物見山れんらくぼ
少林寺拳法 石川辰口道院関係者の交流用のブログです。 写真の掲載や記事の内容に問題がある場合は、メールフォームより連絡を下さい。
06 | 2011/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた試験
石川県大会が終わって一息つく間もなく、次の昇級試験が待っています。
何せ、今回は受ける人数が半端でないので、色々と段取りが必要になってきます。

2011_07230001.jpg
一般部の指導者で、受け持ちや指導内容の調整中。
誰ですか、寺西さんの邪魔をしている人は?

2011_07230002.jpg
一体何が起きているのかよくわからないのですが、この時期になってもまだ入門希望者が絶えません。
武専で他の道院の人とその話をすると、大いに羨ましがられました。

2011_07230004.jpg
見ての通りブリッジ。
最初はみんな『出来ない出来ない』と騒ぐのですが、しばらく経つとみんな何となく出来るようになっています。

2011_07230005.jpg 2011_07230006.jpg
受験する級ごとに分かれて、学科の勉強中。
いや、結構難しんですよ、学科って。
(内容よりは、体裁を整える方ですが)

2011_07230008.jpg
この日は、石川県県民体育大会に向けて体育協会の方が激励にいらっしゃいました。
お暑い中ご苦労様です。

さて、昇級試験の前の週には中学生大会の全国大会が控えています。
2011_07230010.jpg 2011_07230012.jpg
単演出場の伊藤拳士と松蔵拳士の単演の披露。
大会まであまり時間がありませんが、さて、どこまで詰められるでしょうか?

2011_07230013.jpg 2011_07230015.jpg 2011_07230016.jpg
一般白帯の杉本さんと村本さん。
今年新規で入門した拳士の先陣を切って、6級に挑戦します。

おまけ
2011_07230017.jpg
体育協会の方の差し入れてくださったポカリスエット。
コップがないので直飲みでした。

スポンサーサイト

2011年度石川県大会の様子-5
石川県大会の記事も今回で最後です。

2011_07180131.jpg 2011_07180133.jpg
本選出場で少し緊張した面持ちの緑帯拳士2名。
どこまでやれるでしょうか?

2011_07180135.jpg 2011_07180136.jpg
こちらは高校生コンビ。
いい具合に気合が入っています。

2011_07180141.jpg 2011_07180143.jpg
こちらは本選出場の白帯コンビ。
まだ色帯にはなっていませんが、いい動きをしています。

2011_07180145.jpg
本選の最中も表彰式は続いています。
ところで彼女は何を覗き込んでいるのでしょうか?

2011_07180148.jpg 2011_07180154.jpg
水永拳士。
今回は高校の少林寺拳法部からの出場です。
演武が終わっていい笑顔です。

2011_07180156.jpg 2011_07180160.jpg
こうしている間にも表彰式は続いています。

2011_07180162.jpg 2011_07180163.jpg
何やら笑っていますが、何があったんでしょうか?

無事大会も終了し、みんなで記念撮影しました。
2011_07180170.jpg
入賞した子もしない子も、これをいい機会に更なる技術の研さんに励みましょう。

おまけ
2011_07180172.jpg
後片付け中。
マットの取り込みに悪戦苦闘しています。

2011_07180174.jpg
皆さんの善意の募金の集計中。
結構な金額が集まったようです。


2011年度石川県大会の様子-4
本日も石川県大会の様子をお伝えします。

2011_07180102.jpg 2011_07180103.jpg 2011_07180105.jpg
お昼の時間です。
それぞれが持参した弁当やお菓子を、親子や友達同士で食べています。
ほっと一息する時間ですが、大会の運営では午前中の競技の結果の集計が行われ、午後の本選出場者の確定と
午後の競技の準備が着々と進められています。

2011_07180106.jpg 2011_07180107.jpg 2011_07180108.jpg

掲示板に張り出された、午後の本選出場者の掲示。
最近は予選の順位も掲載されていて、本選の出場順位は予選の順位が低い順番となっています。
(つまり、本命ほど後の出番になる)
競技によっては実力伯仲というところもありますので、本選で順位をひっくり返すことも十分にあり得ます。

2011_07180109.jpg
午後の式典。
子供の中には
 「午前中開会式やったのに、なんで午後にも開会式みたいなのするの?」
と疑問に思う子もいたようです。
個人的には、来賓の話などまで開会式でやられると待っているだけでウンザリするので、この方式の方が
ありがたいですね。

2011_07180111.jpg 2011_07180112.jpg
模範演武。
本山の演武チームの方がいらして演武を披露してくださりました。
オーソドックスな内容でしたが、力のこもった迫力ある内容でした。

2011_07180119.jpg
午後の部の中学生の部の競技中。
今年から試験的に、競技と並行して表彰式も行うことになりました。
例年は全競技終了後にまとめて表彰式を行うのですが、これがまた時間を食って毎年不評なため、その改善のために並行して表彰式を執り行うことになったそうです。
本来は、世界陸上みたいに、競技と競技の合間に表彰式を行うのが理想的なのですが、そこまでスケジュールを
コントロールできないので、
競技中に横で行うという、何とも騒がしい表彰式となりました。

2011_07180120.jpg 2011_07180122.jpg 2011_07180124.jpg
事前説明が足りなかったので、何だかよくわからず戸惑った表情で表彰式に参加しているのが印象的です。

2011_07180130.jpg
単演の部で入賞した伊藤拳士と松蔵拳士。さすがです。

本日の記事はここまでです。続きはまた次回の記事で。


2011年度石川県大会の様子-3
石川県大会の様子が続きます。

こちらは白帯組の組演武です。
2011_07180048.jpg 2011_07180049.jpg
真剣な表情になっています。
多分、これだけの人数に見られる舞台と言うのは初めてで緊張していると思いますが、
何事も慣れです。

2011_07180055.jpg 2011_07180057.jpg 2011_07180061.jpg
こちらは小学生団体演武。
練習ではよい気合が出ていましたが、本番では果たして?

2011_07180063.jpg 2011_07180065.jpg
緑帯組演武。
ちょっと身長差がある二人です。大きな気合が出せたでしょうか?

2011_07180067.jpg 2011_07180068.jpg
こちらは中学生団体演武の練習風景。
部活の関係で、急きょメンバーが入れ替わってしまったため、直前になっても必死に練習しています。

2011_07180069.jpg 2011_07180071.jpg
こちらも緑帯組演武。
この二人は参座の時間がズレて微妙に練習時間が足りませんでした。
本番ではそのハンデをどこまで覆したでしょうか?

2011_07180072.jpg 2011_07180074.jpg
こちらは緑帯の女の子。
いい感じの構えになっています。
小学生だと、ここぞという時の度胸は女の子の方が座っている気がします。

2011_07180078.jpg 2011_07180079.jpg
中学生団体演武の本番。
付け焼刃でしたが、どこまで通用したでしょうか?
(ちなみに、このコートの次の競技が一般団体でしたので、後ろに玉城先生や山崎拳士の姿が見えます)

2011_07180081.jpg
緑帯組演武。
あちこちで演武が行われていて、ふと目をやるとうちの道院の拳士が演武をしていたため、走って写真を撮りに行きました。

2011_07180082.jpg 2011_07180083.jpg
単演の部に出場する伊藤拳士。
中学生大会でもよい成績を収めていたので、この大会でも期待がかかります。

2011_07180086.jpg 2011_07180088.jpg
一般団体。
参加団体数は4つのため、どこか一つに勝てれば入賞という、おいしいような厳しいような状況でした。

2011_07180100.jpg 2011_07180101.jpg
こちらは親子演武に出場した橋本親子。
なかなか鋭い動きでした。

さて、本日の記事はここまでで、次回に続きます。


2011年度石川県大会の様子-2
さて、石川県大会の様子です。
私は審判に勤しんでいましたので、カメラは他の拳士にお願いしていました。
出場拳士があちこちのコートに分散していたので、撮れる限りがんばっていますが、
もし写っていない拳士がいてもご容赦ください。

2011_07180017.jpg 2011_07180018.jpg
まずは黄色帯組。
なかなか物おじせず、元気良さげです。

2011_07180021.jpg
緑帯組。
何か戸惑ったような顔をしています。どこから開始すればいいのか、よくわからなかったのでしょうか?

2011_07180025.jpg 2011_07180027.jpg
黄色帯組の出番待ちから演武開始。
経験上、出番待ちから、名前を呼ばれてコートに入っていくと気が緊張のピークになります。

2011_07180030.jpg
こちらは別コートで競技に参加していた中学生女子組。
仲良しこよしの二人ですが、コートでは遠慮がありません。

2011_07180033.jpg 2011_07180034.jpg
黄色帯組。
左の写真は大きな気合を出しているところでしょうか。これで攻撃の構えがいいと百点満点なんですけどねー。

2011_07180039.jpg
黄色帯組。
演武が始まるところでしょうか?

2011_07180041.jpg 2011_07180042.jpg
緑帯組。
この二人は道院でも一二を争う気合の大きさの持ち主です。
この日も大きな気合で競技に挑んでいました。

2011_07180044.jpg 2011_07180046.jpg
向こうのコートでは並行して競技が行われていた、一般級拳士の部に参加した山崎・寺西組が頑張っています。
ミスらずにできたでしょうか?

というわけで、本日の更新はここまでです。

2011年度石川県大会の様子
日曜日に行われました石川県大会の様子をお伝えします。

2011_07180001.jpg
この日も猛暑でしたが、雲が出ていたおかげでそれほどの日射にはなりませんでした。

2011_07180003.jpg
朝8:00過ぎ。続々と拳士が集まっています。
節電のためか、まだ電気がついていません。

2011_07180004.jpg
高倉先生も受け付けに顔を出して色々と手伝いをしています。

2011_07180005.jpg
観客席には荷物がおかれています。付き添いの保護者の方はここで見物ですが、
当の拳士たちは会場に降りて事前練習中です。

2011_07180007.jpg 2011_07180008.jpg
会場では、それぞれの参加する競技に別れて練習中です。
広い体育館ですが、他の道院の拳士も練習していますので、あっという間に手狭になりました。

2011_07180010.jpg 2011_07180011.jpg
団体演武の練習中。
息の合ったところを見せてほしいですが、なかなかタイミングを合わせるのは難しそうです。

2011_07180014.jpg 2011_07180015.jpg
開会式に向けて整列中。
人数が多いので並ぶのも大変です。

本日の記事はここまでです。
次回は競技の様子をお伝えします。



石川県大会の結果
本日は猛暑の中、石川県大会が行われました。
参加された拳士、およびご父兄の方々はお疲れ様でした。
節電のあおりのせいなのか、それとも暑さに冷房が追いつかなかったのか、館内の気温は
暑いとも涼しいとも言えない、何とも微妙な温度でした。

大会の成績については、敢闘賞の情報が遅れているため、現時点でわかっているものだけお知らせします。

まずは入賞したクラスから。

*自由組演武・親子の部
 優良賞:橋本親子

*団体演武・一般の部
 優良賞:中野・山崎・橋本・村田・玉城・寺西

*団体演武・中学生の部
 優秀賞:堀田・山下・松崎・伊藤・辻・松蔵

*単独演武・中学生有段の部
 優秀賞:伊藤

*単独演武:一般混合の部
 最優秀賞:松蔵

次は敢闘賞を獲得したクラス。

*組演武・一般初段の部
 村田・橋本組

*組演武・中学生級拳士の部
 吉田・橋本組

*組演武・小学生4・5級の部
 北野・東方組

*組演武・小学生6級以下の部
 嵐・山野組

明日以降、大会の様子をお伝えします。

大会前の練習&会場設営
何で連休に大会をやるんでしょうかね? 旅行とかの予定を入れている人もいたでしょうに。
(例えば私とか)

さて、練習の様子と会場設営の様子をお伝えします。
2011_07170001.jpg 2011_07170002.jpg
練習前のウォーミングアップ。
黙々とウォーミングアップしてもつまらないですから、色々と遊びの要素を取り入れています。
ちなみに、土曜日は高倉先生が不在で自分が主座を務めていたため、写真はこれだけしか撮ってありません。

で、次からが県大会の会場設営の様子。

2011_07170006.jpg
県大会の看板。
こちらは業者の方に取り付けてもらっています。

2011_07170008.jpg
マットを敷いています。
会場設営については、能美市大会でやっていたことと殆ど同じ内容になります。
違いと言えば、コートの数や演武の点数の集計用のPCの設営などでしょうか。

2011_07170009.jpg 2011_07170010.jpg
コートの設営中。
今回は6つ設営するため、テキパキとやらないと追いつきません。

2011_07170011.jpg
大分形になってきました。

2011_07170013.jpg
各コート用の椅子や機材の準備中。
地味ですが、こういうものが用意されていないと大会は運営できません。

2011_07170014.jpg
チーム辰口活躍中。会場が松任のため、当道院と白山あさひ道院が主体となって会場設営を進めます。

2011_07170017.jpg
集計室。
大会で一番大変なのが演武の点数の集計です。
出来て当たり前、ミスをしたり集計作業が遅れるとボロクソに貶されるという、何とも報われない作業ですが、
これがスムーズに出来ると大会も気持ちよく進みます。

そんなこんなで20:30には設営も完了しました。後は本番を待つだけです。

切羽詰まる
石川県大会が今週と言うことで、練習にも熱が入ってきました。
ただ、梅雨も明けて気温も上がっているので、熱が入りすぎると倒れちゃいそうになります。

2011_07130001.jpg 2011_07130004.jpg
各々、自分の出場する競技ごとに練習しています。

2011_07130005.jpg
入門仕立ての拳士は、残念ながら今回の大会にはエントリしていませんが、もちろん練習します。

2011_07130006.jpg
鎮魂行。
普段は18:50から行っているのですが、その時間に参加できない一般部の拳士が多いため
この日は特別に一般部の練習時間に鎮魂行を行いました。

2011_07130008.jpg
じゃれついているように見えますが、真剣に練習中です。

2011_07130010.jpg 2011_07130011.jpg 2011_07130012.jpg
演武の披露。
高倉先生の前で演武を行い、直すべき点の指摘や、時間の測定などを行っています。

2011_07130013.jpg 2011_07130014.jpg 2011_07130015.jpg
単演、組演武など、出場する競技は多彩です。

2011_07130018.jpg 2011_07130019.jpg
単演には中学生大会で最優秀を獲得した伊藤拳士が出場し、入賞が期待されています。

2011_07130021.jpg 2011_07130023.jpg
中学生の団体演武。
部活の関係で、急きょ2名が出場できなくなり、代わりに辻拳士と松蔵拳士が入ることになりました。
急造となるまで、大会でどこまで通用するのか?
こういう突発的なアクシデントが大会を盛り上げて(?)くれます。

石川県大会のお知らせも兼ねて
さて、来週月曜の祝日が石川県大会です。
道場でパンフレットを配布していましたが既にご覧になっていたでしょうか?

さて当日ですが、会場は8:00前に開きますので、8:00頃には集合して事前練習を行って欲しいとのことです。

では練習の様子です。
2011_07090003.jpg 2011_07090004.jpg
準備運動中。
うだるような暑さですが、元気に体を動かしています。
これは逆立ちの練習中ですね。
大人になると、逆立ちに失敗して倒れると大きなケガをしやすいですが、体重が軽い子供たちは
割と平気な顔をしています。

2011_07090005.jpg 2011_07090006.jpg
県大会の出場クラスごとに分かれて練習中。
ちなみに手前の拳士は相方がお休みだったり、ケガで出場できない拳士です。

2011_07090008.jpg
法話中の高倉先生。
この時期にも新しく入門した拳士がいますので、少林寺拳法の目指すところを説明しています。

2011_07090009.jpg 2011_07090010.jpg
みんな神妙な面持ちで聞いていますが、さて、どれくらい覚えているのやら?

2011_07090011.jpg 2011_07090012.jpg 2011_07090013.jpg
昇級・昇段試験の允可状の授与。
ちょっと間が空いてしまって、『ああ、そういえばまだ貰ってなかったっけ』みたいな反応の拳士もいます。


誰でも最初はある
大会が終わって一息つきたいところですが、来週はすぐに石川県大会が控えています。
相変わらずの、大会に向けての追い込みの状況です。

2011_07020001.jpg 2011_07020005.jpg
そうはいっても、大会のことしかやらないわけではありません。
ちゃんと基本練習もしますし、高倉先生の法話も行われます。

2011_07020008.jpg 2011_07020009.jpg 2011_07020010.jpg
少林寺拳士の守るべき4つの約束+2の中に、「作務(掃除)」があります。
欧米なんかですと、
 「自分は少林寺拳法の修行にきたのだ。なぜ関係のない掃除をしなくてはいけないのか?
  それは掃除業者の役割だろう」
と最初は拒絶されることもあるそうです。

生活すべてが修行と考える禅宗の考え方は、合理主義の考え方からすると奇異なものに映るかもしれません。
そこは価値観の違いであって、一概にどちらが正しいと言えるものではないと思います。
ただ、人生のすべてが合理的に進むかというと、そういうわけではありませんし、
人間の生活を心豊かにしているものは、趣味や遊びといった合理主義では割り切れないものなのですから、
時にはこういった、一見非合理的なものに身を委ねるのもよいと思います。

2011_07020014.jpg
鎮魂行。
聖句、誓願、信条は結構覚えるのが大変ですから、大人でも最初はテキストを見ながら唱えます。
白帯の子供たちに交じって、見習い拳士の大人もテキストを見ながら聖句を唱えているところを見ると、
何だか微笑ましくなります。

おまけ
2011_07020016.jpg
気の通し方を実感するための実験中。
練習中は何も感じませんでしたが、後から写真で見るとなかなかシュールな風景です。




能美市大会-本番6
ちょっと間が空きましたが、能美市大会の模様です。

組演武の一般の部となります。

なお当ブログの方針として、小学生以下については個人情報保護の観点から写真と名前が結びつくような
記事は極力避けますが、一般部(中学生以上)の拳士については実名で紹介いたします。
ご了承ください。

一般の部は中学生以上の拳士が対象ですが、便宜上、中学生の部と、一般部に別れます。
2011_06260310.jpg 2011_06260312.jpg 2011_06260314.jpg
松崎・水永組。
成長期の中学生は、人によっては大人にも十分な一撃を食らわせることのできる体格の拳士もいます。
この二人はまだまだ発展途上ですが、同年代の拳士から見ると攻撃が十分思い部類に入ります。

2011_06260316.jpg 2011_06260319.jpg 2011_06260320.jpg
高野・伊藤組。
こちらは体格差がありますが、双方ともキレのあるよい動きをしています。
小柄な伊藤拳士が大柄な高野拳士に負けない動きをしています。

2011_06260324.jpg 2011_06260326.jpg 2011_06260327.jpg
こちらは模範演武を務めた辻・松蔵組。
双方ともいい動きをしていますが、敢えて言うと、辻拳士の動きはちょっと雑なところがあります。
そこが直れば、更なる技の飛躍があるのですが…。

2011_06260331.jpg 2011_06260334.jpg 2011_06260335.jpg
橋本・村田組。
普段の練習ではお互い口が悪いですが、演武になるとそれなりのコンビネーションを見せてくれます。
ちょっと練習不足なところがありますが、双方とも動き自体は大変良いので高評価でした。

2011_06260341.jpg 2011_06260344.jpg 2011_06260345.jpg
連続での出場となりますが、辻・村田組。
本来出場する拳士が出られなくなって、急きょ参加することになったのですが、それなりの出来でした。
(練習期間の割にはよく動けていたようです)



というわけで、能美市大会の全競技が終了しました。
区切りのよいことに、デジカメのバッテリーもここでちょうど切れてしまいました。
撮影をお願いした大家拳士も、省電力撮影を心がけてくれていたのですが、いかんせん前日に
バッテリーのチャージを忘れていたため、すれすれのところで電池切れを相成ってしまいました。

入賞した拳士、出来なかった拳士と色々ですが、結果に拘ってはいけません。
結果は、その結果を出す過程が重要なのです。
特に、人づくりを重視する少林寺拳法においては、水物と呼ばれる勝負事の結果よりも、
普段の練習によって作られる「人間力」とでも言うべき、人の資質の向上が重要です。
大会は、普段の練習の成果を試す一つの機会であり、これはこれで努力すべきものですが、
そこだけに拘らず、高倉先生の説く「君子」たることを心がけましょう。

能美市大会-本番5
さて、前々回から続いての能美市大会の様子です。
今回は組演武の部です。

組演武とは、二人で行う演武で、技の攻防を模して演武が行われます。
2011_06260253.jpg 2011_06260255.jpg 2011_06260256.jpg
お互いに似たような腰が落ちていて、なかなか鋭い攻撃をしています。

2011_06260258.jpg 2011_06260259.jpg 2011_06260260.jpg
突蹴だけでなく、手首などを掴まれたときに対応する柔法なども構成に入っています。

2011_06260261.jpg 2011_06260262.jpg 2011_06260265.jpg
女の子同士でも迫力は満点です。

2011_06260267.jpg 2011_06260266.jpg
ちょっと緊張した感じですが、大丈夫でしょうか?

2011_06260269.jpg 2011_06260270.jpg 2011_06260271.jpg
人数の都合で、同じ子が2回出場することもあります。
ちょっと腰が高いかなー?

2011_06260272.jpg 2011_06260273.jpg 2011_06260274.jpg
うちの道院は女の子が比較的多いので、組演武でも女の子のペアが何組もいます。
構成は同じなのですが、それぞれがそれぞれで個性的な演武を繰り広げます。

2011_06260275.jpg 2011_06260276.jpg 2011_06260277.jpg
こちらも女の子のペア。緊張のせいか、少し大人しい感じ。

2011_06260278.jpg 2011_06260285.jpg 2011_06260287.jpg
こちらは白帯のペア。
まだまだ知らないことの方が多いはずですが、いつかは大会に出場するわけですから、
これもよい経験でしょう。

ここからは、小学校低学年の部になります。
2011_06260289.jpg
こちらは写真を撮り損ねてしまいましたが、元気いっぱいの拳士たちでした。

2011_06260293.jpg 2011_06260294.jpg
全体的に女の子の方が主導権を握っていたペア。

2011_06260296.jpg 2011_06260297.jpg 2011_06260298.jpg
こちらも元気一杯のペアでした。

2011_06260301.jpg 2011_06260303.jpg
黄色帯の拳士たち。
緊張していたのか、ちょっと自信なさげでした。

2011_06260308.jpg 2011_06260309.jpg
何とかやり遂げた感じ?

団体演武に比べて、たった二人での演武ですからかなり緊張します。
(一人でやる単演は更に緊張しますが)
うまく言えませんが「吹っ切れた」組は、普段の練習以上の力を出せていたように思います。

おまけ
2011_06260306.jpg
うれしそうな顔で吾が子の演武を撮影する山崎拳士。
いい写真がとれたでしょうか?

ちょっと一息
大会の記事が続きましたので、ここらで一息入れて山仕事の記事をアップします。

2011-07-02 10.08.26
梅雨らしく、アジサイがきれいに咲いています。

さて、裏山には梅の木が何か所かあります。
タケノコと一緒で、梅にも当たり年と外れ年がありますが、今年は当たり年のようで、
結構実がなっていました。

2011-07-02 10.13.20 2011-07-02 10.13.28
こんな感じ。
え、そんなに実がなってない?
そう見えた人は正常です。
うっかり、実をとっている途中で気が付いたので、慌てて残っている部分の写真を撮ったからです。

2011-07-02 10.51.40
この日の収穫はこんな感じ。
前日に、親戚が採れる範囲で採っていたので、この日の収穫は少なめです。
(残っていたのは斜面側や手が届かない高さのもの)

採った梅は、梅干しと梅の果実酒を作る予定です。



能美市大会-本番4
さて、前回からの続きです。

次の単演は一般部です。
2011_06260207.jpg 2011_06260209.jpg 2011_06260212.jpg
水永拳士の演武。
練習熱心な拳士で高校でも少林寺拳法をがんばっています。

2011_06260211.jpg
見守る玉城先生と寺西拳士+審査している西田拳士。

2011_06260213.jpg
審議中。
といっても、何か問題があるわけではなく、一人目の拳士の演武を基準に、各審判の審査の基準を
合わせるための話し合いです。
あんまり極端な点数をつけないように、全員の審査の評価基準を調整しています。

続いて、寺西拳士の演武。
2011_06260214.jpg 2011_06260217.jpg 2011_06260218.jpg
私はこのとき裏方で採点をしていたので演武は見ていないのですが、
会場に響き渡る気合が聞こえてきて感心した覚えがあります。

2011_06260223.jpg 2011_06260224.jpg 2011_06260227.jpg
妙な貫禄を見せながらコートに入る山崎拳士。
審査員曰く「勿体ない」とのお言葉で、演武の構成を間違えてしまいました。
勿体ないと言われたくらいで、ミスるまではよい動きだったそうですが、
間違えた時には間違えた時なりのやり方があるのですが、ミスった動揺が後々まで尾を引いてしまいました。
まあ、何事も経験です。

2011_06260232.jpg 2011_06260236.jpg 2011_06260237.jpg
こちらは中尾拳士。
何しろ、前の週に昇級試験があったので、ぶっちゃけ、大会の練習時間は殆どありませんでした。
ぶっつけ本番に近い状態での出場なので大変です。

2011_06260239.jpg 2011_06260240.jpg 2011_06260244.jpg
高校生の村田拳士。
彼は全国大会出場の経験もあり、多少癖がありますがよい演武をします。
今回もキレのよい動きを見せてくれました。

2011_06260246.jpg 2011_06260247.jpg 2011_06260248.jpg
同じく高校生の橋本拳士。
大柄な体格を十分に生かした演武です。
村田拳士と甲乙つけがたいところです。

というところで、一般部の単独演武の競技は終了しました。

おまけ
2011_06260251.jpg
単独演武中に、ひとつ前の団体演武の得点集計 & 表彰状作成に追われる私。
この作業は分担ができないため、競技中は黙々と集計作業に励むことになります。


能美市大会-本番3
能美市大会について、連日の更新となります。
(何せ、大量の写真があるもので)

団体演武が終了して、次は単独演武となります。
単独演武とは、法形を一人で行う演武です。
組演武や団体演武と違って相方がいませんので、複数人の動作のタイミングを合わせる苦労はありませんが、
その代り、相手がいない状態で技を見せなくてはいけませんので、動きの正確さやキレの良さが、
組演武以上に求められます。

小学生の単独演武の出場拳士は4名です。
2011_06260138.jpg 2011_06260139.jpg
初っ端なので、ちょっと緊張しているようです。

2011_06260141.jpg 2011_06260146.jpg 2011_06260147.jpg
小柄な割に、躍動感のある鋭い動きです。

2011_06260150.jpg 2011_06260152.jpg 2011_06260153.jpg
うちの道院の女の子は体が柔らかい子が多く、体勢を崩さずに蹴を蹴れる子がとても多いです。

2011_06260155.jpg 2011_06260157.jpg 2011_06260158.jpg
堂々とした貫禄さえ感じさせる演武です。

続いて、中学生の部。
2011_06260159.jpg 2011_06260160.jpg
部活で忙しい合間を縫って参加している山下拳士。
もう少し腰が落ちているともっとよくなります。

2011_06260161.jpg 2011_06260163.jpg 2011_06260166.jpg
模範演武を務めた辻拳士。
全国大会出場経験があるだけあって、落ち着いた演武です。

2011_06260169.jpg 2011_06260170.jpg 2011_06260173.jpg
どっしりとした構えからの、盛大な気合が特長の水永拳士。
動きがもっと大きくなると更なる成長につながると思います。

2011_06260174.jpg 2011_06260175.jpg 2011_06260176.jpg
動きのキレは抜群な高野拳士。
変声期のせいか、ちょっと気合がこもった感じなのが残念でした。

2011_06260179.jpg 2011_06260180.jpg 2011_06260183.jpg
中学生大会で優勝している伊藤拳士。
さすがのキレの動きです。

2011_06260187.jpg 2011_06260188.jpg 2011_06260189.jpg
こちらも、模範演武を務めた松蔵拳士。
見る人に安心感を与える安定した動きでした。

2011_06260191.jpg 2011_06260193.jpg 2011_06260195.jpg
こちらもよく気合の出ていた松崎拳士。
ただ、ちょっと忙しくて練習不足だったのが痛いです。

2011_06260196.jpg 2011_06260201.jpg 2011_06260202.jpg
トリを飾ったのが吉田拳士。
この体のどこから出てくるのわからい大きな気合が素晴らしかったです。

というわけで、単独演武の中学生の部が終了しました。
それぞれが全力を尽くしていたと思います。

おまけ

2011_06260204.jpg 2011_06260205.jpg
大会の合間の談笑。
さすがに緊張しっぱなしだと身が持ちません。




プロフィール

なかの

Author:なかの
石川辰口道院 正拳士四段。
縁あって本道院で子供達の世話をさせて貰っています。

ブログ内検索

近々の予定

11月の予定
   1日 全国大会
 8~9日 合宿
14~15日 中高生新人大会
  30日 キンボール大会、昇級試験
12月の予定
   7日 武専
  21日 納会・忘年会
  27日 年末休み
  31日 年末休み

星が見える名言集100

過去のお勧め記事



月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

アクセスカウンタです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。