物見山れんらくぼ
少林寺拳法 石川辰口道院関係者の交流用のブログです。 写真の掲載や記事の内容に問題がある場合は、メールフォームより連絡を下さい。
02 | 2011/03 | 04
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生日
高倉先生は道院の拳士全員の誕生日に誕生プレゼントを贈る目標を立てていて、
それを忠実に実行しています。

2011_03260011.jpg 2011_03260012.jpg
年齢に関係なくプレゼント中。
私くらいの年齢になると、なかなか気恥ずかしいものもありますけれど、
祝ってもらうことはうれしいですね。

スポンサーサイト

ピカピカ
そろそろ暖かくなってきて、山仕事のシーズンがやってきました。
(とは言え、昨日今日は雪が降るくらい寒さがぶり返しましたが)

2011_03200002.jpg
というわけで、山仕事に使う鉈や鎌を磨いていみました。
シーズンオフに丁寧に磨いて片づけておいたのですが、結構錆が浮いてました。
これで心置きなく竹や枝が切れるってもんです。

謎は解けた?
前回の記事で、道場の黒板に謎の書き込みがあったという話を書きました。
2011_03190001.jpg
↑これ。

西田拳士からのタレコミで、この内容は救命のためのAED講習ではないかとのこと。
「胸毛」と書いてあるのは
『パッドをはるときに胸毛はじゃまなので、剃らないと効果が損なわれるそうですよ。』
だそうです。
確かに他の項目も心臓への電気ショックの邪魔になりそうなものばかりですね。
(ペースメーカーつけてる人に電気ショック与えたらペースメーカーが壊れかねませんし)

ちょっとすっきりしました。
先週の練習
本山から、信徒香資についての取り扱いの延期のお知らせが来てましたね。

少林寺拳法の来年度からのお金の扱いは
 ・信徒会費
 ・信徒香資

の2種類に分かれます。

「信徒会費」は、年に一回支払うものです(分納も可)。
当初3月31日が納入期限になっていましたが、システムの負荷が高すぎたため、今は全国をグループ分けして、
地域ごとに納入する期間を分ける方式をとっている奴です。
こちらは指定された期間のうちに入金を行ってください。


「信徒香資」は、毎月支払うものですが、「信徒会費」でのシステム障害に懲りて、
運用を6月以降に延期することになりました。
従って、4,5月はこれまで通り郵貯の口座からの引き落としになります。
取り扱いにはご注意ください。

# システム開発を生業としている人間から言わせると、開発ベンダーがシステムへの負荷の大きさを
# 見積もり損ねたんでしょうな。
# きっと今頃、負荷対策のチューニングを行うか、サーバ機器の増強を図っていると思いますが。

さて、先週の練習の様子です。

2011_03190002.jpg 2011_03190003.jpg
少年部の緑帯は村田さんに面倒を見てもらいました。
子供たちに振り回されそうになっているところを、何とか制しています。

2011_03190006.jpg 2011_03190007.jpg
こちらは一般部。
それぞれ試験が近いため、皆必死です。

2011_03190005.jpg
少年部の助田拳士がお菓子を持ってきてくれたので、みんなでおいしくいただきました。

2011_03190001.jpg
どこの団体なのかはわかりませんが、黒板に謎の書き込みが…。
おそらく災害時の心得だと思うのですが、「胸毛」ってのは一体何なんでしょうか?

新体制への手続きの話
既にメールをお読みになっているかと思いますが、本山の新体制への移行に遅れが発生している模様です。
もともと、こういったシステムの行こうというものはトラブルが付き物な上に、今回は東北の地震での
安否確認などが重なって、本山の対応能力を超えちゃったみたいです。

詳細は、本山のHPにも随時掲載されています。

とりあえず、年会費にあたる信徒会費納入は、負荷軽減のために地区ごとに納入の日取りを分散する模様です。
北陸地区は今週が該当しますので、納入をお忘れなく。
(5月にももう一回納入の時期があるようですが、まあ、早めに払っておいた方が無難だと思います)
皆様、納入をお忘れなく。

允可状
何やら、来年度からの制度変更に伴い本山の事務方も混乱しているらしく、昇級、昇段の手続きが
遅れているそうです。
允可状もやっと来たとのこと。
(ブログアップの都合で、本当は先週来てるんですが)

2011_03120012.jpg 2011_03120013.jpg

2011_03120019.jpg 2011_03120020.jpg
これまでの努力が結実した結果です。
改めておめでとうございます。


今更ながら地震のこと
今回は、特にまとまりもなく、つらつらと書き連ねたいと思います。

阪神・淡路大震災の時は大学院生でした。
朝方はそれほどの事態とは思わず、普通に授業を受けていましたが、お昼の学食でのTV報道を見て
言葉を失いました。

あれから15年。
あのときの数々の苦い教訓をもとに、日本の防災体制は色々と変革してきました。
そこへ今回の東北沖地震です。
阪神・淡路大震災に比べれば、関係各所の対応も早いですし、何より15年前は未発達だった
ネットが威力を発揮し、様々な分野で応用されています。

とはいえ、M9.0という未曽有の大地震。
あちこちで人命が奪われ、建物が崩壊し、原発もメルトダウンの危機にあります。
私の従弟が関東にいるのですが、明日からこちらに疎開してくるそうです。
TVのニュースなどを見ていると、人々が協力し合っている姿に感動しつつも、
震災の爪痕の大きさに愕然とする毎日です。

皆さんは、今回の大震災にどんな思いを持たれたでしょうか?

普段のことを普段通りに
東北の地震の状況がなかなか目を離せません(特に原発)。
核爆発とか、炉心の融解などはありえないのははっきりしているので、後は環境への影響を
どこまで抑え込めるのかがポイントですね。

# 技術者観点からすると、想定規模の5倍の威力の地震に耐えた日本の原発って、ものすごいです。
# 放射能漏れとか何とか騒がれていますが、逆に想定の5倍の地震にあって、あの程度の被害
# (今のところ、深刻な汚染は発生していない)ってのが驚異的です。

さて、東北から離れた我々が出来ることは、募金などで現地への支援を行うことと、
この地震を教訓にして毎日を精一杯生きることです。

というわけで、土曜日の練習の様子です。

2011_03120001.jpg 2011_03120005.jpg
高倉先生が黄色帯、白帯の拳士の指導中。
ちゃんとできているでしょうか?

2011_03120004.jpg
うしろでは、準備運動代わりのドッヂボール。
運動量的には結構なものです。

2011_03120006.jpg
全体練習。
女の子の拳士の方が足が上がっていたり、腰が入った蹴になっています。
もっと頑張れ、男の子!!
2011_03120014.jpg
今日の論語。
「止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり」

原典では
「譬えば山を為るが如し。未だ成らざること一簣にして、止むは吾が止むなり。譬えば平地の如し。一簣を覆すと雖も、進むは吾が往くなり。」
となっています。

口語訳では
「例えば高い山をつくる者のようである。山ができないのは、自分があと一かごの土を運ばないからできないのだ。
 例えば、平地に一かごの土をひっくり返すだけであっても、それは自分が進んだ結果なのである。」

つまり、
 ・止めるのも、行うのも自分で決めることである。
 ・止めるのは簡単だが、過去の努力はすべてなくなってしまう。
 ・逆に、ほんの一歩であっても進み続ければ、成果として残る。
ということで、自分の意志で続けることを決断しなさいと説いておられます。

なかなか含蓄のある言葉です。粛々と一歩づつでも前に進みましょう。


デマには気を付けてください。
この手の大きな災害の後にはデマが飛び交います。

先ほど知り合いから
「関東エリアの電力が不足しているため、関西電力から電気を送付するそうです。
 そのため、関西圏の方は電気の使用を控えてください。」

というメールが来ました。

しかし、関西電力のHPを見てみると

----以下、HPより引用----
○今回の震災復旧に際して、当社名でお客さまに節電に関するチェーンメールを送ることはございませんので、ご注意ください。

○当社はお客さまへの安定供給を維持した上で、11日夕方から、電力各社と協力しながら最大限可能な範囲で電気の融通を行っております。

平素より皆さまには省エネ・節電にご協力を頂いておりますが、今のところ、お客さまに更なる特別な節電をお願いするような状況にはございません。

[注]東日本と西日本では、電気の周波数が違います。従って、関西電力の電気を
   東日本に送るには、周波数を変換しないといけません。この周波数変換施設
   の容量には上限があります。』

----HPより引用 ここまで----

となっています。善意から出た行動ですが、結果としてデマの拡散の片棒を担いだことになります。
(比較的罪のないデマではありますが)

# ちなみに、北陸電力から直接の送電はできませんから、辰口周辺で節電してもあまり意味がありません。
# 何かをしたいという気持ちがあるならば、関西大震災などの経験を踏まえて、現状もっとも効果的な行動は
# 募金することだそうです。

善意につけ込んだデマの拡散というのは、一番性質が悪いです。
皆さんも、デマを広げる共犯者にならないようにお気をつけください。


地震大丈夫でしたか?
疲れがたまっていたので最初はめまいがしたのかと思いました。
職場の人がみんな顔を見合わせているのを見て、初めて地震だと気が付いた次第。

ちょっと更新頻度が落ちていますが…
あまり気にしないでください。仕事が忙しいだけですから。

2011-03-05 18.57.32 2011-03-05 18.58.16
さて、前回の昇級試験の賞状が渡されました。
実は、水曜日に渡しそびれ多分だったらしいのですが、水曜日は仕事が忙しく練習に来られなかったため、
その分の写真がありません。

2011-03-05 19.55.25 2011-03-05 19.56.25 2011-03-05 19.57.44
2月の昇級試験がひと段落ついたと思ったら、早くも4月の昇級試験が待ち構えています。
今回は、少年部が
 7級:村田、田中、加藤、山崎、小山、南
 6級:辻
 5級:石川(蒼)、浦出、雲戸、高、村上
 4級:北野、山岸
 2級:橋本
一般部が
 2級:寺西
といった陣容となっています。人数的には2月とあまり変わらないような…。
ちなみに、4月から一般部の科目表が変わるため、寺西さんは変更後の科目での受験のトップバッターとなります。

みなさん頑張ってください。




審判講習会
スポーツ、武道にかかわらず、指導者の育成は非常に重要なことです。
レベルの向上や参加人数の増加のために、さまざまな取り組みが行われています。
少林寺拳法においては、昇級試験、昇段試験や、大会の審判の資格を取得するために、
毎年審判講習会が行われています。

DSCF0739.jpg DSCF0740.jpg
今年度は、金沢市の卯辰山にある石川県青少年総合研修センターで行われました。
すぐ傍を、山側環状道路が通っています。

DSCF0741.jpg
受付中。
プロジェクターで実例の映像などを見たり、実際に拳士を呼んできて採点したりして、技量の向上を図ります。

DSCF0742.jpg
配られた資料。
来年度からは色々と変更点が多いため、例年に比べてもチェックするべき項目が多かったです。

DSCF0743.jpg
講習中。
全てを網羅するのは大変なのですが、大会や昇級試験の結果を左右するとなると気が抜けません。
この日は夕方まで研修が続きました。






プロフィール

なかの

Author:なかの
石川辰口道院 正拳士四段。
縁あって本道院で子供達の世話をさせて貰っています。

ブログ内検索

近々の予定

11月の予定
   1日 全国大会
 8~9日 合宿
14~15日 中高生新人大会
  30日 キンボール大会、昇級試験
12月の予定
   7日 武専
  21日 納会・忘年会
  27日 年末休み
  31日 年末休み

星が見える名言集100

過去のお勧め記事



月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

アクセスカウンタです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。