物見山れんらくぼ
少林寺拳法 石川辰口道院関係者の交流用のブログです。 写真の掲載や記事の内容に問題がある場合は、メールフォームより連絡を下さい。
03 | 2012/04 | 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昇級試験の様子
ちょっとブログのアップが遅れましたが、先週行われた昇級試験の様子をお伝えします。

2012_04220003.jpg 2012_04220004.jpg
当日朝の様子。
試験の直前に科目表を開いているのは、ちょっとやばいかも?
だいたい、前日までの練習で試験に出る技とかは覚えているはずなんですが。

2012_04220006.jpg
こちらは一般部拳士2名。
これまでは道場での高倉先生による試験だったので、道場以外での、しかも他の道院の先生による審査を
控えてちょっと緊張気味です。

2012_04220009.jpg 2012_04220008.jpg
今回は受験拳士が割と少なめでした。
うちの道院からは一般部3級と、少年部5級を受験する拳士がいました。
写真は、それぞれに別れてから整列している様子です。
一般部3級は、一緒に高校生が受験しに来ていました。

2012_04220016.jpg
少年部は受験拳士の数が奇数だったので、急きょ私が相手をすることになりました。
何しろ拳士の昇級がかかっていますので、相手をする私も真剣になります。

2012_04220018.jpg 2012_04220020.jpg
こちらは一般部の昇級試験の様子。
スピードとキレのある動きを見せる高校生拳士と、一発一発の重さを体現する当道院拳士という対照的な動きを見られて、
なかなか興味深い審査でした。

2012_04220022.jpg
一般部の審査がちょっと遅れ気味だったので、先に少年部の結果発表と講評が行われました。
幸い全員合格とのことでした。おめでとうございます。

2012_04220023.jpg
遅れついでに、先生方が集まって技の勉強会を実施。
拳士たちに指導する際に、どのような指導方法を行うかという点について、熱心に研究しています。

2012_04220024.jpg
昇級試験の運用法。
運用法に結構戸惑う拳士もいるのですが、こちらの当道院の拳士はばっちり練習していますので、
何の問題もなく審査を受けました。

結果として、一般部の拳士も全員合格となりました。
3級ですので、晴れて茶帯となりました。おめでとうございます。


スポンサーサイト

大会に向けて
6月の能美市大会に向けた演武の練習が本格的に始まりました。

2012_04210009.jpg
演武の構成が書かれた紙が配られています。失くさないようにしてください。

2012_04210010.jpg 2012_04210012.jpg
鎮魂行。
最近は緑帯の拳士に出番が回ってきているようです。

2012_04210011.jpg
何だかよくわかっていけれど、とりあえず神妙な顔をしている様子の白帯拳士。
まあ、みんなそんな感じですなー。

2012_04210015.jpg
この日の論語。
「君子は義に喩り、小人は利に喩る」
意味合いとしては
 「正しく立派な人は正しさを求め、つまらない人間は目の前の損得を求める」
というところでしょうか。
逆説的に、目の前の損得を追い求める人間はつまらない人間なのだと言っているのでしょう。

2012_04210016.jpg 2012_04210017.jpg
それぞれの帯ごとに分かれて、演武の練習に入ります。

2012_04210018.jpg 2012_04210022.jpg
練習時間の最後には、みんなの前で演武を披露します。
特に左の写真は大きな気合を発するところが見て取れていい感じです。


活気
人数が増えて活気が出てくると、教える方も張り合いがあります。

2012_04210001.jpg 2012_04210003.jpg
ちょっと遅れましたが、先週行われた昇級試験のための特別練習の様子。
高倉先生が自らお手本を見せています。

2012_04210007.jpg
準備運動での逆立ち合戦。
最初は足も全然上がらなかったのに、今では数歩くらい歩ける子もいます。

2012_04210008.jpg
神妙な顔で話を聞く白帯拳士たち。借りてきた猫のよう。
何、一月もすれば茶帯の拳士みたいにおしゃべりとか始めるようになります。
(それはそれで困りものですが)

初々しさ
そろそろ新入門の拳士が出そろってきたようです。

2012_04140001.jpg
この日は新入門拳士用の道着が届いていたようで、さっそく着替えていました。


2012_04140002.jpg 2012_04140003.jpg 2012_04140004.jpg
新入門の拳士だけでなく、現役少年拳士もがんばってます。
(がんばっているのは、むしろ指導拳士の方かもしれませんが)

2012_04140006.jpg
さっそく白帯拳士たちが、『基本の「キ」』を習っています。
誰にでも最初はあります。私にもありました。
どんどん練習してうまくなっていってください。


時には何の脈絡もない記事を
写真のネタが切れたのでたまには目線を変えて、最近(と言っても1月以上前ですが)机のお話をします。


以前のマンションではバランスボールを椅子代わりにしてパソコンラックを使っていたのですが、
諸々の事情でパソコンラックはお役御免となりました。
そのため、新居に引っ越してから、しばらくの間パソコンは床に直座りして座卓で使っていたのですが、
段々腰が痛くなってきました。
そういうわけで、改めてパソコンデスクを購入した次第です。

2012_03180004.jpg
ニトリにて購入したスチールパイプの組み立て式。
ごっつい奴にしようかとも迷ったのですが、二階に持ち込むことを考えてこれにしました。
一緒についてきた六角レンチで一生懸命組み立てます。

2012_03180005.jpg
左側が棚になっていて、右側の足で支えます。真ん中を一本通るパイプの上に天板を乗せます。

2012_03180006.jpg
完成図。
足元の配線がごちゃごちゃしていて、今一つ見た目がよくないのですが、これは今後の課題ということで。
PCの前に座るときはバランスボールを椅子代わりしているので、今のところ腰痛知らずです。

習得すること
技の習得には時間がかかります。
『これで十分』と思っても、周りを見渡すと更にうまい人がいて、
まだまだ越えなくてはいけない壁があることを思い知ります。

2012_04070001.jpg 2012_04070002.jpg
先週行われた、緑帯拳士向けの特別練習。
来週昇級試験があるため、受験する拳士のために特別練習を行いました。

2012_04070004.jpg 2012_04070005.jpg
こちらは普段の練習で行っている柔軟体操。
お相撲さんの行う、所謂「股割」という奴ですね。
関節の固い人もいますが、たまに右の写真の女の子のように信じられないくらい柔らかい子もいます。

2012_04070007.jpg 2012_04070008.jpg
三角倒立。
普通の逆立ちに比べれば頭をついている分バランスをとりやすいですが、それでも前の方に倒れこんで
ブリッジの体勢になる子が続出です。

2012_04070013.jpg
蹴のお手本。
いい感じで膝が上がっていて、みんなに真似をしてもらいたいレベルの蹴になっています。

2012_04070014.jpg 2012_04070015.jpg
鎮魂行の主座。
主座を滞りなく行うことも一種の「技」でしょう。
ちゃんとこなせているでしょうか?

2012_04070016.jpg
法話をする高倉先生。
人として目指すべき「君子」の話をされています。

2012_04070017.jpg 2012_04070018.jpg
中高生拳士による逆立ち。
ぴったりと止まるどころか、そのまま歩いていけます。
この年代の進歩の速さには目を見張るものがあります。



何かを頑張る
みなさん、日常生活で何か頑張っていますか?

2012_03310013.jpg
新しく少林寺拳法を始めようと頑張っている子。
(入門手続き終わってないかもしれないので、まだ拳士とは呼びませんが)

2012_04040003.jpg 2012_04040007.jpg
皆の前で、今日ならった技を披露。
いい加減な練習をしていると、いい加減な結果しか出ません。
この拳士たちはちゃんと結果を出せたのでしょうか?

2012_04040012.jpg
一般部拳士の持ってきたお土産を貰おうと列に並ぶ拳士たち。
いや、そこは頑張らなくてもちゃんともらえるから…。

2012_04040001.jpg
論語の言葉「今汝は画れり」。
孔子が自分の弟子を激励した言葉だそうです。

「おまえは、『自分が力不足で師の教えについていけない』と言う。
 しかし、お前が本当に力不足であればもっと早くに脱落しているだろう。
 お前は自分のことをダメだと思うことで、自分に限界を設けているだけなのだ」(意訳)


だそうです。
子供たちにも、技を教える前から「できーん」と言い切っちゃう子がいます。
『今初めてやる技が出来なくて当たり前やっちゅうねん』
と心の中で思わず突っ込みを入れてしまいます。

2012_04040002.jpg
20周年記念に向けたアンケート。
アンケートの内容は、記念式典に向けて作るパンフレットに載せる予定です。
みなさん、アンケートの提出をお願いします。


法話
少林寺拳法は宗教です。

2012_03310011.jpg 2012_03310012.jpg
鎮魂行の主座。
少林寺拳法の目指すところの一つに
「人々を導くリーダーとなること」
という点があります。みんなの前で堂々と主座を務めるられることもリーダーとしての修行です。

2012_03310014.jpg
副道院長による法話。
宗教には教義というものがあり、その宗派が目指すところを説法して教えを広げていきます。
少林寺拳法では拳士に対する説法を法話と呼んでいます。

何やら堅苦しそうですが、要するにより良き人となるためにはどうすればよいかという、
普通に行われる道徳の話に近いです。


春の訪れ
先日は爆弾低気圧があちこちで被害を及ぼしていましたが、みなさん大丈夫でしたでしょうか?

2012_03310002.jpg
練習が始まる前に自分たちの練習を行います。
高段者同士なので、色々な技法を試してみます。

2012_03310004.jpg
正座した状態から…

2012_03310003.jpg 2012_03310006.jpg
左右に転がります。
受け身の初期練習です。

2012_03310007.jpg 2012_03310008.jpg 2012_03310009.jpg
逆立ちやらブリッジやら。
体育の時間でも逆立ちとかってそんなにやらないんじゃないでしょうか?

2012_03310010.jpg
最後は腕立て伏せも。
皆さんもご自宅でどうでしょうか?




プロフィール

なかの

Author:なかの
石川辰口道院 正拳士四段。
縁あって本道院で子供達の世話をさせて貰っています。

ブログ内検索

近々の予定

11月の予定
   1日 全国大会
 8~9日 合宿
14~15日 中高生新人大会
  30日 キンボール大会、昇級試験
12月の予定
   7日 武専
  21日 納会・忘年会
  27日 年末休み
  31日 年末休み

星が見える名言集100

過去のお勧め記事



月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

アクセスカウンタです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。