猛烈な火力で焼いてます。
火力が強すぎて、お隣の炊事場では鉄板に火が移ってしまい、慌てて火を消してました。

2010_08290060.jpg2010_08290054.jpg
バルーンアート。
私は、このとき焼いたお肉やお野菜の配膳をやってましたが、子供たちはバルーンアートの先生の指導で、
いろいろと作っていたようです。

2010_08290062.jpg
貰ってきた料理を食べていますが、日差しが強くてちょっと顔をしかめています。
来年も参加するなら、もう少し日陰を作ることを考えた方がいいですね。

2010_08290063.jpg
近所を散歩していた犬。
この後手をガブリとやられます(嘘)。
大型犬ですが大人しい犬でした。

2010_08290065.jpg
大分日が傾いてきました。
公園ですので遊ぶ場所は沢山あり、子供たちはそれぞれで鬼ごっこなりなんなりで楽しく遊んでいます。

2010_08290067.jpg
大人たちは一杯ひっかけて親交を深めて、何故か腕相撲が始まりました。
(しかし、高倉先生強すぎです。保護者の方が全然歯が立ちません)

2010_08290070.jpg2010_08290071.jpg2010_08290077.jpg
片づけ中。
テントを立てるときは二人しかいませんでしたが、終了時は人数が沢山いたので、スムーズに片づけが済みました。


とても暑かったですが、子供たちはとても楽しんだ模様です。
(私は暑気あたりというか夏バテのおかげで月曜日は仕事になりませんでしたが)
来年も参加するなら、もうちょっと暑さ対策を施したうえで参加したいです。

能美市ジュニアスポーツクラブ親子ふれあい事業-2
少し間が空いてしまいましたが、先週行われたふれあい事業の様子の続きです。

バーベキューと銘打っていますが、火が使える場所は会場の和多田山の広場はキャンプ場の炊事場所という趣で、
場所としてはかなり狭く、今回参加する親子含めて200名以上が一斉に鉄板の上でバーベキューを行うことは
出来ません。

2010_08290032.jpg
このため、準備担当の人間が黙々と材料を焼き、これを参加者に配膳する方式になっています。
写真は焼きそばを焼いているところですが、炎天下で日を遮るものがなにもないので暑いのなんのって。

2010_08290033.jpg2010_08290035.jpg
一方集合時間が近づいてきたので、参加者も集まりだしてきました。
木陰に集まって談笑中です。

2010_08290036.jpg
余りにも暑いので、空をパチリ。
飛行機も映ってます。

2010_08290040.jpg2010_08290042.jpg
大会運営委員会の人たちの挨拶。
この暑い中、材料の準備から会場の設営に尽力して頂き、頭の下がる思いです。

2010_08290041.jpg
子供たちも集まっています。
微妙に変顔なのは何故?

2010_08290045.jpg2010_08290046.jpg
まずは、和田山のふるさと歴史の広場の敷地内のゴミ拾い。
各スポーツクラブの分担場所へ移動してゴミを探しますが、住人のモラルが高いのか殆ど落ちていません。
(その代わり、タバコの吸い殻はかなり落ちていましが…)

2010_08290047.jpg
全体の集合場所へ戻ると、何かイベントが始まっています。

2010_08290048.jpg2010_08290049.jpg
何やら、バルーンアートの先生を呼んで、バルーンで動物などを作るそうです。

2010_08290050.jpg2010_08290051.jpg2010_08290052.jpg
一方の大人の方は、バーベーキューで食材を焼くのに余念がありません。
子供たちがバルーンアートに夢中になっている間に、200人分の食材を焼いてしまうための、ラストスパート中です。

本日の更新はここまでです。
続きは(余裕があったら)明日行います。



プロフィール

なかの

Author:なかの
石川辰口道院 正拳士四段。
縁あって本道院で子供達の世話をさせて貰っています。

ブログ内検索

近々の予定

11月の予定
   1日 全国大会
 8~9日 合宿
14~15日 中高生新人大会
  30日 キンボール大会、昇級試験
12月の予定
   7日 武専
  21日 納会・忘年会
  27日 年末休み
  31日 年末休み

星が見える名言集100

過去のお勧め記事



月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

アクセスカウンタです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。