物見山れんらくぼ
少林寺拳法 石川辰口道院関係者の交流用のブログです。 写真の掲載や記事の内容に問題がある場合は、メールフォームより連絡を下さい。
09 | 2011/10 | 11
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見込み違い
『(合宿のおかげで)ネタなんていくらでもあるぜ!!』
と思っていて、練習の時の写真をあまり撮らないでいたら、ネタのストックがなくなってしまいました。

まあ、ほそぼそと続けます。

2011_10290014.jpg

前回の練習では高倉先生が本山に出張だったため、私が主座を務めました。
で、子供たちのあまりの人数と元気の良さに恐れをなして、とりあえずドッジボールで体力を削ることを目論みました。
でも、道場の広さの割に人数が多すぎて、押しくら饅頭みたいになっちゃいましたが。

2011_10290017.jpg
茶帯の子らに指導中。
指導していると、明らかに女の子の方が精神年齢が高くて
 「ちょっとー、だんしー、真面目にやってよねー」
とお説教を始めるあたりが微笑ましかったり。

2011_10290016.jpg
こちらは昇級試験の近い白帯。
こちらは比較的真面目に練習してました。
スポンサーサイト

秋の大杉合宿-Final
さて、大杉の合宿の最終回です。

2011_10090210_20111024231837.jpg
帰る前に、青年の家の間で記念撮影。
何だかよくわからないポーズをとっている子がいますが、流行ってんですかね?

2011_10090211.jpg 2011_10090213.jpg 2011_10090214.jpg
物見山体育館に到着。
迎えにきた保護者の出迎えを受けています。
さすがに二日目のスケジュールはきつかったのか、みんな帰りのバスでは爆睡状態のようでした。


というわけで、長々と続きましたが合宿の様子は以上です。
今回は懇親が目的だったので、少林寺拳法の練習は行わず、ひたすらイベント三昧でした。
来年度の合宿はどんなエピソードが生まれるのでしょうか?



秋の大杉合宿-8
昨日からの続きで、合宿の様子をお伝えします。

野外炊さんで作ったカレーで腹を満たした後は、前日に講演していただいた玉田さんの田んぼに
お邪魔して稲刈りを行いました。

2011_10090243.jpg
これまた車で移動して、玉田さんの田んぼへ移動。
広々とした田んぼが広がっています。

2011_10090244.jpg 2011_10090245.jpg
みんなであぜ道を進んで行きます。
結構奥まったところにあります。

2011_10090247.jpg
一部稲が刈ってありますが、ほとんど残っています。
合宿までに風や雨で稲が倒れている中を奥の方に進みます。

2011_10090249.jpg
稲をまとめる玉田さん。
稲を刈る係(主に子供)と刈った稲を紐でまとめる係(主に大人)に別れて作業を進めます。

2011_10090251.jpg 2011_10090255.jpg
10月だというのに日差しが強くて、暑さに弱い私は正直バテバテでした。

2011_10090253.jpg
カエルとかカマキリを見つけて遊びだすのは子供の性ですね。
まあ正直、稲刈りってそんなに楽しいわけじゃないですから、いろいろ工夫しないと子供たちも飽きちゃうと思うんですよ。

2011_10090256.jpg
ここで杉元さん所有のバインダー(だっけ?)が登場。モリモリと稲を刈っていきます。
(一瞬『手作業で刈る意味なくね?』と考えたのはナイショです)

2011_10090258.jpg
みんなで作業。
この日のために前日に鎌を三本ほど研いでおいたのですが、いずれもよく切れたようで、貸した人たちには
好評でした。
(そりゃあ、1時間かけて荒研ぎから初めて仕上げまでやりましたからなー。切れないとこっちが困ります)

2011_10090261.jpg
バインダーを押す子供。
何だかんだ言って、男の子はこの手の機械物が大好きです。

2011_10090262.jpg 2011_10090264.jpg
2時間ほど作業しましたが、ご覧のとおりの有様で結構残ってしまいました。
いや、目が回るほど作業したつもりだったんだけどなー。

2011_10090266.jpg 2011_10090267.jpg
作業後、近くの用水で長靴などを洗います。
結構底が深くて、不用意に足を突っ込んだらズボンが濡れてしまった子もいました。

というわけで、本日の更新はここまでです。
次回の更新はエピローグ的な短い内容になります。




秋の大杉合宿-7
一度書いた記事が、不注意で消えてしまった…。
落ち込みつつ、ブログの更新中です。

朝食終了後、本日のイベント開始となりました。
2011_10090127.jpg 2011_10090130_20111023115017.jpg
爽やかな朝の森の中を、本日1つ目のイベント野外炊さんの会場までバスで移動します。
移動先は前日にイワナ掴みを行った場所です。

2011_10090134_20111023115028.jpg 2011_10090138.jpg
合宿所に忘れ物があったため、急きょ私が荷物を取りに帰ってから会場に戻ってみると、
何故か腕相撲大会が始まっていました。
私のいない間に、一体何が…?

2011_10090140.jpg
まー、細かいことを気にしても仕方がありません。
最後まで勝ち抜いた二人が一緒に高倉先生に挑戦しています。
(結果は、高倉先生の圧勝でしたが)

2011_10090141_20111023115106.jpg
何故か次はじゃんけん大会。
これも勝ち抜き戦で優勝者を決めます。
賞品も何も出ないのに、勝負ごとになると子供たちはみんな一生懸命になりますね。

2011_10090143.jpg
本日の食材。お肉はまた別途用意されます。
施設の方にお願いしておくと、食材から食器、野外炊さん用の道具に燃料など、一揃いを用意してもらえます。
付き添いの大人としてはとても楽ちんです。

2011_10090148.jpg
指導員による説明。
本日作るカレーライスの完成に至る作業を要領よく説明していただけました。

2011_10090149.jpg 2011_10090150_20111023115147.jpg
まずは食器や調理道具の用意。
重そうですけれど、みんなで運んでいます。

2011_10090155.jpg 2011_10090157.jpg
こちらは薪。
周りが山ばかりで燃料には事欠かないんでしょうかね?
こちらもみんなで帆こんでいます。

2011_10090160.jpg 2011_10090164_20111023115230.jpg
まずは、カレーライスの「ライス」用にお米の準備です。
人数分のお米を計り取っています。

2011_10090172.jpg 2011_10090169_20111023115241.jpg 2011_10090170.jpg
指導員の方の説明に従って、『窯』で使う火の準備を行います。
ここらへんは、ちゃんと手順を踏まないと料理はおろか、火をつけることすらできません。

2011_10090174.jpg
おいしく料理を行うには、段階に応じて「大きい薪」「中くらいの薪」「小さい薪」が必要になります。
写真では、それらの薪を作るために、鉈で木を割っています。

2011_10090177_20111023115324.jpg 2011_10090185.jpg 2011_10090186.jpg
こちらは手分けして材料をみんなで切っています。
何だか危なっかなしい包丁の持ち方をしている人もいますが…。

2011_10090180.jpg 2011_10090183.jpg
お鍋の方は、無事着火に成功してご飯を炊き始めました。
少し時間がかかった組もありましたが、全組無事にご飯を炊き始めることが出来ました。

2011_10090188.jpg 2011_10090190_20111023115431.jpg
火の番。
特にご飯を炊くときは火加減が重要です。
目に染みる煙を我慢して、薪の調整を行っています。

2011_10090193.jpg 2011_10090195.jpg
とは言っても、重要なところは指導員の方の力を借りて調整を行います。
なにせ、本日の昼食ですから、失敗すると目も当てられません。

2011_10090197.jpg
みんなで味見。
写真ではちとわかりにくいですが、炊けたご飯の味見をしています。
みんなから
「うめー!」「おいしー!」
という感想の悲鳴が上がっています。

2011_10090200_20111023115516.jpg
炊けたご飯を蒸らしています。
ちょっと熱い?

2011_10090202_20111023115527.jpg 2011_10090203_20111023115539.jpg
ご飯が炊けましたので、今度はカレーのルーを炊きこんでいます。
こちらはご飯ほど火加減に神経質にならなくてよいので楽です。

一方の大人は…
2011_10090204_20111023115550.jpg 2011_10090207.jpg
この日も大家拳士が遊びに来てくれて、以前のバーベキューの時に使ったスラックラインの準備を始めました。
(この後もイベントが控えているので、あんまり長い時間はできなかったのですが)

2011_10090210.jpg
えーと、この生き物なんだったっけ?
ひょっこりと、キツネだかイタチだかが炊さん場に顔を見せました。
子供たちは大興奮でした。

2011_10090216.jpg 2011_10090208.jpg
カレーのルーもいい具合に煮あがったようです。
出来たルーの入った釜を、道具で釣りあげてテーブルまで運びます。

2011_10090217.jpg 2011_10090219.jpg
各テーブルでカレーをよそって食事の準備を始めます。
とてもそそられる匂いがしていました。

2011_10090222.jpg 2011_10090223.jpg
2011_10090227.jpg 2011_10090229.jpg
みんな夢中で食べています。
とてもおいしいカレーでした。食欲のある子はどんどんお代わりをしています。

2011_10090232.jpg 2011_10090233.jpg
食べた後は後片付けが待っています。
それぞれの家庭と違って、お母さんが片づけてくれたりはしません。最後まで自分たちで行います。

2011_10090236.jpg
食器洗い中。
こういう仕事になると野郎はあんまりパッとしませんね。

2011_10090237.jpg
昨日のイワナのいた川でみんな遊んでいます。
昨日のイワナは、イワナ掴みイベント用に放流したものなので、普段は川にはいません。

2011_10090238.jpg
こちらはスラックライン。
バーベキューの時と同様に列が出来ています。

というわけで、野外炊さんは無事に終了し、ちゃんと昼食にありつくことが出来ました。
次回は、また後日アップいたします。




秋の大杉合宿-6
仕事が忙しくて、更新がままなりませんが、しつこく合宿の様子をお伝えします。

2011_10090179.jpg 2011_10090181.jpg 2011_10090182.jpg
朝起きてベッドの片づけ中。
というか、真夜中の3時とかにもう起きてゴソゴソするのはやめて欲しいなー。
おじさんは色々と疲れているからゆっくりと眠りたいのだよ。

2011_10090187.jpg
朝から元気全開でドッジボール。
そのエネルギーはどこから来る?

2011_10090189.jpg
朝の定番、ラジオ体操。
なぜかこの施設ではラジオ体操の音楽とが用意されておらず、ノーBGMでやらかす羽目になりました。

2011_10090190.jpg 2011_10090191.jpg
それでもきっちりとやる皆さん。
順番を間違えたりすると、子供たちからツッコミが入ります。

2011_10090200.jpg 2011_10090201.jpg 2011_10090202.jpg
朝食の準備中。
特に何かを言われたわけでもないのに、それぞれが配膳などを自主的に行っています。
ちょっと感心しました。

2011_10090203.jpg 2011_10090204.jpg
キチンと並んで食事を受け取っています。
今日も予定が詰まっていますから、がっちり食べて元気を出しましょう。


ちょっと普段のことも…
合宿の話題が続いていますので、今日は普段の練習の様子をお伝えします。

2011_10150022.jpg
二人一組の馬跳び。
みんな結構きれいに飛んでいます。

2011_10150024.jpg 2011_10150025.jpg 2011_10150027.jpg
みんなで掃除。
大人も子供もみんなで作務を行います。
もちろん、私もこの写真を撮った後床の雑巾拭きに参加しました。



秋の大杉合宿-番外編
今回は中休みということで、合宿の様子の番外編です。

2011_10090169_20111016224129.jpg 2011_10090171_20111016224139.jpg
子供たちがたくさんいますので、事故やケガなどがないように大人はかなり神経を使っています。
一日目のの反省会と二日目のスケジュール確認を行いました。

2011_10090173_20111016224150.jpg 2011_10090175_20111016224201.jpg 2011_10090177_20111016224211.jpg
もちろん、反省会ですよ? 誰が見てもそうですよね?



秋の大杉合宿-5
さて、前回からの続きです。
お化けが怖い怖いと言いながら、何故か必ず行われるのが肝試し。
夏も終わったしもういいだろうと大人が言っても子供が納得してくれません。
かくして、小松の山奥の中を大人と子供たちが徘徊する羽目になります。

2011_10090130.jpg 2011_10090131.jpg
まずは全員でスタート地点で移動します。
この写真はフラッシュ+画像補正をかけて比較的明るくなっていますが、実際の大杉の夜はもっと暗いです。
子供たちの顔が期待と不安が混ざったような顔つきになっています。
子供たちも不安でしょうが、案内する大人も不安です。何せ、予想以上に暗くて、昼間確認したルートが
懐中電灯の明かりだけではよくわからなくなっているからです。

2011_10090134.jpg
スタート地点からは班ごとに分かれて移動します。
雰囲気が出るように、各班に一つ、提灯が渡され、その明かりだけで林の中を歩き回ることになります。

2011_10090107_20111016215627.jpg
待ち構えている脅かし役の大人たち。
青年の家の肝試し用の備品は充実しすぎです(笑)。

2011_10090136.jpg
各ポイントでこんな感じで待機しています。
(フラッシュと画像補正で随分明るいですが、実際には足元もよく見えないほどの暗闇です)

2011_10090113_20111016215648.jpg 2011_10090115.jpg
左の写真はみんなが一塊になっていて、肝試しっぽくていいですねー。
途中にチェックポイントの神社があり、その入り口でお札を貰っていくことになっています。

2011_10090111.jpg
フラッシュでビックリ。
肝試しらしいいい表情です(笑)。

2011_10090139.jpg
これは最後の組。大人が一緒なのでみんな安心しているせいか、お化けを見て爆笑しています。

2011_10090121.jpg
上と同じ風景を反対側から見た写真。
ここでは笑っていますが、暗闇からこんなのが出てきたら、大人でも怖いです。
実際、あまりにも脅かしがうますぎて、泣き出した子もいました(笑)。

2011_10090144.jpg
子供たちが被り物を借りて被っています。
脅かす側に回るとそんなに怖くなない感じですね。

2011_10090147.jpg
青年の家に戻って一安心して写真を撮っています。
脅かしていた大人の拳士や保護者の方もご苦労様でした。

2011_10090150.jpg 2011_10090156.jpg
肝試しの後はお風呂に入ってから、広間でみんなで集まって談笑しています。
左の写真は、子供たちにマジックを披露中。

2011_10090164.jpg
女の子ですから、ヘアースタイルには気を使います。
大人の人に髪を乾かしてもらっています。

2011_10090167.jpg 2011_10090168.jpg
何だかよくわかりませんが、記念撮影。
子供たちは撮られたがりと、撮影禁止に分かれますが、この子たちは撮られたがりのようです。
こうして、合宿1日目の夜は更けていきます。

おまけ
2011_10090165.jpg
何やら、怪しげな持込みが…。




秋の大杉合宿-4
さて、また1日開きましたが合宿の模様をお伝えします。

2011_10090098_20111014224953.jpg 2011_10090099.jpg
ウォークラリーが終了した時点で既に夕方となり、ちょっと早めの夕食となります。

2011_10090100_20111014225014.jpg 2011_10090101.jpg
合宿では班に分かれていますが、各班から配ぜん係1名を出して食事の配膳を行っています。
このあたり、ほとんど打ち合わせをしていなかったのですが、みんな自主的に動いていて
頼もしい限りです。

2011_10090104.jpg 2011_10090105.jpg
2011_10090107.jpg 2011_10090108.jpg
夕食もみんなで楽しく頂きました。

2011_10090110.jpg
食事の時間を利用して、ウォークラリーの結果発表。
優勝したチームには商品として竹製のウグイス笛が渡されました。

2011_10090113.jpg
食事の後はショート講演会が行われるので、プロジェクターを準備中です。

2011_10090119.jpg
今回公演をお願いした玉田さん。
こちらの記事でも取り上げましたが、4年前から金沢に住みながらこちらで農家をされています。
今回は、食品添加物などの「食」に関する話題で講演していただきました。

2011_10090122.jpg 2011_10090129.jpg
我々が普段飲んでいるジュースやインスタントラーメンの味がどのように作られているかというDVDの紹介と、
野菜の種の原産地についてのクイズなど、子供たちにはちょっと高度ではありましたが、それをわかりやすく
説明していただきました。

#ただ、内容的には子供たちよりは、むしろ保護者の方々に見て頂きたい内容ではありましたが…。

本日の更新はここまでです。
続きはまた後日に。





秋の大杉合宿-3
さて、1日開きましたが合宿の様子です。
到着して最初のイベントのイワナ掴みが終わったので、いったん合宿所に戻り、次はウォークラリーの準備に入ります。
ウォークラリーは、名前の通り渡された地図に従ってコースを歩き、ポイントポイントに設定された
問題などを解いていき、ゴールしたタイムと問題の解答の合計ポイントを競うチーム競技です。
ただ、タイムは規定時間に対する誤差でポイントが決まる方式のため、早くゴールすればいいかといえば、
そういうわけではありません。
例えば、規定時間が60分とすると、50分でゴールしたチームAと65分でゴールしたチームBでは、
規定時間に対する誤差が、Aチームが10分、Bチームが5分となり、Bチームの方がポイントが高くなります。

2011_10090061_20111011230707.jpg 2011_10090062.jpg
ルールの説明を聞いています。
合わせて、各ポイントに設置されている問題のヒントも白板に書かれているため、普段は話を聞かない子も
真剣に説明を聞いています。

2011_10090064.jpg 
チームごとにゼッケンと地図、コンパスを渡されます。

ここから大人は手分けをして道の分岐などで、子供たちが迷いやすい場所に移動して見張りを行います。
自分もその見張りについていたため、ウォークラリー中の子供たちの様子はあまり写真に撮れていません。

2011_10090066_20111011230741.jpg
担当ポイントに移動するときに、出発した第一チームの様子。
川に手を入れていますが、遊んでいるわけではありません。
最初の問題が「川の水の温度は何度か?」という問題だからです。

2011_10090068.jpg 2011_10090067_20111011230752.jpg 2011_10090069.jpg
私が担当したポイント。
広々とした田んぼのど真ん中です。一本道なので迷うことはありませんが、国道から離れた農道が
ずっと続いているので、ケガなどがあったときにすぐに助けに行けるように待機しています。

2011_10090070.jpg
最近折り畳み自転車を買ったのですが、いい機会なので乗ろうと思って組み立てたら、山崎拳士に乗っていかれてしまいました。
山崎拳士も最近自転車に乗っていなかったので、戻ってきたときには「久しぶりで楽しかった」と言っていました。

2011_10090072_20111011230835.jpg
いまいちルールを把握していないのか、次の問題が置いてある場所まで走っています。
チームによって、固まって移動するチームとバラバラになって移動するチームと個性が出ています。

2011_10090075.jpg
こちらは固まっているチーム。
順調に歩いています。

2011_10090076.jpg 2011_10090084_20111011230929.jpg
こちらは道草組と、それを起こるラリー優先組の様子。道草組が珍しそうに見ていたのは、右の写真にある
何かの罠のようです。大きさからするとイノシシでしょうか?
そういえば、このあたりの田んぼはイノシシ避けにずっと電気柵が設置されていました。

2011_10090079.jpg
山崎拳士が戻ってきたので、今度は交代して自分が折り畳み自転車で走ってみました。
そうすると、問題のポイントに妙にたくさんの子供たちが。何か2チーム分くらいいるなぁと思っていたら、
4番目のチームが途中で道を間違えて遅れてしまい、5番目のチームが追いついてしまったらしいです。

2011_10090080_20111011230918.jpg
5チーム目が最終チームなので、途中のポイントに立っていた大人の人たちも一緒に歩いてきました。

2011_10090085.jpg 2011_10090086.jpg
こちらも何やら走っていて、ルールを理解していないのかなと思ったら、遅れた4チーム目の子供たちで、
二人が先行して問題を確認し、足の遅い子が後から追いつくという頭脳プレーでした。

2011_10090087.jpg 2011_10090088_20111011231016.jpg
大人たちも(若干疲れが見えますが)子供たちと同じく楽しそうにウォークラリーのコースを歩いていきます。

2011_10090089_20111011231027.jpg
こちらは青年の家玄関の、ゴール地点。
ゴールしたタイムを測定し、設置された問題の答えを確認してその得点を集計します。

2011_10090090.jpg
先頭の赤い服の女の子が他の子を押さえつけているように見えますが、ゴールの条件に
「メンバー全員そろってゴールすること」
というものがあるため、みんなを揃えています。

2011_10090092.jpg
ゴールの申告待ち。
ちゃんと順番についています。

2011_10090093.jpg
問題の解答の申告中。
さて、どこのチームが優勝したでしょうか?

おまけ
2011_10090096.jpg
青年の家のすぐ横にしょうがが群生している場所があり、ただ今摘み取り中。


秋の大杉合宿-2
さて、昨日の続きです。

合宿所でお昼ご飯を食べたらもう一度バスに乗って、今回の合宿の最初のイベントであるイワナ掴みに出かけます。

2011_10090008.jpg 2011_10090009_20111011222521.jpg
ここは野外炊爨などを行う施設の横に作られている人工の川です。
普段はちょろちょろとしか水が流れていないのですが、イワナ掴みのイベントのときに水量を増やし、
イワナを放流します。

2011_10090013_20111011222533.jpg 2011_10090025.jpg
係員の方のイワナ掴みの説明中。
今回は、掴んだイワナをその場で調理(内臓を出して炭火焼)します。
右の写真は、撮ったイワナに櫛を指しているところです。
内臓を取り出すところはちょっとグロいので省略。

2011_10090027.jpg 2011_10090028_20111011222609.jpg
さっそくみんなで川に入ります。
大人は持参した長靴を履いていますが、子供たちは裸足です。
「冷たい!」とか「石が当たって痛い!」とかいう声もありましたが、この日は気温も高く、
また川の石も平たいものが多いので特に大きなケガなどもなくイワナ掴みができました。

2011_10090029.jpg
この日一番のイワナゲッター。
イワナはすばしっこい上にヌルヌルと滑りますのでなかなかうまく捕まえられません。

2011_10090030_20111011222632.jpg 2011_10090035.jpg
それほど広くない川にめいめいが広がってイワナを探しています。

2011_10090041_20111011222655.jpg 2011_10090043.jpg
次々とイワナを捕まえていきます。
中には捕まえたイワナが手から逃げ出して悲鳴を上げる子もいます。

2011_10090044.jpg
イワナはその名の通り岩の隙間に入り込む習性がありますので、みんな石の下などに手を突っ込んだりして
一生懸命探します。

2011_10090046.jpg
子供たちに負けずに、大人もイワナをゲット。
結構楽しいです。

2011_10090047.jpg 2011_10090048_20111011222752.jpg
捕まえるだけでなく、調理の方も行います。
魚の肚に包丁を入れて内臓を掴みだす時、こちらもさっきとは違った意味で悲鳴が上がっていました。

2011_10090055_20111011222804.jpg 2011_10090057.jpg
捕まえた魚を調理場に運ぶのも一苦労です。なにせ体の表面が滑っていますので、ちょっと気を抜くと
すぐにイワナが逃げ出してしまいます。
右の写真は、捕まえたイワナが手から滑り出して川に逃げようとするのを必死に捕まえているところです。

2011_10090061.jpg
これだけ一か所に人間が集中しているのに、なかなか見つかりません。
イワナの体色が川底の色にそっくりなので、ぱっと見ただけではなかなか見つかりません。
あと、岩の隙間に入り込んでしまうので、岩に手を突っ込んだりめくってみないと姿が見つけられないのも
その理由の一つです。

2011_10090066.jpg
捕まえたイワナは内臓を取って軽く塩を振り、炭火焼にします。
焼く係に回った中田さんが妙に風景に馴染んでいます。

2011_10090067.jpg 2011_10090071.jpg 2011_10090072.jpg
小さい子には包丁使いやイワナを捕まえるのが難しいところがありますので、周りの大人や上級生が
手伝ってあげています。

2011_10090073.jpg
次々と捕まって残りのイワナの数が減ってくると、段々とイワナを探す時間が長くなってきますが、
みんな飽きずに探しています。

2011_10090080.jpg
そろそろイワナが焼けてきたようです。

2011_10090084.jpg
イワナの塩焼き。
写真で改めて見るとちょっとグロいですね。でも味は最高です。

2011_10090081.jpg 2011_10090088.jpg
2011_10090089.jpg 2011_10090091.jpg
みんなでイワナの塩焼きを食べています。
あちこちから
 「おいしい!」
という声が上がっていました。取り立ての焼き立てはとてもおいしく、尻尾からかぶりついて、頭まで全部食べてしまいました。
頭のあたりがちょっと固かったですが、それは歯ごたえのよい固さで味を損なうものではありませんでした。
次に食べるときはお酒やビールと一緒に食べたいです。

#ただ、塩の加減を間違えて塩辛すぎたものもありましたが、その辺りはご愛嬌と言うことで。

2011_10090095.jpg 2011_10090098.jpg
イワナは全部捕まえましたが、子供たちの好奇心はとどまるところを知りません。
人工側のイワナを放流する場所よりも更に上流の方に生き物を求めて彷徨い歩きます。
右の写真は、その結果見つけた沢蟹です。

2011_10090100.jpg 2011_10090102.jpg
最後は、野外施設の掃除を行って終了となります。
みんなちゃんと掃除を手伝えたでしょうか?

さて、本日の更新はここまでです。次回は少し間を置くかもしれません。



秋の大杉合宿-1
連休に行われた大杉合宿は無事に終了しました。
結構な量の写真を撮りましたので、しばらくは合宿の様子をお伝えしたいと思います。

2011_10090001.jpg
連休中は実に良い天気で、昼は汗ばむほどの陽気でした。
(さすがに夜は冷えましたが)
初日も快晴の中での物見山体育館からの出発となります。

2011_10090009.jpg 2011_10090011.jpg
大杉青年の家って結構山の中で、こんな感じの山道をうねうねと走っていきます。

2011_10090013.jpg
大杉青年の家に到着。マイクロバスから荷物を下して建物の中に移動します。
2011_10090016.jpg 2011_10090021.jpg 2011_10090023.jpg
最初は体育館に集合してのレクリエーションです。
宿泊の注意事項やベッドメイキングについて説明がありました。

2011_10090024.jpg
レクリエーションが完了して、宿泊部屋に移動します。

2011_10090026.jpg 2011_10090028.jpg 2011_10090030.jpg
それぞれの宿泊部屋に荷物を置いています。
想像通り、みんな二段ベッドの上の段に上っています。子供はみんな高いところが好きですからねー。

2011_10090034.jpg 2011_10090036.jpg
一方の大人は、夜の肝試しに備えてコースの下見です。
ここは肝試しへの準備も万端で、右の写真のようなコース案内板から、脅かし用の衣装や仮面まで用意されています。
一体小松市の予算はどんな使われ方をしているのでしょうか?(笑)

2011_10090040.jpg
昼間歩くと、素敵な雰囲気の林道で、散歩にはもってこいのコースです。
昼間なら、ですが。
(夜どうなるかは、後日肝試しの様子でアップする写真で確認してみてください)

2011_10090041.jpg 2011_10090042.jpg
昼食の時間。
なんだか、ついてすぐに昼食というイメージですが、実際そういうスケジュールなのでしょうがありません。
特に当番などは決めていなかったのですが、それぞれが配膳係に回ったりして昼食の準備をしています。

2011_10090045.jpg 2011_10090048.jpg
この日の昼食はコロッケにスパゲッティ。
それぞれが思い思いの場所に座っていきます。

2011_10090051.jpg
最近、行事によく顔を出してくれる大家拳士の登場です。
正直、夜の仕事の人なのでこの合宿に顔を出してくれるとは思っていませんでした。
お仕事があるので、3時間ほどだけ顔を出すだけでしたが、大人の手が増えるのは大変ありがたいです。

2011_10090053.jpg 2011_10090054.jpg 2011_10090055.jpg
食事中。
おしゃべりしたり、さっそくスパゲッティをお代わりしたりと昼食を楽しんでいます。

2011_10090058.jpg
体育館でドッジボール中。
食後の運動でみんなでドッジボールをしています。
食べたばかりでよく動けるなーと感心します。

本日の記事はここまでです。
続きは後日アップします。

独立独歩
鎮魂行の主座を持ち回りで各拳士にやってもらっています。

2011_10010001.jpg
巻物を持つときは堂々と持った方がかっこいいのですが、最初に主座を務めるときは
なかなかそこまで頭が回らず、教室で教科書を持つような格好になってしまいます。

2011_10010002.jpg
打棒で見回り。
禅宗ですと警策という平たい板を持ちますが、少林寺拳法では打棒と呼ばれる棒を使います。
6尺(約180Cm)ですから、小学生にはちょっと長すぎますね。

2011_10010004.jpg
この日の論語。
「我仁を欲すれば、斯に仁至る」

この文には前段があって
「子曰わく、仁遠からんや。我仁を欲すれば、斯(ここ)に仁至る。」
となっています。
「仁とは、それほど到達するのに遠い場所にあるのだろうか。 いや、自分が仁を求めれば、
 それはすぐ傍にあり、即座に至ることができる」
ということです。

考えてみれば、人を思いやる気持ちと言うものは多かれ少なかれ誰でも持っているものです。
仁とはそういう気持ちの究極なわけですから、誰のそばにでもあるものだと言えます。



この前の練習風景
ネタがないときは全然ないのに、溜まるときはすごい勢いで溜まっていきます。
腐ると勿体ないので、本日もブログ更新します。

2011_09280003.jpg
久しぶりの論語。

意味は直感的に終わりかと思いますが
「人格者は正しさを求め、つまらない人間は利益を求める。」
です。実にわかりやすい。

2011_09280005.jpg 2011_09280006.jpg
合宿のお知らせ & 賞状。
この日は配るものがたくさんありました。

2011_09280007.jpg 2011_09280008.jpg 2011_09280009.jpg
か弱い女の子からごっつい大人まで、神妙に同じように賞状を受け取っています。
体の大きい大人が背中を丸めて賞状を受け取るさまは、何だか微笑ましいです。

2011_09280010.jpg 2011_09280013.jpg
高倉先生の指導。
突に対する受け方を指導しています。
『守主攻従』が信条の少林寺拳法では、受け技は非常に重要です。

受け渡し
昇級試験の賞状の受け渡しが続いています。
以前は道院長がまとめて手続きをしていたのですが、最近は少林寺拳法ポータルサイトから各拳士が
各々で手続きをすることになりましたので、賞状が道院に届くタイミングがバラバラです。

2011_09240002.jpg 2011_09240003.jpg
2011_09240004.jpg 2011_09240005.jpg

級も年齢もバラバラですが、自分の努力した結果が形になるのはうれしいと思います。



プロフィール

なかの

Author:なかの
石川辰口道院 正拳士四段。
縁あって本道院で子供達の世話をさせて貰っています。

ブログ内検索

近々の予定

11月の予定
   1日 全国大会
 8~9日 合宿
14~15日 中高生新人大会
  30日 キンボール大会、昇級試験
12月の予定
   7日 武専
  21日 納会・忘年会
  27日 年末休み
  31日 年末休み

星が見える名言集100

過去のお勧め記事



月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

アクセスカウンタです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。