物見山れんらくぼ
少林寺拳法 石川辰口道院関係者の交流用のブログです。 写真の掲載や記事の内容に問題がある場合は、メールフォームより連絡を下さい。
05 | 2011/06 | 07
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能美市大会-本番2
梅雨らしく、蒸し暑い日が続きます。
こういうときは、熱が体内に籠もる熱中症になりやすいので、十分な注意が必要です。

さて、大会の様子です。
今回は、団体演武の様子をお伝えします。

2011_06260093.jpg
審判に挨拶。
今回の審判には西田拳士が加わっています。

団体演武とは、その名の通り、最低6人以上のグループで演武を行います。
技の出来もさることながら、そのチームワークが試されます。
昨今は、少子化などの影響で拳士の数が減少し、なかなか団体演武を組むことが出来ない道院も増えていますが、
ここ数年の爆発的な拳士の増加にうれしい悲鳴を上げている当道院では、余裕で複数の団体が組めます。

2011_06260094.jpg 2011_06260096.jpg
さて、人数がいるといっても、必ずしも同じレベルの拳士が揃えられるわけでもなく、
人数調整のためにチームによっては白帯と緑帯の混合になっているところもあります。

2011_06260099.jpg
中には、前日になって参加できないことが判明し、やむを得ず一人掛けた状態で参加するチームもあります。
他にも、風邪とか急用が出来て当日いきなり都合がつかなくなることもあります。

2011_06260100.jpg 2011_06260101.jpg
初参加の低学年の拳士だと並び方もよくわからず、慌てて高倉先生がフォローする場面も。
まあ、これもよい経験です。

2011_06260107.jpg 2011_06260108.jpg
こちらは緑帯と黄色帯の混成チームです。
このチームは結構気合が出ていたと思います。

2011_06260109.jpg
こちらは白帯チーム。
拳士によっては、入門して2週間も経っていない子もいます。

2011_06260111.jpg 2011_06260112.jpg 2011_06260114.jpg
まあ、短期間でよく覚えたと思います。
出場することに意義があるチームの代表でしょう。

2011_06260118.jpg
こちらは中学生チーム。
小学生のころから何度も大会には出場しているので、演武には慣れっこのはずですが、
顔をしかめているのは、緊張しているからなのか、眠いからなのか?

2011_06260120.jpg 2011_06260123.jpg
学校や部活が忙しくて、なかなか全員そろっての練習ができませんでしたが、それなりに出来ていたと思います。

2011_06260125.jpg 2011_06260126.jpg
こちらは一般部。
演武の構成が決まったのが一週間前という、突貫振りでは他にチームに比べてぶっちぎりの状況ですが、
本番は待ってくれません。

2011_06260127.jpg 2011_06260129.jpg
この合わなさっぷり(笑)。
順番憶えるのが精いっぱいで、とてもタイミングを合わせるところまでは出来ませんでした。
横目で見ていると、あちこちでミスっているし(いや、自分もミスったんですけどね)。

2011_06260131.jpg
何とか投げの後の固めにまで持っていきます。

2011_06260134.jpg 2011_06260135.jpg
全チームの演武が完了し、審判の先生に礼をしています。
今回は人数が多いため、そのまま単演の競技に入りましたが、この続きは次回の記事でアップいたします。

スポンサーサイト

能美市大会-本番1
さて、今日からは大会当日の様子をお伝えします。

この日は、物見山体育館で3つの大会が開かれ、おまけに物見山運動公園の駐車場は、消防局の大会で
使えないとあり、駐車場が大混雑でした。
このような事態を予想して、体育館が開く8:30前に到着したのですが、その時点で駐車場は
満杯で隣接する中学校の職員用の駐車場に停める羽目になりました。

2011_06260016.jpg 2011_06260019.jpg
朝早くから練習熱心です。

2011_06260018.jpg
一般部の拳士でミーティング中。
今年は人数が多いので、作業が分担出来てとても楽です。

2011_06260020.jpg 2011_06260027.jpg

まあ、早めに集まると緊張感が薄れて、ついつい遊びに走ってしまう拳士も出てきます。

2011_06260025.jpg
この日は、最近入門したので大会に参加しない拳士もお手伝いで集まっていただきました。
お手伝いありがとうございます。

2011_06260053.jpg
拳士の人数が多いと保護者の数も多いので、観覧席が賑やかです。

2011_06260054.jpg
来賓の市の体育協会の方や、善田先生もいらっしゃいました。

2011_06260055.jpg
隣のコートでは、模範演武を任された辻拳士と松蔵拳士が法衣を着て練習中です。

2011_06260057.jpg 2011_06260058.jpg 2011_06260059.jpg
開会式の、寺内拳士による太鼓。
実は、私はこれ、やったことありません。

2011_06260060.jpg
全体での鎮魂行。
主座は私が務めています。

2011_06260063.jpg 2011_06260066.jpg 2011_06260067.jpg
辻・松蔵拳士による模範演武。
夏の法衣って暑いうえに、裾が足に絡んでやりにくいんですよねー。

2011_06260077.jpg 2011_06260076.jpg 2011_06260072.jpg
高倉先生のご挨拶。
東日本大震災の話も絡み、みな、神妙に聞き入っています。

2011_06260080.jpg2011_06260081.jpg
開会式が始まった後も遅れてこられた保護者の方により、観覧席は丸々詰まっています。
こりゃあ、県大会のときは大変なことになりそうです。

2011_06260083.jpg 2011_06260085.jpg
来賓の、善田先生と能美市体育協会の方のご挨拶。
まあ、正直、このあたりで子供たちは緊張が切れてそわそわする子が出てきました。

2011_06260087.jpg
準備運動中。
みな、大きく動いています。

2011_06260091.jpg
最後にみんなで声出し。
この大きな気合で大会に挑みましょう。


能美市大会-前日の様子
写真もたっぷりと撮ってありますので、今日から何回かに分けて能美市大会の様子をお伝えします。

まずは前日の様子から。
2011_06260001.jpg
前日の土曜日は、会場設営 & 前日特別練習ということで割と早い時間から集まっていました。
あいにくと、私はこの日は仕事が入ってしまったため、会場には夕方に到着したので、
既に会場設営が完了していました。
(ちなみに、去年の設営の様子はこちら

2011_06260003.jpg
立派な楯やトロフィーが並んでいます。
これを見れば、『こりゃいっちょ、がんばってみないと』という気にもなろうというものです。

2011_06260004.jpg
少年拳士の練習中。
普段は柔道場の畳の上で練習していますので、板敷きに慣れておくのは重要です。
こちらの剣道場の場合は、板自体がすり足をがしやすい素材なのため、それほど違和感はないのですが、
例えばワックスがけされた体育館などは、逆に滑らないようになっているため、畳での滑るような
感覚に慣れていると、大変苦労します。

2011_06260006.jpg
出番の確認中。
西田拳士が一生懸命誘導してくれています。

2011_06260010.jpg
一般部では、入門したてて大会に出ない拳士も多いですので、そちらは通常の練習となります。

2011_06260013.jpg 2011_06260014.jpg
一般部の団体演武に参加する拳士は、尻に火が付いた状態で練習に勤しんでいます。
何しろ、出場メンバーが決まったのも、演武の構成が決まったのも先週の土曜日と、練習時間が1週間しかありません。
高倉先生は
 『普段の練習をきちんとやっておけば、演武の練習なんて1日で十分だ』
と仰ってますが、現実問題として三十路前後のおっさんの記憶力では
1日程度の練習ではとてもとても憶え切れません(笑)。

子供たちも心配ですが、自分たちの尻にも火がついている一般部の出場拳士の様子でした。

能美市大会速報
本日、能美市大会が無事に開催されました。
ご協力頂いた拳士、および保護者の方には篤く御礼申し上げます。

さて、大会の様子について写真も交えて後日お伝えしますが、
結果については以下の通りです。
(最優秀のみ)

*団体演武(小学生の部)
 Cチーム(山下、金谷、高、浦出、雲戸、石川)

*単独演武(小学生)
 東方

*単独演武(中学生)
 松蔵

*単独演武(一般)
 村田

*組演武(小学校高学年の部)
 雲戸・浦出組

*組演武(小学校低学年の部)
 佐々木・石川組

**組演武(一般の部)
 村田・辻組

みなさんおめでとうございます。次は石川県大会に向けてがんばってください。


テンパる
「立ってるものは親でも使え」ということわざがありますが、
大会を前にして総動員状態です。

2011_06220002.jpg 2011_06220003.jpg
玉城先生や西田拳士も動員しています。
私はこの日出張の移動日だったので、何とか顔を出せました。

2011_06220004.jpg 2011_06220007.jpg
新入門で、まだ道着も着ていない拳士まで演武に参加しています。

2011_06220009.jpg
ここまでやっているわけですから、能美市大会が盛り上がらないわけがないでしょう。

先週の昇級試験の様子
日曜日に行われました昇級試験の様子です。

2011_06190001.jpg
受験する中尾さんと、その付き添いの山崎さん。
最後のおさらい中です。

2011_06190002.jpg
女の子二人で技の最終確認をしています。
前の日に指導していたら、一つ間違えて覚えている技があったので、若干の不安があります。

2011_06190007.jpg 2011_06190010.jpg
そうは言っても、試験は待ってくれません。
容赦なく審査は進みます。

2011_06190010.jpg 2011_06190016.jpg
こちらも学業の都合などで練習量が不足気味だったため、多少の不安がありますが、
特別練習の様子を参照)
何とかうまくやっているようです。

2011_06190012.jpg 2011_06190035.jpg

ちなみに、この日私は小松明峰高校の少林寺拳法部の部員の人の審査をやっていました。
さすがに安定した出来です。

2011_06190020.jpg 2011_06190021.jpg
で、その審査中に高倉先生が何をしていたかというと、手の空いた拳士を捕まえて技の練習に励んでいます。

2011_06190025.jpg
審査も佳境のようです。

2011_06190033.jpg 2011_06190046.jpg
自分の力を出し切れたでしょうか?

2011_06190048.jpg
審査が終わって歓談の時。
緊張から解放されてほっと一息ついています。

2011_06190049.jpg
やり遂げた男の顔?
まー、時間もなくて大変でしたしねー。

2011_06190053.jpg
高倉先生の講評。
この日は、無事全員合格でした。おめでとうございます。

2011_06190056.jpg
茶帯に合格した拳士を労う高倉先生。
この日の喜びを糧にして、またがんばってください。


昇級試験
本日行われた昇級試験は、受験者全員が合格しました。
おめでとうございます。

こちらも写真が多数あるのですが、明日から出張で不在のため、更新はしばらく後になります。


総力戦
来週が能美市大会のため、土曜日のお昼から特別練習が行われました。

2011_06180002.jpg 2011_06180003.jpg
一般部の玉城、村田、大家、寺西、山崎拳士も駆り出され、総力戦に近い形になっています。

2011_06180004.jpg 2011_06180005.jpg 2011_06180006.jpg
団体演武に組演武、単演まであるので、教える方も教わる方もてんてこ舞いです。

[ここから、通常の練習時間]

2011_06180007.jpg
一般部も団体演武の練習で高倉先生から指導を受けています。

2011_06180010.jpg 2011_06180011.jpg
2011_06180014.jpg 2011_06180018.jpg

入門したての拳士も大会出場のための練習をしています。
能美市大会は、比較的規模が小さく身内でのお祭りに近いものがあるため、入門したてでも積極的に出場する方針です。

2011_06180015.jpg 2011_06180016.jpg
この日は新入門の拳士の保護者の方がいらっしゃったので、高倉先生が『自己確立』や『自他共楽』などの、
少林寺拳法の目指すところや思想について簡単に説明をしていました。


竹の侵略
先週は雨が降ったため、諺にある『雨後のタケノコ』の言葉通り、
ものすごい勢いで竹が伸びていました。

どれくらいの勢いかと言うと、

2011_06110002.jpg
これまでに切って積み重ねてあった竹の隙間からにょきにょきと。

2011_06110003.jpg 2011_06110004.jpg
こちらは春先にきれいにした斜面などに猛然と伸びています。
竹の恐ろしさは、この繁殖力です。放置してこれらが成長しきってしまうと、のこぎりやチェーンソーの
お世話にならないと切り倒せません。
今の時期であれば、まだ鎌や鉈で簡単に始末できます。

この日は途中で雨が降ってきたため写真が撮れませんでしたが、目につく伸びた竹は全て切り倒しました。
夏までは竹との戦いが続いていきます。

火消
学生の皆さんは過酷な就職活動に勤しんでいるようです。
うちの会社でも新人さんの面接をやっていました。

当道院の先端大学の学生である中尾拳士もその一人ですが、彼はもう一つ、昇級試験とも戦っています。
ぶっちゃけ、就職活動が忙しくて練習時間が足りないため、日曜日に特別練習を行いました。

2011_06120001.jpg 2011_06120004.jpg
技はだいたい頭に入っているようですが、考えないと技が出てこない状態です。
このレベルだと、実際の試験の時にパニックを起こして何もできなくなりかねません。
黙々と技を繰り返すのみです。

2級からは運用法(防具をつけて、試合形式で実際に技の攻防を行う)があるために、それにも慣れておかないといけません。

2011_06120005.jpg
少林寺拳法特製の二重胴を着用中。
衝撃を吸収するための特殊な構造をしていて、これをつけていると、小学生でも高倉先生の中段突を
突かれても平気な顔をしていられるという代物です。

2011_06120006.jpg
胴に慣れるための胴蹴の練習。
初めての時は、痛みへの恐怖や戸惑いからなかなか全力では突けませんので、こうやって慣らしていきます。

結局、日曜日は3時間ほど練習を行い、それなりに仕上がってきたように思われます。
練習はあと二回しかありませんが、がんばってください。

一人とみんな
ここ最近、一般部にも新入門の拳士が増えました。
この方たちに少林寺拳法を手っ取り早くイメージしてもらうために、ちょうど中学生大会の単演で
男女で最優秀を勝ち取った2名の拳士がいましたので、彼らに単演を披露してもらいました。

2011_06040021.jpg
こちらは伊藤拳士。
中学1年ながら、動きのキレはピカイチです。

2011_06040022.jpg 2011_06040025.jpg
彼は同年代でも体が小さい方ですが、素早く大きい動作でそれを感じさせない演武を披露してくれました。

2011_06040029.jpg 2011_06040031.jpg
こちらは松蔵拳士。
もともと身体能力が高いうえに、とても研究熱心で、前日にも全国大会のビデオから演武の構成について、
発見をしています。
こちらも見事な演武を披露してくれました。

2011_06040033.jpg 2011_06040034.jpg
こちらは、先生の最近の研究結果の披露中。
自分の心の持ちようで、力のかかり方が全く変わってきます。


2011_06040035.jpg 2011_06040037.jpg
先生の指導に従って、みんなで試しています。

2011_06040038.jpg 2011_06040039.jpg 2011_06040041.jpg
うまくいっている人もいますし、いかない人もいます。
体験してみないとわからないのですが、うまくいく人は劇的に結果が出ます。


プレゼント フォー ユー
そろそろ6月らしく、ジメジメとした日が続いています。
保護者の方は洗濯物などがなかなか乾かず大変なのではないでしょうか?

さて、先週の練習の様子です。

2011_06040007.jpg
何度も主座を務めていると、次第に余裕が出来てきてきます。
この余裕がこそが試合などの緊張する場面で自分を助けてくれます。

2011_06040008.jpg
今日の論語。
「夫(か)の人は言わず。言えば必ず中(あた)ること有り」
これもわかりやすいです。
「あの人は滅多に発言しないが、発言するときはいつも的を得た発言をしている」

論語というのは、孔子の発言集のようなもので
「これこれこのような状況で孔子はこのように発言された」
という形式になっています。
上の発言は、閔子騫という孔子のお弟子さんを評した発言です。

2011_06040009.jpg 2011_06040010.jpg 2011_06040011.jpg
賞状授与、三連発。
練習日の違いや手続きの関係で、一緒に昇級試験を受けても賞状を渡す日がバラバラになることがあります。
大人になるとめったに賞状を受け取る機会がありませんから、結構うれしいものです。

2011_06040012.jpg 2011_06040014.jpg 2011_06040018.jpg
団体演武、三連発。
団体演武は、個人個人が技が出来ているかという点に加えて、全員のチームワークが試されます。
まだまだ発展途上といったところでしょうか?

草刈りに勤しむ
そろそろ暑くなってきました。
夏が近づくと植物の成長も早まります。身近なところでは雑草が茫々と生えて、
自宅の庭の草むしりなどにウンザリしている方も多いのではないでしょうか?

私の場合は、親戚の駐車場(未舗装)が雑草で埋もれているので何とかしてくれと、毎年頼まれます。
ただ、面積が面積なので、手や鎌ではどうにもならないので、エンジン式の刈り払い機でズバッと
刈りはらっています。

刈り払い機というのは、長いポールの先に円盤型のソーがついています。
(円盤の先にギザギザなノコギリ刃が付いてる奴)
これまではチップソーと呼ばれるタイプのを使っていたのですが、このタイプは高いうえに、
石とかコンクリートに当たるとすぐに刃が欠けてしまい、未舗装とは言え砂利などがある駐車場には
不向きでした。

そこで、これ。

2011_06040001.jpg 2011_06040002.jpg
今年から導入した、ブレード式の回転刃。
写真の黒いブレードの根元が軸になっていて自由に回転します。
本体の赤い部分が回転すると、遠心力でこの黒い刃が外に出て草などを切ります。
もし固いものに当たった場合は、このブレードが内側に引っ込んで致命的な損傷を受けない作りになっています。
(とは言っても限度はありますが)

2011_06040003.jpg 2011_06040004.jpg
こちらが今回の目標の駐車場のビフォアー状態。
あまり人や車が移動しない部分の草が勢いよく育っています。
まだ6月の頭なのでさほどではありませんが、ほっとけばえらいことになってしまいます。

で、こちらがアフター。
2011_06040005.jpg 2011_06040006.jpg
1時間くらいかかって、ここまできれいにしました。
写真では撮っていませんが、刈り取った草は熊手で一か所に集めて飛び散らないようにしています。

正直、どれほど使えるものか不安だったブレード式の回転刃ですが、思ったよりも良い切れ味でした。
太めの茎はちょっとつらいですが、十分使い物になります。
その代り、終わった後で確認したら、3本あるブレードのうち、1本はポッキリと折れていました。
衝撃に強いと言っても、使い方には注意が必要ですね。

前日の様子
大震災のボランティアの様子と、中学生大会の様子は少林寺拳法石川県連のHPの、石川辰口道院のページに
アップされています。
こちら
そちらもご観覧ください。

さて、土曜日の練習の様子です。
2011_06010002.jpg
6,7月の予定表を配っています。
6,7月は大きなイベントが目白押しなのでなかなか忙しいです。

2011_06010006.jpg 2011_06010009.jpg
団体演武や組演武などの練習で、あちらもこちらも大騒ぎです。
さて、能美市大会には間に合うのでしょうか…?

2011_06010010.jpg
見学の方が多数です。
今年は一体何人来ることになるのでしょうか?

2011_06010011.jpg
一般部の拳士も交じっての全体練習。
みんなよく足が上がっています。

2011_06010017.jpg 2011_06010019.jpg
2011_06010028.jpg 2011_06010027.jpg
中学生の団体演武の練習。
時間がなかった割には、割と揃っていました。

2011_06010020.jpg
こちらは最近入門された一般部の拳士の方々。
全員で受け身の練習をしています。


中学生大会の結果
土曜日に、高校のインターハイ予選と並行して中学生大会が行われました。
本道院からは男女合わせて9名が参加し、以下の成績を収めています。
(所用で大会を見に行けなかったため、大会の写真はありません)

男子単演の部
 最優秀賞 :伊藤
 優良賞  :高野
 敢闘賞  :辻、山下拳士

女子単演の部
 最優秀賞 :松蔵

団体演武
 優秀賞

6月は能美市大会、7月は石川県大会が控えているうえで、8月には中学生全国大会が行われます。
男女単演、および団体演武の部で全国大会出場が決まったそうです。
次は全国大会での上位入賞を目指して頑張りましょう。


お土産と允可状
先週の練習のお休みを利用して、家族旅行に出かけた拳士がお土産を持ってきてくれました。

2011_06010001.jpg 2011_06010005.jpg
高倉先生たちの東北のお土産と一緒に、みんなに配っています。
余談になりますが、最近は拳士の数が増えたため道院の拳士にお土産を買ってくるときに、
いつも何人分買ってこないといけないのか悩んでしまいます。

2011_06010015.jpg
こちらは前回の昇段試験で二段に合格した辻拳士の允可状が来たので、本人に授与してます。

2011_06010016.jpg
允可状も世界統一基準の形式になったので、日本語・英語併記になっています。
ネットで見ると、「かっこいい」という人もいれば「ちょっとなぁ…」という人もいます。
当面允可状をもらうことのない自分としては、別にどちらでもよいですが、
変われば変わるもんだと思いました。



プロフィール

なかの

Author:なかの
石川辰口道院 正拳士四段。
縁あって本道院で子供達の世話をさせて貰っています。

ブログ内検索

近々の予定

11月の予定
   1日 全国大会
 8~9日 合宿
14~15日 中高生新人大会
  30日 キンボール大会、昇級試験
12月の予定
   7日 武専
  21日 納会・忘年会
  27日 年末休み
  31日 年末休み

星が見える名言集100

過去のお勧め記事



月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

アクセスカウンタです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。