FC2ブログ
物見山れんらくぼ
少林寺拳法 石川辰口道院関係者の交流用のブログです。 写真の掲載や記事の内容に問題がある場合は、メールフォームより連絡を下さい。
05 | 2021/06 | 07
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

夏休みにやっていること
今週は会社が夏休みでした。旅行? そんな金のかかることできません(自棄)。
相変わらず、竹藪刈りに勤しむ毎日です。
しかし、1週間あるので「あれも、これも」とやりたい作業があったのですが、ほとんど雨に降られて
何も出来ませんでした。おのれ、雨。

その、少ない晴れ間を狙って昨日今日と竹藪刈りに汗を流しました。

2009_08130001.jpg
まずは、こんな感じ。
以前のような、
 『2週間ほったらかしにしていたら、そこらじゅうに3~4mの高さの竹が伸びていた』
というようなことはなかったですが、小さい竹が沢山生えていたり、竹の葉が生い茂っていたりと、
地味に夏を感じさせます。

2009_08130004.jpg
生い茂る竹藪。
悔しいことに、この竹藪を吹き抜ける風が爽やかで気持ちいいのです。

2009_08140002.jpg
死屍累々。
調子に乗ってチェーンソーで竹を切りまくったら、後に残るのはこんな感じの残骸です。
今日は何も考えずに切りまくりましたが、明日はこの竹を片づけなくてはいけません。
あああ、めんどくさい。

2009_08140003.jpg
竹藪の弊害。
竹藪の何が恐ろしいかと言うと、物凄い成長速度で延びた竹は、他の植物への日光を遮ってしまい、枯らしてしまいます。
しかし、それは竹自身も例外ではなく、成長競争に負けた竹は日光が当たらなくなって腐ってしまい、
自重に負けて折れてしまいます。
実は、この折れた竹が竹藪刈りのやっかいな要素の一つで、倒れた竹がまるで編み物のように他の竹と絡んで、
手がつけられなくなります。
基本的には、根気よく片づけていくしかないのですが、これがなかなかに大変な作業です。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://denbee.blog71.fc2.com/tb.php/422-ea6caae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

なかの

Author:なかの
石川辰口道院 正拳士四段。
縁あって本道院で子供達の世話をさせて貰っています。

ブログ内検索

近々の予定

11月の予定
   1日 全国大会
 8~9日 合宿
14~15日 中高生新人大会
  30日 キンボール大会、昇級試験
12月の予定
   7日 武専
  21日 納会・忘年会
  27日 年末休み
  31日 年末休み

星が見える名言集100

過去のお勧め記事



月別アーカイブ(タブ)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

アクセスカウンタです。