FC2ブログ
物見山れんらくぼ
少林寺拳法 石川辰口道院関係者の交流用のブログです。 写真の掲載や記事の内容に問題がある場合は、メールフォームより連絡を下さい。
01 | 2020/02 | 03
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

かわいい顔をした悪魔
練習前に子供たちを相手にして遊んでいると、飛び掛ってきたり、蹴りを蹴ってきたりする子がいます。
避けたり受けたりするのは簡単なのですが、ヘタな受け方をすると子供たちが怪我をしてしまうので、
結構気を使います。

一番簡単なのは、首の辺りを押さえて投げ技の要領で転がすことですが、これも受身をとりやすいように(頭などから突っ込まないように)
誘導してあげる必要があります。しかし、4~5人が一斉に飛び掛ってくると、なかなか余裕がありません。

体を捌いて突や蹴が当たらないように避けるのもひとつの方法なのですが、攻撃が当たらないと子供がムキになって
連続で攻撃してくるのを全部避ける必要があるので、これも大変です。
(こちらの方が先に息切れしてしまいます)

子供たちに見本を見せる意味で腕や足で受ける方法もあるのですが、これはかなり丁寧に受けないと
子供たちの方が痛がって泣く子が出ます。その上、子供たちは身長が低いので丁寧に受けるのが大変です。

一番困るのが、私との身長差のおかげで子供たちにとって一番攻撃しやすいのが金的体のどこなのかわかりますね?)ということです。
特に子供たちの中に一人、非常にうれしそうに金的を蹴っ飛ばしにくる子がいるのですが、
何で子供たちと遊ぶのに実戦を意識した構え特に下半身)をとらないといけないのだろうか? とたまに疑問に思うことがあります。

# ちなみに、上記の子は女の子なわけですが。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://denbee.blog71.fc2.com/tb.php/226-3106e5e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

なかの

Author:なかの
石川辰口道院 正拳士四段。
縁あって本道院で子供達の世話をさせて貰っています。

ブログ内検索

近々の予定

11月の予定
   1日 全国大会
 8~9日 合宿
14~15日 中高生新人大会
  30日 キンボール大会、昇級試験
12月の予定
   7日 武専
  21日 納会・忘年会
  27日 年末休み
  31日 年末休み

星が見える名言集100

過去のお勧め記事



月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

アクセスカウンタです。